logo

<公文書写>岐阜県合同成果発表会を開催  岐阜県内の教室から「美文字作品」1400点が集結!

株式会社公文教育研究会 2016年04月19日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年4月19日

株式会社 公文エルアイエル

<公文書写>岐阜県合同成果発表会を開催
岐阜県内の教室から「美文字作品」1400点が集結
「体感ブース」で美文字にチャレンジ!

 公文エルアイエル(代表取締役社長 山本 憲治)は、全国に公文書写教室を展開し、現在8万9千名の方が学習されています。美文字ブームといわれる昨今、岐阜県では特に大人の学習者や親子学習者が多く、生涯学習の場として世代を越えて楽しく学ばれています。
 日頃の成果を披露していただく場として、このたび岐阜県内の45教室が参加する合同成果発表会を4月22日(金)~24日(日)に「みんなの森 ぎふメディアコスモス」で開催いたします。会場には公文書写の魅力が体感できる「美文字体感ブース」も設置。ご入場いただいた方にご自身の文字の変化を実際に感じていただけます。

■岐阜県45教室による大規模な作品展
 県内には75の公文書写教室があり、幼児から小・中学生、主婦、OL・ビジネスマン、ご年配の方まで、さまざまな年代の方が通われています。今回はそのうち45教室の学習者による「ペン習字」「かきかた」「筆ペン」「毛筆」合わせて約1400点の作品を展示する、大規模な成果発表会となっています。

― 出品される方のメッセージ ―
【95歳 Y.Mさん】
「公文書写教室に通い始めたのはたしか88歳のとき。今年で7年目になります。教室のことは前々から知っていて気になっていましたが、なかなか勇気がなくて。無料体験学習をきっかけに思いきって教室を訪ねました。時々、夜中にふと目が覚め、“どうして、あの字は上手に書けなかったのだろう?”と教材で書いた文字を思い出すこともあります。翌朝起きたら、さっそく机に向かって“あ、こうすれば良かったのか”と合点することも。毎日、勉強ですね。」

【J.Oさんとお孫さんのY.Tちゃん】
「教室へはもともと私が一人で通っていました。それが一年前、私の娘であるこの子の母親が通い出すことになると、孫も“行く!”と言って聞かなくて。おかげで今は、親子三世代で教室に通っています。日曜日の朝など、私や娘が公文書写の宿題を始めると、この子も一緒に座って練習するようになりました。孫と娘と三人で並んで練習していると、“三世代が同じことに取り組める”って幸せな時間だなと感じます。」

【合同成果発表会 開催要領】
■開催期間:4月22日(金)~24日(日)10時~17時  ※24日は16時まで ※入場無料
■場  所:みんなの森 ぎふメディアコスモス内 みんなのギャラリー
      岐阜県岐阜市司町40番地5    TEL 058-265-4101 (岐阜大学病院跡地)

 公文エルアイエルは、公文式の特長を書写の分野に生かした「公文書写教室」を全国に展開しています。1985年に公文教育研究会の新規事業としてスタートし、1996年に公文エルアイエルとして分社独立。学習者数は毎年前年を超える伸びで、現在の学習者数は8,8014名、教室数は3,164(2016年3月)となっています。

●公文エルアイエルは、5月11日(水)より5月31日(火)まで、全国の教室で「無料体験学習」を実施します。

 






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。