logo

2016年SAGES会議でGERDのStretta療法の安全性と効能示す

Mederi Therapeutics Inc. 2016年03月31日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

2016年SAGES会議でGERDのStretta療法の安全性と効能示す

AsiaNet 63923(0396)

【ノーウォーク(米コネティカット州)2016年3月30日PR Newswire=共同通信JBN】
Mederi Therapeutics Incは最近ボストンで開催された2016年米国消化器内視鏡外科学会(SAGES)(リンク )会議で、Strettaの新たなデータが報告され、Strettaが複数の教育セッションで使われたと発表した。SAGESでのこれらの活動は多くの患者グループで逆流性食道炎(GERD)の治療におけるStretta療法(リンク )の効能と安全性を確認した。

Photo - リンク

Strettaは経口の非手術的処置で、低出力の高周波(RF)エネルギーを使って胃と食道の間の筋肉を再形成する。これまでの研究はStrettaが慢性GERD患者の逆流症状を解消し、生活の質を改善し、薬物療法を縮小ないしは解消させ、酸への露出を減少させることを示している。

英国からの新たなStrettaのデータはSAGESのポスターセッションで報告された。「GERDに対する内視鏡によるRF使用のプロスペクティブ研究(Stretta):英国の初期経験(A Prospective Study of Endoscopic RF Application (Stretta) for GERD: Early UK Experience)」はStretta治療が大半の患者で症状の軽減をもたらしたことを示している。ビスワナスYKS氏と共同執筆者たちは、投薬療法に対する反応が弱い選択された患者では、Strettaは手術に代わる安全で効果のある方法だと結論づけている。

Strettaは減量手術後の患者のGERDの問題を討議する専門家パネルで話し合われた。「減量手術患者の逆流症についてすべての外科医が知っているべきこと」というこのパネルで、デューク地域病院の一般外科医長で、デューク大学医学部の准教授であるダナ・ポートニア博士は、Strettaは減量手術後のGERD患者にとって理想的な治療選択と言えそうだと指摘した。このような患者に対する再手術は大きな合併症を伴う恐れがあることを指摘して、ポートニア博士と他のパネルのメンバーは、Strettaが再手術の回避を助けながら将来の治療選択肢をオープンにしておけるより非侵襲的な選択肢だと述べている。

Mederiのボブ・クナー最高経営責任者(CEO)は「GERDの治療は今年のSAGES会議の中心的な話題だった。Strettaは多くのセッションと実地訓練コースで紹介された」と指摘した。さらに「Strettaのような治療法にとってまさにゴールデンタイムだ。GERDは増えており、治療せずに放置すると食道がんになる恐れがある。同時に、PPI(プロトンポンプ阻害剤)の長期使用の危険についての理解も広がっている。Strettaは非医薬品、非手術の治療選択肢の必要を満たしている。患者はより多くの選択肢を望んでおり、Strettaによって医師は広く研究され、長期的に効果があることが証明されている多面的な選択肢を提供できる」と語った。

▽Mederi(R)とStretta(R)について
Mederiは非切除の高周波(RF)エネルギーを使って消化器疾患を治療する革新的な機器を製造している。Stretta療法は5大陸の37の研究でGERDの治療に安全で効果があることが証明されている。Strettaの研究は最大10年続く症状の緩和を示している。世界で2万以上のStretta処置が行われている。

詳しい情報はwww.stretta-therapy.com へ。

▽メディア問い合わせ先
Amy Phillips
+1.412.327.9499
amy@pascalecommunications.com

ソース:Mederi Therapeutics Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事