logo

Rubyで解決コラム「社内ペーパレス化ならば年配者でも使え、端末を選ばないWebサービスでないとね」

Ruby開発に強いトランスネットがRubyで解決コラム「社内ペーパレス化ならば年配者でも使え、端末を選ばないWebサービスでないとね」を公開しました。

##
このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載いたします。今回は「社内ペーパレス化ならば年配者でも使え、端末を選ばないWebサービスでないとね」と言うタイトルで書きます。

先日、「100以上もあるExcelの申請書を低コストでWebシステム化する方法」というコラムを書いて、かなり多くの方にお読みいただき、反響もありました。最近ではペーパレス化について紙面をにぎわすことはなくなりましたが、やはり古い資産が会社には残っていて、なかなかシステム化できないところがまだ依然とあるのだと感じました。

事実、私の顧問先を見ても、まだまだかなりExcelフォームに入力して印刷して、稟議を回しているところがかなりあります。恐らく多くの社員の方は「システム化したら楽なんだろうけど、変えるとなると結構面倒だよなぁ。毎年改善の議題には上がっても、日々使っている仕組みなので、結局そのまま使っている。」といったような感情をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事