logo

オマーン、ソマリランド、プントランドおよびエチオピアを結ぶ画期的な新ケーブルシステム、G2A (Gulf to Africa)がXteraのターンキーソリューション海底ソリューションを使用して東アフリカの通信を開発

JCN 2016年02月10日 11時00分
From JCN Newswire


MUSCAT, OMAN and DALLAS, TX, Feb 10, 2016 - ( JCN Newswire ) - オマーン最大手の通信事業者で中東の大手ホールセールキャリアのOmantelは、大容量でコスト効果の高い光伝送ソリューションの大手プロバイダのXtera Communications, Inc. (NASDAQ: XCOM)と、地域内外の立場強化のため、独自の海底ケーブルをもうひとつ構築するサプライ契約を締結したことを、本日発表しました。新ケーブルはEthio Telecom、Golis TelecomおよびTelesom Companyと提携して構築され、オマーンのサラーラから、プントランドのボサソやソマリランドのベルベラをつなぎ、地上延長部はエチオピアのアジスアベバまで達する一本のハイウェイとなります。

「これは弊社のアフリカへの拡張事業の第一歩で、オマーンとソマリアを直接つなぎ、さらにアフリカ内陸部のエチオピアへと延長します。」と、OmantelホールセールVPのSohail Qadirは述べました。「この2か国では現在サービスが十分に提供されていませんが、まもなく弊社の国際低レイテンシネットワークと接続し、Omantelを通じてオマーンのホストにあるすべてのコンテンツへのアクセスや、ヨーロッパや東南アジアのサービスも利用可能になります。」と、Qadirは続けました。

G2Aは、アフリカのエンドユーザーにより近い場所までコンテンツを運ぶことを目的とした新規低レイテンシケーブルシステムで、ソマリアとエチオピアで需要の高いインターネット容量や、グローバルクラウドサービスおよびアプリケーションへのアクセスを提供します。海底部分はオマーンのサラーラと、ソマリアのボサソとソマリランドのベルベラの2地点をつなぎます。サラーラからは、オマーン国内を通る地上ルートを通ってOmantelの海底ケーブルシステム9つをすべて相互接続します。これらの海底ケーブルシステムはまもなく12となる予定で、そのいくつかは中東を極東、ヨーロッパおよび北米と結ぶ世界最大級のシステムとなるでしょう。Omantelはまた、オマーン国内のさまざまなコンテンツやクラウドプロバイダのホスティングをし、オマーンの中央ハブから中東地域にサービスを提供します。これらはすべてG2Aシステムで利用できます。

「これは、今までに類のない魅力的なプロジェクトです。高品質で安価なインターネットサービスにアクセスできるようになれば、人々の暮らしや考え方も大きな影響を受けますので、世界に伸びるOmantelの国際ネットワークにより、我々は地域に大きな変化をもたらすというメリットを得られるでしょう。」と、Telesom Company CEOのAbdikarimは述べました。「同時に我々は世界各国の主要なインターネットハブにもアクセスできるようになります。Omantelの国際ネットワーク上にある国々はG2Aを通じて、東アフリカの企業のお客様にサービスを提供できるようになります。」と、Ethio Telecom CEOのAndualem Admassieは述べました。

Xteraはこのプロジェクトに、海底光中継器、Nu-Wave Optima(TM)光海底端局装置(SLTE)、ケーブル、すべての海洋サービスなど、ターンキー100G/100G+海底ケーブルシステムソリューションを提供します。電気、光、機械などの多くのイノベーションを活かして設計されたXteraの海底中継器では、ラマン光増幅を使用して、中継器間隔を最大化する非常に低いノイズレベルを実現し、システム容量を増大する幅広いスペクトルを提供しています。

「新しい海底ケーブルシステム構築のため、G2Aコンソーシアムにご採用いただいたことは、たいへん光栄に感じています。これは、弊社の革新的な中継器をベースにしたパフォーマンスと信頼性の高いケーブルシステムのターンキーオファリングに対して、またひとつ高い評価をいただいた証です。」と、Xtera会長兼最高経営責任者のJon Hopperは述べました。「この新建設プロジェクトは、新しい海底インフラ展開または既存の水中ケーブル資産のアップグレードに関するXteraの革新的で柔軟なソリューションを示すものです。

最新の100G技術を使用して20 Tbit/秒の容量のために設計されたG2Aシステムにより、アフリカ国内の接続コストが最適化され、サービスの行き届かない急成長中の地域で需要の高い容量を追加できます。「現在我々はインターネット需要に関し、主に衛星通信に依存しています。G2Aは、住宅および企業セクタの両方で、エンドユーザーエクスペリエンスを劇的に変え、新しいタイプの低レイテンシサービスを実現します。」と、Golis取締役会長のAbdulaziz Gureye Karsheは述べました。

G2Aは2016年第4四半期にサービス準備完了します。

Omantelについて

Omantelはオマーンの先駆的な総合通信ソリューション企業で、さまざまな最先端サービスを提供しており、そのネットワークはもっとも幅広い地域にわたっています。オマーンで唯一の全国規模のネットワークとして、Omantelでは住宅、モバイルおよび企業顧客に革新的なend-to-end通信ソリューションを提供しています。

国際ホールセール分野でOmantelは、中東でもっとも有名で競争力の高いホールセール通信プロバイダとして知られています。さらに、海底ケーブルネットワーク分野でも大手企業で、アジア、ヨーロッパおよびアメリカを直接つなぐ地上リンクで補完されたいくつかの海底ケーブルネットワークの主要参加企業であり、さまざまな国のお客様の容量需要に国内外で対応し、競合他社に対する同社の主導的立場を維持しています。

Omantelのホールセール戦略は、第一級の通信事業者となることと、地域の内外で東洋と西洋をつなぐことです。

Ethio Telecomについて

Ethio Telecomは、2010年3月にEthiopian Telecommunications Corporation (ETC)から改称した企業です。アフリカではもっとも古く、世界でも最長クラスの歴史を誇る通信事業者です。エチオピアと他の国々をつなぐため、エチオピア政府によって1892年に設立されたEthio Telecomは、2005年から大規模な変革とモダナイゼーションを実施しています。唯一の国営通信事業者としてEthio Telecomは、エチオピア連邦民主共和国で現在継続中の開発で主要な役割を果たしています。

Ethio Telecomは、インターネット、データ、VAS、国際および音声サービスを提供しているソリューションおよびサービスプロバイダです。Ethio Telecomは顧客数と売り上げを大幅に増大しています。顧客数を2006年の770万人から、2015年の400万人以上に増やしたことで、Ethio Telecomはアフリカで第2位の通信事業者となり、2011年に顧客数でアフリカのトップ10入りして以来8位も上昇しています。

Ethio Telecomは現在、音声、インターネット&データ、チャネルなどの通信サービスを全国に提供し、エチオピア連邦民主共和国やエチオピア国民により提示された要件に対応するために、包括的な計画を実施しています。

Telesomについて

Telesomはソマリランドの大手通信サービスプロバイダです。同社の設立は2002年で、本社はハルゲイサにあります。Telesomはソマリランドで初めてGSM 2G/3Gサービスを導入した企業です。

設立以来、Telesomでは加入者数を大きく伸ばしており、音声やデータの他、さまざまな付加価値サービスなど、提供するサービスの種類も大幅に増やしています。Telesomが開始した中で、もっとも大規模で注目されているサービスは、モバイルマネープラットフォーム(ZAAD)です。

同社は国内でもっとも多くの従業員を雇用している企業で、エチオピアの総GDP成長に最大の貢献をしています。また、スキルの高いスタッフによるサービスの提供と、専門性の高さに大きな誇りを抱いています。

Golis Telecomについて

Golis Telecomは2002年に、最高品質の通信および情報に関する製品とサービスを提供するために設立されました。同社はサービス指向型の体制を通じて、すべての国民のために尽くすことに力を注いでいます。各種サービスには、音声およびデータサービス(固定回線、GSM、モバイルインターネット- EDGE/3G)、Sahalサービス(MMT)などがあります。Golis Telecomにより提供されている他の主要サービスには、プントランドの多くの都市で同社によって運営されている電力供給などがあります。Golis Telecomはプントランド・ソマリア国で最大の通信事業者です。その特徴はネットワークのサービス地域の広さで、プントランドの主要な都市と地域すべてでサービスを提供しています。マイクロ波との置換のため、ソマリア最長の地上光ファイバー(700km以上)を敷設中です。地上ケーブルの最初のマイルストーン(100km)はまもなく完了します。Golis Telecomはプントランド・ソマリア国で最大の市場シェアを維持しています。

Xtera Communications, Inc.について

Xtera Communications, Inc. (NASDAQ: XCOM)は、帯域幅のグローバル需要の急増を支える大容量でコスト効果の高い光伝送ソリューションの大手プロバイダです。Xteraは、全世界の通信サービスプロバイダ、コンテンツサービスプロバイダ、大企業、政府機関にソリューションを販売しています。Xtera独自のWise Raman(TM)光増幅技術を活用することで、容量と到達性能で競合製品の優位に立つことができます。Xteraのソリューションにより、お客様の現在の帯域幅要件に対応し、データセンタや関連のクラウドベースサービスの開発により増大する帯域幅需要をサポートするコスト効果の高い容量が可能になります。

詳しい情報は、 www.xtera.com をご覧いただくか、 info@xtera.com にお問い合わせいただくか、LinkedIn、Twitter、FacebookおよびYouTubeをご利用ください。

LinkedIn: リンク
Twitter: リンク
Facebook: リンク
YouTube: リンク

詳しくは、下記にお問い合わせください。

Omantel:
Mohammed Al Salmi
コーポレート広報シニアマネージャー
Tel +968 24244658
メール: mohamed.salmi@omantel.om

Ethio Telecom:
Esayas Dagnew Gebreselasie
COO
esayas.dagnew@ethiotelecom.et

Telesom:
Abdikarim Mohamed Deria
CEO
電話: +252 2522008
Abdikarimeid@telesom.com

Golis Telecom:
Adam Sheikhdon Ali
取締役
電話: +252-90-7792003
aadam.ali@golis.net

Xtera Communications, Inc.:
マーケティングおよび販売お問い合わせ先:
Bertrand Clesca
電話:+33 1 45 48 15 67
メール: marketing@xtera.com

投資家お問い合わせ先:
David H. Allen
電話: +1 408 427 4463
メール: IR@xtera.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事