logo

ドワンゴ×NEXCO中日本の共同製作プロジェクト『幻想交流』「わくわくハイウェイ」幻想交流バージョンを公開

株式会社ドワンゴ モバイル事業本部 2016年04月19日 15時29分
From PR TIMES

 株式会社ドワンゴ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:荒木隆司)のモバイル事業本部と、中日本高速道路株式会社(以下NEXCO中日本)で構成されるIP(Intellectual Property、知的財産権)製作委員会「NEFCO(ネフコ)」は、公式サイトにて公開中の共同製作プロジェクト作品『幻想交流』におきまして、今月下旬から来月にかけ「春の幻想交流スペシャル」と冠して、世界観をより楽しむための企画展開を予定しています。この度、その第一弾として『幻想交流』と、NEXCO中日本が運営するサービスエリアのお得な情報をお客さまが通行する場所や時間に合わせて配信するスマートフォンアプリ「わくわくハイウェイ」とコラボレーションした、「わくわくハイウェイ」幻想交流バージョン〈NEFCO 義勇社員専用〉を公開しましたのでお知らせします。



[画像1: リンク ]



<「わくわくハイウェイ」幻想交流バージョン(義勇社員専用)で更に楽しく!>
連載されている小説では、徐々に世界観も明らかとなり、既にサービスエリアをモチーフにしたキャラクターや、サービスエリアとつながる異世界“希望”や、その異世界を支援する組織「NEFCO(ネフコ)」などが登場しています。
 今回、公開したスマートフォンアプリ「わくわくハイウェイ」幻想交流バージョン〈NEFCO義勇社員専用〉では、「わくわくハイウェイ」の通常画面を『幻想交流』の幻想的な世界観に合わせた画面に着せ替えられます。また、アプリ画面を幻想交流バージョン〈NEFCO義勇社員専用〉に切り替えたユーザーには、通行する場所や時間に合わせてサービスエリアのお得情報が配信される通常の機能に加え、ユーザーの現在位置と連動した「NEFCO」の極秘情報をお知らせします。「NEFCO」の極秘情報は、高速道路やサービスエリアに限らず、作品内で登場する場所のほか、様々なところでも受け取れ、作品をより楽しめる要素を盛り込んでいく予定です。
※文中の「義勇社員」とは作中で描かれる本作ならではの登場人物たちの名称です
[画像2: リンク ]



<無料web小説「幻想交流」作品紹介>
 『幻想交流』は、新東名高速道路の工事中に偶然発見されてしまった異世界“希望“(エルス)と、実在するサービスエリアや管制センターなどを舞台に、異世界人との交流を通じて荒廃してしまった異世界を復興支援していく物語です。サービスエリアなどに設置された異世界の「窓」を通じて、NEXCO中日本とドワンゴが設立した架空の合弁会社NEFCO(ネフコ)に所属する日本のサラリーマンたちが、日本の誇る土木技術や高速道路のノウハウなどを異世界に提供していきます。
 『幻想交流』は、作品の様々なところに高速道路やサービスエリアをさりげなく感じてもらえるような仕組みが施されており、ノンフィクションとフィクションが入り混じった、リアリティ溢れる新感覚のweb小説となっています。「わくわくハイウェイ」も本日公開された16話の冒頭で、作中登場人物のNEFCO職員・藤前啓介が、異世界側のおおよその距離を把握するためのアイテムとして登場します。
■公式サイト:リンク

<NEXCO中日本公式アプリ「わくわくハイウェイ」>
 NEXCO中日本公式アプリ「わくわくハイウェイ」は、NEXCO中日本が運営するSA・PAのお得な情報を、場所や時間に合わせてタイムリーに配信するアプリです。イベント情報やキャンペーン情報、スタンプラリーやSA・PAで使えるお得な電子クーポンの機能を搭載しています。
■サービス名 :わくわくハイウェイ
■価格    :無料
■公式サイト :リンク
■Android版 :リンク
■ios版   :リンク
■わくわくハイウェイ〈NEFCO義勇社員専用〉公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事