logo

3月26日(土)、27日(日)駒沢オリンピック公園でダノンネーションズカップ2016 in JAPAN開催

ダノンネーションズカップ大会実行委員会 2016年03月22日 23時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016年3月22日

ダノンネーションズカップ大会実行委員会

スペシャルゲストとして、前園真聖氏来場!! 日本で唯一の世界につながるU-12サッカー大会
3月26日(土)、27日(日) 駒沢オリンピック公園でダノンネーションズカップ2016 in JAPAN開催

ダノンネーションズカップ大会実行委員会は、ダノンジャパン株式会社(東京都目黒区/代表取締役社長ルイス ファリア エ マイア)の協賛のもと、3月26日(土)、27日(日)に東京・駒沢オリンピック公園総合運動場にて「ダノンネーションズカップ2016 in JAPAN」を開催することをお知らせします。

26日(土)には、「ドリブルデザイナー」として活躍中の岡部将和氏が大会ゲストとして来場し、サッカー教室や実演講習を行います。また、27日(日)には元日本代表の前園真聖氏が大会ゲストとして、公開トークショーや表彰式のプレゼンターを務めます。

ダノンネーションズカップ2016 in JAPANは、U-12 世代が世界の舞台へ挑戦できる、日本で唯一のサッカー大会です。今大会には、前年大会の上位10チームのシードチームに加え、全国220チーム以上の応募の中から抽選で選出された48チームが参加し、今秋にフランスで開催される世界大会である「ダノンネーションズカップ」(FIFA公認)の日本代表の座をかけて2日間にわたり熱戦を繰り広げます。

2000年から毎年開催されている世界大会「ダノンネーションズカップ」は、U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会であり、世界32カ国の代表チームによるハイレベルな戦いが繰り広げられます。世界大会のアンバサダーは元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏が務めています。2015年に開催されたダノンネーションズカップ2015 in Japanには200チーム以上の応募の中から選ばれた48チームが参加し、熱戦の結果、「川崎フロンターレU-12」(神奈川県)が優勝し、日本代表チームとして、モロッコ・マラケシュで開催された世界大会に出場しました。


「ダノンネーションズカップ2016 in JAPAN」出場チーム・予選リーグ組み合わせ表
<グループA> 
セレッソ大阪U-12(大阪) FCひがし(富山) 
さぎぬまSC(神奈川) 三菱養和サッカークラブ巣鴨ジュニア(東京)

<グループB>  
レジスタFC(埼玉) セントラルFC奈良(奈良)
FC多摩川ジュニア(東京) ヴァンフォーレ八ヶ岳(山梨)

<グループC> 
名古屋グランパスU12(愛知) 岩瀬フットボールクラブ(福島) 
F.C.エスペランサ(東京) 鹿島アントラーズつくば(茨城)

<グループD> 
横浜F・マリノスプライマリー(神奈川) FC ACRS(愛知) 
大森FC(東京) 松本山雅FC U-12(長野)

<グループE> 
柏レイソルU-12(千葉) CONFIANCA(静岡) 
新座たけしのキッカーズ(埼玉) サンフレッチェ広島F.Cジュニア(広島)

<グループF> 
ヴァンフォーレ甲府U-12(山梨) JSC SAKAI(大阪) 
グランセナ新潟FCジュニア(新潟) 横河武蔵野フットボールクラブ(東京)

<グループG> 
大宮アルディージャジュニア(埼玉) 青森FC U-12(青森)
ミハタサッカークラブ相模原(神奈川) Grant Football Club(東京)

<グループH> 
川崎フロンターレU-12(神奈川) ブレイズ熊本ジュニア(熊本)
戸塚フットボールクラブジュニア(埼玉) 府ロクサッカークラブ(東京)

<グループI> 
東京ヴェルディジュニア(東京) RIP ACE SOCCER CLUB(大阪) 
フロインツ(千葉) コンサドーレ札幌 U-12(北海道)

<グループJ> 
ヴィッセル神戸U-12(兵庫) Uスポーツクラブ(山梨) 
FCストヤノフ(山口) 横浜F・マリノスプライマリー追浜(神奈川)

<グループK> 
浦和レッドダイヤモンズジュニア(埼玉) Courage広島(広島)
長岡京SS(京都) ヴィルトゥスサッカークラブ(東京)

<グループL> 
アイリスFC住吉(大阪) モンテディオ山形ジュニア庄内(山形)
Futbol Club Cano(埼玉) 柏レイソルA.A.TOR`82(千葉)


大会スペシャルゲストについて

前園真聖(まえぞの・まさきよ)氏
元サッカー日本代表 / サッカー解説者/JFAアンバサダー(2007年~)
1973年10月29日生まれ(鹿児島県出身)
鹿児島実業高校を卒業後、横浜フリューゲルスに入団。五輪日本代表のキャプテンとして28年ぶりのオリンピック出場に貢献。1996年、アトランタオリンピックでブラジルを破り、注目を浴びる。その後、Jリーグのほかブラジルや韓国のクラブなどを渡り歩き、2005年5月に現役を引退。2009年にプロビーチサッカー日本代表に選出され、ドバイで開催されたビーチサッカーワールドカップにも出場。現在、スポーツジャーナリストとして活躍する傍ら、全国でサッカー教室を行うなど、少年サッカーの普及指導にあたっている。
■個人タイトル:Jリーグベストイレブン(1996年)
■日本代表歴  :国際Aマッチ 19試合 4得点
■所属クラブ   :鹿児島実業高等学校(1989-1991)→横浜フリューゲルス(1992-1996)→ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ1969 /1997)→サントス(ブラジル:レンタル移籍/1998)→ゴイアス(ブラジル:レンタル移籍/1999)→湘南ベルマーレ(2000)→東京ヴェルディ1969(2001-2002)→安養LGチーターズ(韓国/2003)→仁川ユナイテッド(韓国/2004)

岡部将和(おかべ・まさかず)氏
ドリブルデザイナー
1983年8月1日生まれ(神奈川県出身)
Fリーグ出身のドリブル専門の指導者として、誰でも抜けるようになるドリブル理論「カモシカ」を持ち、SNS上で配信するドリブル動画閲覧数が1000万PVを超える「ドリブルデザイナー」。現在は全国各地でドリブルクリニックを開催。「Yahoo!JAPAN」のスポーツ動画で配信直後にランキング1位になるなど、日本のみならずアジアやヨーロッパから依頼されるドリブルクリニックを開催している。
【ドリブル理論『カモシカ』とは?】 
DFが分かっていても抜ける場所をドリブルでのゴールとし、そこから逆算し自分が1対1の間合いに入った瞬間まで巻き戻し、そこが勝利への第一歩であり=ゴールにしたという理論
【岡部将和オフィシャルブログ】 リンク" target="_blank">
【Facebookドリブルデザイナー岡部ページ】 リンク " target="_blank">
【Twitter ページ】30秒のドリブルHOW TO 動画 リンク" target="_blank">
【YOUTUBEドリブル動画ページ】 リンク" target="_blank">


ダノンネーションズカップについて
2000年から、ダノンの特別協賛もと開催されているFIFA公認のU-12サッカー世界大会です。世界32カ国で予選を行い、これまでに約250万人以上の子どもたちが参加しています。元フランス代表のジダン氏が大会アンバサダーを務め、決勝ではプロサッカーチームなどが実際に使用するサッカースタジアムに約4万人もの大観衆が来場する、U-12世代のワールドカップともいわれる大会です。日本大会は(リンク" target="_blank">)「日本で唯一の世界につながるU-12サッカー大会」として2004年から毎年開催されています。子どもたちに、世界とつながる機会を提供するのみならず、他チームとの交流や親睦を図り、サッカーを通じてフェアプレー精神やチームワークを学び、健全な心身を育てる場となることを目的としています。


ダノングループについて (リンク" target="_blank">)
ダノンは、世界五大陸でビジネスを展開しているグローバル企業です。「できるだけ多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という使命を掲げ、チルド乳製品は世界1位、乳幼児向け食品、ウォーターは世界2位、医療用栄養食はヨーロッパ1位と世界トップクラスの地位を築いています。また、経済と社会の両方の発展に責任がある、とする企業理念のもと、約10万人の社員、消費者、顧客、仕入れ業者、そして株主の皆さまと、価値観を共有・創造していくことを目指しています。
130を超える市場で事業を展開し、2015年の売上高は224億ユーロ、そのおよそ5割以上は新興国での売上が占めています。ダノンの商品ブランドには、国際的にも認知されているブランド(アクティビア、アクティメル、ダネット、ダノニーノ、ダニオ、エビアン、ボルヴィック、ニュートリオン/アプタミル、ニュートリシア)や、ローカルブランド(プロストヴァシキーノ、アクア、ボナフォント、マイゾーン、ブレディナ、カウ・アンド・ゲート、デュメックス)があります。
NYSEユーロネクスト・パリおよび、米国預託証券プログラムを通じて、OTCQXに上場し、ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス、ヴィジオやエティベル・サステナビリティ・インデックスといった主要な社会的責任投資インデックスに選定されています。また、ダノンは2013年ATNIインデックスで1位にランクされています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。