logo

安田女子大学に3Dプリンター“ProJet 660Pro”を納入

キヤノンMJ 2016年02月22日 14時01分
From PR TIMES

3D CADを組み合わせた3Dソリューション事業を教育市場に展開

キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、このほど広島県の安田女子大学(学長:瀬山敏雄)に米国3D SYSTEMS社製の3Dプリンター“ProJet 660Pro”を納入しました。本事例を生かし、教育・建築・意匠分野で豊富な導入実績を誇る3D CADソフト「Vectorworks」を組み合わせた3Dソリューション事業を教育市場に展開していきます。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

3Dプリンターの国内市場は2015年の出荷金額で190億円、出荷台数で1万台と予測され今後拡大することが見込まれています※。近年、学生に対しものづくりへの関心を高め、技術系の人材育成を行う目的で、教育・研究機関で3D関連ソフトや3Dプリンターを導入する機運が高まっています。

安田女子大学は、創造力や高度なデジタル技術を身につけ総合造形力や課題解決力を備えた人材を育成するため、「造形デザイン学科」を2016年4月に新設します。これに先立ち、企業の商品開発プロセスを体験できる「形状造形」のプロジェクトを設け、より実践的な教育を開始しました。

安田女子大学はこのたび、学生が新商品やプロジェクトを提案する演習用設備として、着色でき質感の良い石膏の造形物を、高精度かつ高速、低コストに造形できる3Dプリンター“ProJet 660Pro”を導入しました。原爆ドームや旧浦上天主堂の再現プロジェクトでは、現存しない建造物の数少ない写真を組み合わせ、3Dスキャナーを活用して3Dデータを作成し3Dプリンターで出力することにより、再現することに成功しました。今後3Dプリンターを全面的に活用することにより、学生の造形力を養い教育効果を高め、新しい教育の可能性を広げていきます。

一方、キヤノンMJは、今回の3Dプリンターの納入に加え、3D関連ソフトや3Dデータの活用、導入支援などをトータルでサポートしていくことで、安田女子大学の人材育成を支援していきます。キヤノンMJは本導入事例を生かし、グループ会社のエーアンドエー株式会社が提供している設計、デザインを習得する教育支援プログラム「OASIS」と連携し、教育・建築・意匠分野で豊富な導入実績を誇る3D CADソフト「Vectorworks」を組み合わせた3Dソリューションを展開していきます。キヤノンMJグループは3Dプリンターなど3D関連ビジネス全体で2017年に売上高150億円を目指します。

※ 株式会社矢野経済研究所「2014年版 3Dプリンタ市場の現状と展望」

■ 安田女子大学導入事例
リンク

<安田女子大学の概要>
創立:1915年(大正4年)
所在地:広島県広島市安佐南区安東6丁目13番1号
学生総数:3899人 ※2015年3月末現在

<インクジェット粉末積層方式 3Dプリンター ProJet 660Pro>
1.主な特長
 ■ 600万色カラー
 ・600万色の高品質モデルで、デザイン意図を明確に伝達
 ・ワンステップでリアルな、または色鮮やかなカラーモデルを造形
 ・複数プリントヘッドを使用し、最高の精度と安定したカラーを実現

 ■ 安全、オフィス環境仕様、簡単操作
 ・静音、安全、無臭
 ・筐体内を常に陰圧に保ち、パウダー飛散を防止
 ・環境にやさしい設計:有害な物質は使用しません
 ・廃液ゼロ

■ 高速プリントにより生産性向上
 ・約5 ~10倍のプリント速度(他社製品比)ほんの数時間でモデルをプリント
 ・同時に複数のモデルをプリント可能

■ 高いコストパフォーマンス
 ・未使用の造形材料は、次回の造形のために再利用して無駄を排除
 ・信頼できる、手頃な価格のカラージェット印刷(CJP)テクノロジーを採用

■ ProJet x60 シリーズ用 VisiJet マテリアル
 VisiJetRラインのマテリアルでは、多様なアプリケーションに対応できるよう多くの機能が用意されています。 カラージェット印刷(CJP)テクノロジーを採用している3D Systemsの ProJet x60 3D プリンターは、VisiJet PXL™ マテリアルを使用して、デザインの確認、高度なコミュニケーション、ならびに開発および生産コストの削減のために、強度のある、高解像度、フルカラーのコンセプトモデルや組み付け検討モデル、試作品を造形します。造形モデルは、自動車、エネルギー、消費財、レクリエーション、ヘルスケア、教育、その他の業界に利点をもたらします。パーツは、やすりがけ、ドリル穴あけ、ねじ切り、塗装、メッキ等の処理ができ、パーツの特性に利用できるオプションの幅がさらに広がります。その上、モデルには高温に対する耐熱があり、デジタル製造分野や成型分野に最適です。

2.主な仕様
 積層ピッチの精度:0.1mm
 最大造形サイズ:254×381×203mm
 装置サイズ:1880×740×1450mm
 装置従量:340kg


<本件に関するお問い合わせ先>
キヤノンマーケティングジャパン株式会社
オフィスデバイス企画本部 3Dソリューション企画課
03-6719-9520

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事