logo

「大学生活を通じて、アルバイトで稼いだ総額は?」~アルバイトで稼いだ平均総額は「137万円」という結果に~


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:柳川昌紀)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』(リンク)は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「大学生活を通じて、アルバイトで稼いだ総額は?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「大学生活を通じて、アルバイトで稼いだ総額は?」
記事はこちらから
リンク


――――――――――――――――――――
■稼いだ総額については「1円以上50万円以下」が35.2%でトップ。一番多く稼いだアルバイトについても公開。
――――――――――――――――――――

大学4年生・大学院2年生537人(うち男子学生264人、女子学生273人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:2016年2月13日~2月14日)。

卒業を目前にした大学4年生・大学院2年生は、学生生活を通じて、アルバイトでどのくらいの額を稼いだのでしょうか? 今回は、学生時代にアルバイトで稼いだ総額について、大学4年生・大学院2年生に聞いてみました。

まず、大学生活を通じてアルバイトで稼いだ総額について尋ねたところ、35.2%の学生が「1円以上50万円以下」と回答し、次いで「50万円超100万円以下」が17.9%、「100万円超200万円以下」が17.1%で続きました。「アルバイトはしなかった」という学生も10.8%となり、平均は137万円となりました。

次に、属性別に見ると、男子学生の平均が152万円なのに対して女子学生は123万円、大学4年生の118万円に対して大学院2年生は224万円、文系学生の130万円に対して理系学生は147万円となり、特に大学院生は稼ぐことができた期間の長さがそのまま総額の多さに表れる結果となりました。

「一番多く稼いだのは何のアルバイト?」という問いには、「飲食店のバイト。時給は800円だったが、3年目になるとリーダーをまかせてもらうことになり、その分時給も上がった。夜に入ると深夜手当もついたので、週4~5日入って月7万~10万円ほど稼いだ」「携帯電話の販売のアルバイト。時給1400円の上、売り上げた台数などによってインセンティブ(報奨金)が支給されたので、週3回程度で月10万円以上稼いでいた」「映像制作のアルバイト。時給1000円だったが、ブライダルシーズンではフルタイム勤務を週5回でこなしていたので、その月は15万円近く稼いだ」「大学近くのアパートでハウスクリーニングをするアルバイトをした。1カ月やって11万円稼いだ」「夏休み、プールのアルバイトを2つ掛け持ちしていた時は、1カ月で30万円近く稼いでいた」といった声が寄せられ、定期のアルバイトを長く続けた学生もいれば、短期のバイトで集中的に働いて稼いだ学生もいることがわかりました。


▼「大学生活を通じて、アルバイトで稼いだ総額は?」
記事はこちらから
リンク

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。