logo

「できる」から「創れる」へ。オンラインプログラミング学習サービスのProgateが、「創れる人」を生み出す有料プラン「プラス」をリリース!

株式会社Progate 2016年04月05日 09時52分
From PR TIMES

4/5(火)~。月額980円の定期課金プラン

オンラインプログラミング学習サービス「Progate」を開発運営する株式会社Progate(本社:東京都渋谷区、代表取締役:加藤將倫)は、2016年4月5日(火)、同サービスの有料プラン「プラス」をリリース致しました。月額980円の定期課金プランです。プラスプランでは、「創れる」人になるための、実践的な学習レッスンを多く取り揃えております。



【プラスプランの特徴】

[画像1: リンク ]

1. 実践的な知識
プラスプランでは、Progateで提供されるすべてのレッスンを受講することができます。現代のフロントエンド開発では必須の「レスポンシブデザイン」など、実際に実務でよく使われる知識を学べるレッスンも数多く含まれています。


2. 磨きあげられたレッスン
Progateの1ヶ月集中プログラミング講座「Progate School」にて、カリキュラムとして使用してきた教材がオンラインコンテンツになりました。Schoolを通して何度も磨き上げられた実践的なレッスンであり、かつオンライン学習のために自習のしやすい構成となっています。

3. 創る体験
HTML&CSSの実践的なレッスンでは、レッスン内に細かな指示はありません。「仕様書」が与えられ、それに沿って目標物を創りあげる構成となっています。受託開発や実際の業務のように、仕様書に沿ってプロダクトを創るという体験は、必ず本物の力となるでしょう。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



◎プラスプランの詳細については下記URLをご覧ください。
リンク
【プラスプラン開発の思い】
プラスプランは、「プラス、創る体験。」をキャッチコピーに、当社の理念である「初心者から、創れる人を生み出す」ことを目指し開発致しました。

当社ではこれまで、知識習得を中心としたレッスンを開発して参りましたが、初心者が「創れる」ようになるためには、もう一つの壁を超えなければならないと考えております。
それは、「自分で考え、試行錯誤し、悩みながらも一つのプロダクトを創りあげる経験」だと考えています。

その経験を提供するために開発したのが、この度のプラスプランです。プラスプランで提供されるコンテンツには、オンライン学習サービスでありながら、実務同様にプロダクトを創りあげ、そしてその過程で試行錯誤を必要とする工夫が設けられています。
月額980円のオンライン学習でありながら、本当に「創れるようになる」サービスを、実現して参ります。

【今後の展開】
今後の展開は大きく3つが挙げられます。
1. 学習コンテンツの拡充
今後、「Python」「Git」「コマンドライン」「Swift」「iPhoneアプリ開発」「Java」「アンドロイドアプリ開発」などのレッスン追加を予定しています。またこれまで提供してきた「Ruby on Rails」コースは大幅なアップデートを予定しています。
[画像4: リンク ]



2. Progate School
WEBサービスを開発する「Ruby on Rails」Schoolを近々実施予定です。
オンラインのProgateで実践的なコースが増えたことで、今後のProgate Schoolはより発展的な内容にしていくことができると考えています。Progateプラスで実践レベルを習得し、Schoolにてより深い理解やプロダクト制作を支援します。起業準備の方や転職希望者、企業研修などをターゲットに、短期集中でプログラミングを習得できる「Progate School」を、より積極的に展開して参ります。
Progate School: リンク


3. Progate「エンタープライズ」
Progateでは、初心者から実務レベルまで着実にレベルアップできるレッスンを提供しています。今後、企業様の研修や福利厚生の一環としてプログラミング学習を提供する、エンタープライズ向けのプランを展開予定です。


【株式会社Progate】
株式会社Progateは、「初心者から、創れる人を生み出す」ことを理念とし、2014年7月31日に設立致しました。「世界一わかりやすいレッスン制作」を第一の使命とし、ブラウザ上で完結する学習環境を用いて、プログラミング初心者のハードルを徹底的に下げることを目指しています。
◆ オンラインプログラミング学習サイト「Progate」: リンク
◆ 有料プラン「プラス」: リンク
◆ プログラミング講座「Progate School」: リンク
◆ 会社概要: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。