logo

【 健美家(けんびや)】投資用不動産マーケットトレンド2016/02 2015年からの高値、依然継続。 一棟アパート、一棟マンションの価格、横ばいに。

健美家株式会社 2016年02月01日 18時52分 [ 健美家株式会社のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


不動産投資と収益物件の情報サイト「健美家(けんびや)」を運営する健美家株式会社(東京都港区、代表・倉内敬一)は毎月、新規に登録された全国の投資用不動産3種別(区分マンション/ 一棟アパート/ 一棟マンション)のデータ(物件数、物件価格、表面利回り)を集計し、最新の市場傾向として取りまとめています。2016年1月分のデータを報告致します。

【区分マンション】
2016年1月の区分マンションの価格は、前月比-9.32%(-140万円)の1,362万円と下落した。表面利回りは、前月比+0.19ポイントの8.00%と上昇した。

【一棟アパート】
一棟アパートの価格は前月比-2.94%(-178万円)の5,858万円と下落したものの、過去1年間では2番目に高く、依然高値水準に変わりはない。表面利回りは前月比+0.12ポイントの9.32%と上昇するも、10月以降は横ばい傾向が見て取れる。

【一棟マンション】
一方、一棟マンションの価格は前月比+7.44%(+1,075万円)の1億5,517万円と上昇し、過去1年で2番目の高値を記録。表面利回りは前月比-0.14ポイントの8.27%と下落するも、こちらも10月以降は横ばい傾向が続いている。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。