logo

2017年4月開設で、国際英語学部(仮称)を設置計画中 -- 新棟「響友館」に英語があふれる場所「Tachibana English Community(TEC)」も開設 -- 京都橘大学

京都橘大学 2016年02月04日 08時05分
From Digital PR Platform


京都橘大学(京都市山科区、学長・細川涼一)は、2017年4月開設に向けて同大6つ目の学部となる「国際英語学部(仮称)」の設置準備を進めている。


 同学部は、1967年の同大開学からの歴史を持つ人間発達学部英語コミュニケーション学科の教育実績を基盤として設置し、国際共通語としての英語を高度に運用する能力および国際感覚を身につけ、社会のグローバル化に対応できる人材の養成を目指す。

 また、国際英語学部設置を前に、2015年11月に竣工した同大の新棟「響友館」に、英語とのふれあいや学習を促進する施設「Tachibana English Community(TEC)」も2016年4月に開設予定。

■国際英語学部(仮称)の概要
□開設予定 
 2017(平成29)年4月
□学部学科
 国際英語学部国際英語学科(グローバルキャリアコース/国際観光コース/英語教育コース)
□設置場所
 京都市山科区大宅山田町34

□教育目標
 国際英語学部国際英語学科は、教学理念に則り、国際共通語としての英語を高度に運用する能力および国際感覚を身につけ、社会のグローバル化に対応できる人材を養成することを目指す。

□学びの特徴(抜粋)
1.学生全員が原則として1年間留学(2回生後期~3回生前期)。
※教職課程履修者へのカリキュラム上の配慮から、6カ月間(2回生後期)の留学プログラムも準備
2.徹底した教育プログラムで、英語の高度な運用能力(TOEICスコア730点以上)を修得し、日本と外国の文化・社会・経済・経営・観光などを英語で学び理解する。
3.進路目標にあわせ、3つのコースを設定。
【グローバルキャリアコース】
 世界で活躍できるビジネスマンを目指し、高度英語運用能力に加え、経済・経営・会計の知識を習得。また、海外でのコミュニケーションのなかでビジネスを円滑に進めるために国際社会で必要とされる文化的素養を身につける。
【国際観光コース】
 観光・航空・ホテル業界への就職を目指し、高度英語運用能力に加え、観光学についての知識を習得。また、地域の魅力や観光資源を認識し、社会に発信するために外国や日本の文化についての深い教養を身につける。
【英語教育コース】
 中学校・高等学校の英語教員を目標に、教員として必要な知識と高度な英語運用能力を身につける。併せて、経済学、経営学に関する知識も身につける。

※設置計画中。計画内容は予定であり、変更することがあります。
※国際英語学部を設置した場合、人間発達学部英語コミュニケーション学科は2017年4月から学生募集を停止します。

▼本件に関する問い合わせ先
 京都橘大学 企画広報課
 〒607-8175 京都市山科区大宅山田町34 
 TEL: 075-574-4112(直通) 
 FAX: 075-574-4151

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。