logo

テクトロニクス、放送/メディア業界を4K 、IPマイグレーションに導く ソリューションを提供

テクトロニクス 2016年04月05日 11時41分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2016年4月5日

テクトロニクスは、2016年4月16日から21日まで米国ネバダ州ラスベガスで開催される「全米放送機器展2016(National Association of Broadcasters、以下NAB2016)」に出展し、ライブIPプロダクション、4Kコンテンツの制作、高解像度コンテンツの家庭配信への移行をサポートするための、総合的で革新的なソリューションを展示します。

【会 期】 2016年4月16日(土)-21日(木)
【会 場】 Las Vegas Convention Center (米国ネバダ州ラスベガス)
【展示会公式サイト】 リンク
【テクトロニクス出展ブース】 SU5006 (South Hall)

世界最大の電子メディア展示会であるNAB Showは4月16~21日、米国ラスベガスで開催されます。世界166ヶ国から100,000人以上の来場者が見込まれ、参加企業は1,700社を超えます。

テクトロニクス、ビデオ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのチャーリー・ダン(Charlie Dunn)は、次のように述べています。「テクトロニクスは、IPベースのインフラ、4Kコンテンツの制作と配信への移行をサポートするための十分な専門知識、ツール、アプリケーションを提供しています。テクトロニクスのブースでは、ハイブリットIP/SDIインフラ、ABRモニタリング、4K/UHDおよびHEVCのモニタリングとビデオ・ネットワーク解析に関する最新のソリューションを展示し、お客様のご来場をお待ちしています」

現在、放送業界は革新的な変化を遂げようとしており、コンテンツ制作事業者やサービス事業者は、規制に適合した高品質で高解像度のコンテンツ配信を行うために大きな影響を受けています。しかし、現状のインフラには巨額の投資が行われていることもあり、移行は段階的に行われるものと思われます。移行時においては、顧客ニーズを満足させ将来性と柔軟性に富んだテスト、モニタリング、品質保証ソリューションが求められます。

ライブIPプロダクションへの移行をサポートするため、テクトロニクスは過日発表した、業界初のハイブリッドIP/SDIメディア解析プラットフォームであるPrism(プレス・リリース参照)を展示します。Prismは独自の機能でSDIとIPの両方の信号タイプを診断し、関連付けることにより、エラー原因をすばやく特定し、問題がIP層か、コンテンツ層に起因するかを判定します。Prismの他に、SPG8000A型マスタ・シンク/PTPグランドマスタ・クロック・ゼネレータには、SDIベースとIPベースのメディア・インフラに対応するためにオプション(フィールド・アップグレード可能)装備できる、PTP(IEEE 1588)サポートを展示します。

家庭へ4Kコンテンツ配信を行うためには、難しい課題があります。展示会では、MTS4000型、MTS4SAV3テスト・プラットフォームの最新の拡充機能として、FCCの適合性を確認するための包括的なHEVC解析ツール、拡張クローズド・キャプション・アナライザを展示します(プレス・リリース参照)。

その他の見どころとしては、PC、ノートPC、スマートフォン、タブレット、TVのマルチスクリーン、オンデマンド・ストリーミング・サービスで使用される基礎技術であるABR(Adaptive Bit Rate)ストリーミングがあります。OTT、TV EverywhereでABRによって配信されるコンテンツが増加しているため、サービス事業者はネットワーク内のエラーをただちに、効率的に検出できなければなりません。展示会では、高速/スケーラブルな自動ファイルベースQCのAurora、ABRファイルのスムーズなレビューが可能なHydra Player、各ビットレートにおけるストリームごとのQoE(Quality of Experience、ユーザ体感品質)をリアルタムに確認するためのSentry QoS/QoEモニタリング・プラットフォームを含む、広範囲なABRモニタリング・ソリューションが展示されます。


<テクトロニクスについて>
米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、お客様の測定課題を解決し、直感的に問題点を把握したり新たな発見を促すような、革新的で正確かつ操作性に優れたテスト、計測モニタリング・ソリューションを提供しています。テクトロニクスは70年にわたりデジタルの時代の最前線に位置し続けています。
ウェブサイトはこちらから。jp.tek.com

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事