logo

女性率55%、マッチングの約3割は女性同士。マッチングSNSアプリ「hi!」趣味トモニーズを捉え10,000マッチ到達

株式会社エニーカラー 2016年01月29日 09時30分
From PR TIMES

既存の人間関係より趣味や相性の合う趣味トモと過ごしたい人が増えています

リリースから3ヶ月で10,000組のマッチが成立したというマッチングSNS「hi!」。ユーザーの55%は女性、マッチングの3割は女性同士と、通常のマッチングサービスとは異なるユーザー動向を示している。趣味トモづくりのニーズの高まりを捉え、ユーザー目線に立ったUIで利用者に「居心地の良い他人」との新たな人間関係づくりの場を提供している。



[画像1: リンク ]

株式会社エニーカラー(東京都港区・代表取締役 津倉悠槙)が運営する、タグとAIで繋がるマッチングSNSアプリ「hi!」(現在はiOSのみ配信 リンク)で、本日10,000組目のマッチが成立いたしました。

趣味トモづくりのニーズをつかみ高いアクティブ率
昨年11月のリリースから趣味や興味・関心を表すタグを前面に押し出すUIを採用。旧来のマッチングアプリにあった「マッチしても話題がない」というユーザーの不満を解消。また、女性目線に立った清潔感のあるデザインで「出会い系」とは異なる「趣味トモづくり・生活のスパイスアップ」ニーズをつかみました。
[画像2: リンク ]

結果、ユーザー比率は女性が5割以上。マッチ比率も女性同士が1/4を占め、また男女ともにMAU率*も8割以上と、新しいコミュニティが出来つつあります。
*過去30日以内にアプリを起動したユニークユーザーの割合

「気を使う人間関係」より「居心地の良い他人」
[画像3: リンク ]

都内に住む26歳の女性はhi!で知り合った趣味トモと一緒に好きなアーティストのライブを楽しんだそうです。

「学校の友人や職場の同僚には気をつかう。本当の"友だち"と言い切れなかった。hi!で知り合った人は"適度な(距離のある)他人"。でも好きなアーティストが同じだから話が盛り上がるし居心地がいい。友だちになれるかも、って(思った)」と言います。

また、30歳の男性も「最初から趣味の相性が良かった。一緒に皇居ランに行ける相手ができ、仕事のやる気も上がりました(笑)」と笑顔で話してくれました。

より会話が発展しやすい機能を随時追加予定
今後はユーザーからも要望が多かった「メッセージ付き”いいかも”」機能を2月中旬実装予定です。興味のある相手に、「何で興味を持ったのか/何をおしゃべりしたいのか」を事前に伝えることができるようになります。

更にプロフィール画面の内容を充実させる新機能開発、より相性の良い相手をレコメンドできるようなAIの改善を進めています。今後も、趣味トモを増やすことのできる場として、より多くの人々の生活のスパイスアップに役立つサービスにして参ります。

[詳細説明:本アプリの概要]
[画像4: リンク ]




タグとAIによるレコメンド : ユーザーは自分の趣味や興味のある話題をタグとして登録。タグを元にAI(自然言語解析)が、より親和性の高い相手をレコメンドします。話してみたい相手には「(ハート)(いいかも)」を送ることができ、お互いに気に入ったらマッチが成立。トークを楽しむことができます。
利用は無料 : 使用は基本無料で、メッセージの送受信などで費用は一切かかりません。相手に送る「(ハート)」を追加購入する際のみ所定の料金が必要となります。(「(ハート)」数は10回まで自然回復します)
年齢、性別、距離によるフィルタリング : ユーザーはレコメンドの対象ユーザー範囲を年齢、性別、距離によってフィルタリングできます。
高い信頼性 : 登録は18歳以上のFacebookアカウントが必要で、年齢・性別の変更はできません。(名前の変更は可能です。またFacebook上の友達は表示されません) また、タグや会話中のNGワードは運営側で注意深くチェックしており、安心してご利用頂けます。
現在はiOSのみ:ダウンロードURL リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。