logo

健診車などの医用画像をモバイル通信網で電送するサービス、“医用画像転送ソリューション”を提供開始

キヤノンMJ 2016年04月07日 13時00分
From PR TIMES

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、健診車や在宅医療、災害医療などの医用画像をモバイル通信網で電送するサービス“医用画像転送ソリューション”を2016年4月15日より開始します。



[画像: リンク ]


キヤノンMJは1998年よりX線デジタル撮影装置「デジタルラジオグラフィ CXDIシリーズ」を発売して以降、国内の医療機関のほか健診車の胸部デジタル健診システムとして数多くの健診施設に納入してきました。また、在宅医療や災害医療向けのポータブルX線デジタル撮影システムとして院外や屋外などさまざまな現場で活用されてきました。

このたび、こうした健診車や在宅医療、災害医療などで撮影した医用画像をモバイル通信網で電送できるサービス“医用画像転送ソリューション”の提供を開始します。これにより、健診車から健診施設、在宅でのX線撮影現場から診療所、災害拠点から災害指定病院など、医療現場で撮影した医用画像を遠隔地の医療施設に高速通信サービス「LTE」で電送できます。

通信システムはIPsecVPNを採用しており高度なセキュリティ環境下で利用できます。万一の情報漏えいに備え秘密分散方式を採用しているほか、撮影現場のモバイル通信環境をわかりやすく表示させる機能を搭載しているなど、安心・安全な通信システム環境を提供します。また、施設内で受信した遠隔地の医用画像を、医用画像クラウドサービス基盤「Medical Image Place」に自動で送信しアップロードすることが可能です。本サービスとの連携により、契約読影医師への読影依頼をオンラインで自動振り分けするなど読影業務の効率化を実現することに加え、診断結果表の短納期化や災害医療時のトリアージに貢献します。

キヤノンMJは今後も予防医療における各種ソリューションを拡充し、健診・医療の業務効率化に貢献していきます。


[表: リンク ]


※ 別途初期費用が必要です。

<“医用画像転送ソリューション”の特長>
■ 高速画像電送
高スループットVPNルーターの採用により健診バスで撮影した画像を最短7秒※(実測値)で画像電送することが可能です。
※ LTEの電波環境により転送速度は変化します。

■ 電送パフォーマンス計測ツール
VPNルーターと接続しているLTEモデムの電波状況を端末で確認することで、送受信の可否を判断します。電波環境が不良なX線撮影現場の場合は画像電送を自動的にとりやめ、電波環境が良好な環境に移動した際、自動的に送受信を再開します。

■ 電送確認チェック機能
送信側の端末で受信側に対し医用画像が電送されているか否かの監視を実施します。これにより医用画像が電送されていない場合は自動で再送信されるため、利用者は安心してシステムを利用できます。

■ メディカルイメージアップロードプラン
キヤノンMJがLTE回線を提供します。データ容量の大きい医用画像をどれだけ電送しても定額でサービスを利用できます。
通信可能時間帯:24時間
上り通信速度:最大50Mbps※
※ 記載の速度は最大の通信速度です。最大通信速度はベストエフォート(規格上の最大速度)であり、実効速度として保証するものではありません。なお、通信環境や混雑状況により通信速度が変化する可能性があります。また通信速度は端末の仕様により異なります。

<本件に関するお問い合わせ先>
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
医療ソリューション推進課
03-3740-3412(直通)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。