logo

DDNが世界最速のパフォーマンスを実現するメディアストレージプラットフォームを「2016 NAB ショー」で初公開

DDNジャパン 2016年04月13日 12時01分
From PR TIMES

MEDIAScaler 2.0は、メディアワークフローにおけるアーカイブ/バックアップまでのデータマネジメント機能を加えた上にデータ取り込み速度を8倍に、高密度設計による20倍のスケーラビリティも実現

DDNはメディアワークフローにおけるアーカイブ/バックアップまでのデータマネジメント機能を加えた上にデータ取り込み速度を8倍に向上、高密度設計からなる20倍のスケーラビリティを実現した[MEDIAScaler 2.0]を発表しました。



[画像1: リンク ]

2016年4月13日
SANTA CLARA, Calif. – April 12, 2016(米国発表日)

ニュース

高性能、高解像度でリッチメディアストレージのリーダーであるDataDirect Networks (DDN) は、MEDIAScaler™一体型ファイルストレージプラットフォームを新たに発表しました。世界最速で最も密度が高く、最も拡張性の高いメディアストレージプラットフォームであるMEDIAScaler 2.0はインジェストからアーカイブ、クラウドに至るまで、全ワークフローを単一の統合アプライアンスで管理します。ポストプロダクションやブロードキャスト、コンテンツ配信の全てにおいて使用するために設計された新たなMEDIAScalerは、同時処理の多いメディアワークフローや広範囲のメディアフォーマットへの対応を高速処理するためのパワーを供給し、高性能のデータ取り込みや処理、クラウド・コラボレーション、アクティブアーカイブまでエンドツーエンドのデジタルコンテンツ管理を行います。本日(米国発表日)より入手可能なMEDIAScaler 2.0プラットフォームは、米国・ラスベガスで4月16日から21日まで開催される「2016 NABショー」のDDNブースにて展示予定です。

Coughlin Associatesの創始者であり、リード・アナリストであるトム・コフリン氏は「データレートは高性能メディアワークフローにおいて最も大きな課題です。ビデオフレームのサイズは4Kや8Kなどのハイレゾリューションや、HDR、HFRなどによって大きくなっており、プロジェクトごとにさらに多くのカメラがコンテンツを同時に捉えています。IMFのような新たなフォーマット規格はより効果的な配信基準を生み出していますが、より多くのメタデータや制作時にカスタマイズされたコンテンツを必要としています。」と述べています。さらに「これらの課題に対応するために、今日のメディアワークフローはメディアライフサイクルのあらゆる側面を一貫管理し、最高のパフォーマンスを発揮するシステム基盤を必要とします。また、このインフラはコラボレーション環境やコンテンツ配信、最新のプロセッサとインターコネクト技術をサポートし、それぞれのクライアントに圧倒的なパフォーマンスをもたらしながら、同時に、インストールや構成及び管理が容易でなくてはなりません。MEDIAScaler 2.0はメディアやエンターテイメント・ストレージにおいて顧客がデータの増加やアクセス、ワークフローの課題を満たすのに役立つための技術革新をもたらすものです。」と語っています。

ツイートする:.@DDN_Limitless delivers world’s highest performance #storage for Media workflows; See demo at #NAB2016! リンク

さらに高速に、そしてより高密度化し、拡張性も向上したMEDIAScaler 2.0は受賞実績を有するDDNのMEDIAScalerプラットフォームを元に構築され、高性能なメディアワークフローが直面する増加し続けるデータアクセスのスループットの課題を解決します。また、インジェストや編集、トランスコード、配信、コラボレーション、そしてアーカイブなど、横断的なエンドツーエンドのメディアワークフローの単一プラットフォーム内での管理を可能にする最高のソリューションを提供します。

MEDIAScaler 2.0の製品特徴:
・メディアワークフローを支える世界最速の一体型プラットフォーム: 一つのシステムで非圧縮4Kデータを40ストリーム同時再生(帯域幅は42GB/sに到達)

・業界の最新の高解像度フォーマットをサポート:4K 、 8K UHD 、 HDR 、 IMF

・最新のSSD技術によりフルネイティブパフォーマンスを提供:PCI-Expressファブリックによって統合されたNVMeやSAS SSDが内蔵アプリケーションおよびファイルシステムに高いパフォーマンスをローレイテンシーで提供

・業界トップレベルの実装密度:2ラックでのアプライアンス1セットにつき14ペタバイトまで可能

・Vizrt やSGI 、ローデ・シュワルツ、ディメンションデータ、 ARRIS 、そしてDalet、Tiger Technologyを含む幅広い業界で認証取得

従来のスケールアウトNASや、これまでのNASの性能によって長らくボトルネックとなっていたメディア・アプリケーションを加速する統合ストレージ・インフラストラクチャよりも高い帯域幅により、新しいMEDIAScalerは、メディアワークロード・クライアントあたり最大6GB/sのスループットとパフォーマンス、そして単一システム上で非圧縮4Kデータを40ストリーム同時再生という、前例のないパフォーマンスを獲得し、競合他社よりも800パーセント早いインジェストが可能になりました。また、規模や性能、コストのハードルを克服するオールインワンのターンキー・ソリューションとして、競合他社の倍以上の密度と20倍の拡張性という業界をリードする密度と大規模な拡張性をコアワークフロー向けに提供します。

DDNのCMOでプロダクト・マネジメント及びワールドワイド・マーケティング部門のエグゼクティブ・バイスプレジデントを務めるモリー・レクターは「今日のメディアワークフローは、ワークフロー管理のために、従来のNASやスケールアウトNASのボトルネックや複雑さを打破する高性能で拡張性の高いソリューションを導入するよう組織にプレッシャーをかけています。」と語っています。また「DDNは高性能メディアワークフロー特有のニーズをサポートするため、簡素化された管理とコラボレーションを含む、革新的なソリューションをテーラーメイドで提供しています。」と述べています。
[画像2: リンク ]


MLBネットワークでポストプロダクション及びメディアマネジメントのシニア・ディレクターを務めるタブ・バトラー氏は「アーカイブされた映像にクイックアクセスする能力は、高性能ポストプロダクション環境に不可欠です。」と述べています。さらに「復元された試合映像の分割ファイルと映像の変更履歴を組み合わせて、スピーディーにコンテンツを提供できるということは、我々の事業活動を支える上で不可欠です。MEDIAScalerは、我々のアーカイブシステム内にNASを増やすと同時に、ディスクストレージの管理を簡易化することも可能にしました。また、より多くのテープ・ドライブから同時にさらに多くのコンテンツのストリームができる上、各GS7K コントローラー上の4本の40ギガビットのポートがコンテンツへのよりスピーディーなアクセスを実現し、当社の増え続けるニーズを満たすべくスケールアウトすることができます。」と述べています。

シームレスな階層化機能を提供し高い評価を得ているMEDIAScalerプラットフォームは、ファイル・ストレージ、オブジェクト・ストレージ、アクティブアーカイブ、クラウド、そしてテープをサポートし、高性能アーカイブや遠隔地でのサイズの大きいメディアコンテンツを容易に、また低コストで保持することを可能にします。また、データの受け渡しと可用性を完全にコントロールするため、MEDIAScalerはTierデータの要件に基づいて自動化されたポリシーを提供し、ロケーションに関わらず、全てのデータを一つのファイルシステムで管理することを可能にします。

その他のDDN MEDIAScalerプラットフォームの機能:
・最少構成から始められ、MEDIAScalerビルディングブロックを無停止で追加し拡張でき、数百GB/sのパフォーマンスと数ペタバイトの容量まで簡単にスケールできます。

・シンプルで明解なアクセスのため、S3 、OpenStack Swift、及びWOS Restのインターフェイスを統合することで、クラウドベースのワークフローを有効にします。

・クライアントの追加に伴ってリニアに拡張し、高性能な並列ワークロードのクライアントを提供します。

・ローカルでスケールアップやスケールアウトによりTCOを最小化、さらに業界最高密度のストレージです。

・シンプルかつ自動化されたテープ・バックアップや災害復旧、同期・非同期レプリケーション及びイレージャー(誤り訂正)コーディングにより安心してご利用頂けます。

「メディアアプリ―ケーションを加速する一体型メディアストレージ・インフラストラクチャに基づき、DDNのMEDIAScalerは、パフォーマンス・ストレージやアクティブアーカイブ、さらにメディア組織に情報収集やインストール、そして最も要求の多いNASワークフロー全てにサービス提供をする単一リソースの管理を可能にする、グローバル・コラボレーションとコンテンツ配信のためのクラウドなどの統一データを提供します。MEDIAScalerは業界の最新テクノロジーのサポートのために、この先何年にもわたって投資を行っていきます。」とモリ―・レクターは述べています。

入手方法

高性能MEDIAScaler 2.0一体型メディアワークフロー・ストレージプラットフォームは本日より出荷を開始いたします。なお「2016 NABショー」でのデモンストレーションへの登録は以下からお願いいたします。
www.ddn.com/company/events/nab-2016/

関連資料

・More on DDN MEDIAScaler 2.0
リンク

・DDN MEDIAScaler Product Brief
リンク

・More on DDN End to End Storage and Big Data Platforms
リンク

・More on DDN at NAB 2016
リンク

・More on DDN Customers
リンク

・Follow DDN: Blog, Twitter, LinkedIn and Facebook
リンク
リンク
リンク
リンク

DataDirect Networks について

DataDirect Networks(DDN)は、大規模でスケーラブルなストレージ市場のリーダーです。私たちは、コンテンツ・リッチで高成長するIT環境において、最高レベルのシステム拡張性、効率性とシンプルさを実現する、データストレージ、プロセッシング·ソリューションとサービスのリーディングプロバイダーです。
DDNはお客様が、情報システムから有効なデータを抽出し、その価値を最大化することによって、ビジネスの拡大へとつなげる事を可能にします。世界有数のオンラインコンテンツ、ソーシャル·ネットワーキング·プロバイダー、高性能クラウドやグリッドコンピューティング、ライフサイエンス、メディア制作企業、セキュリティ·インテリジェンス企業などが当社の主なお客様です。
世界中のミッションクリティカルな環境において数千以上の導入実績を持つDDNのソリューションは、世界中で多数の最もスケーラブルなデータセンターにおいてそのデザイン・設計が実証されており、企業の競争力確保を最先端のITで強化します。
株式会社 データダイレクト・ネットワークス・ジャパンはDDNの日本法人・100%子会社です。
詳細については、リンク をご参照ください。

(C)2016 All rights reserved. DataDirect Networks, Inc.、DDN Storage、DDNは DataDirect Networks が所有する商標または登録商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。無断複写·転載を禁じます。

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン
〒102-0081 東京都千代田区四番町6-2 東急番町ビル8F
TEL: 03-3261-9101 FAX: 03-3261-9140

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事