logo

再生医療が変革するヘルスケア業界:幹細胞治療が主力市場に

これまで治療が不可能だった病気の治療を可能にする再生医療は、世界的に最も早いペースで成長する市場の一つとなっています。現在、再生医療市場の60%を細胞治療が占めており、幹細胞治療が主要であると同時に、今後大きな成長が見込まれる分野となっています。

今日では、治療が困難な疾病の治療、又は病気の経過を変化させることが可能な治療法はごく限られています。再生医療は、通常人体に用いられる場合と類似した生体内作用を用いて、細胞組織や臓器の遺伝子操作、培養、再生を行うことで、従来治療が困難だった疾病の治療法に革新をもたらしました。再生医療を用いた治療法の一部ではその有効性も確認されており、医療に新たなパラダイムシフトをもたらしました。

再生医療に用いられる成体幹細胞は、心臓学、神経学、検眼、皮膚科学、創傷治癒、腫瘍学の分野で使用されます。成体幹細胞や免疫細胞は、疾病の治癒力を高めるために遺伝子操作を行うことが可能です。さらに、細胞治療と遺伝子治療を組み合わせることで、遺伝子操作された細胞が持つ、特定のがん細胞に対する抗がん作用を高めることが可能になります。フロスト&サリバンのヘルスケア部門シニアコンサルタントであるジェーン・アンドリューは、「細胞治療と遺伝子治療を組み合わせるという画期的な手法は医療に変化をもたらし、医薬の新時代を切り開きました」と話します。

世界的な高齢化の進行もまた、再生医療市場の成長を促進しています。2030年までに、世界全体では60歳以上の人口が、10歳以下の人口を上回ることが予測されています。その結果、多くの国々は高齢者および病気で苦しむ患者の治療負担をより多く抱えることになります。上昇をたどる医療コストに対処する施策が限られているため、高い医療コストは今後も国家の負担となり続ける見通しです。この様な状況に対して、再生医療事業に参入する企業は、国民の健康維持を目的とした新製品開発において、この市場での足がかりを得ようと試みています。結果として、将来的に医療コストの削減も期待されます。

「再生医療は生命を脅かす疾病の治療に用いられるほか、高齢者の健康維持、さらに医療費を削減する可能性も秘めています。その結果、再生医療は世界的に医療を変革する大きな可能性を秘めています」と、アンドリューは話します。

▼フロスト&サリバンの「再生医療の新たな時代」のリサーチプレビューは下記をクリック下さい:リンク


**********************************************
フロスト&サリバンについて:
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 
広報担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。