logo

オリックス・ファシリティーズ(大京グループのビル管理事業部門) 福井大学キャンパスでの「管理一体型ESCO事業」が順調に推移

株式会社大京 2016年01月26日 15時00分
From Digital PR Platform


 大京グループのビル管理事業を手掛けるオリックス・ファシリティーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:三宅恒治、以下「OFC」)は、福井大学松岡キャンパス等(附属病院を含む全キャンパス)にて、三菱UFJ リース株式会社(以下、「三菱UFJ リース」)、東テク株式会社(以下、「東テク」)との3社で「管理一体型ESCO 事業(契約期間:7年)」を2015年4月から開始し、「設備システムの見直しと機器等の更新」および「運用改善」において、年間約150百万円の光熱水費削減目標を掲げる中、4月から11月までの累計削減額は約90百万円となり、対計画比では全体で99%とほぼ計画通りを達成しており、特に「運用改善」においては147%となり、年間計画を大幅に上回る見込となりましたので、お知らせいたします。

【当事業における各社の役割およびOFCの対応】
 当事業は、三菱UFJ リースが代表企業として全体コーディネートと事業資金の調達、東テクが設計・施工および省エネ計算、省エネ運転計画及び調整、効果検証の取りまとめを行い、OFC は省エネ運転、運用改善、効果検証を行っています。その中でOFC は以下の緻密な対応や提案により、目標を大幅に上回る実績をあげています。

(1) お客さまとのスムーズな情報共有
お客さまのPC 等から光熱水費の削減状況、故障・修繕等の発生頻度、お客さまの依頼事項の進捗状況などが確認できる、情報共有環境を整備。
(2)「本社」のタイムリーな現場支援
本社が現場の業務状況を随時把握し、適正なアドバイスを行うことで、迅速に問題を解決。
(3)「見える化」による改善提案
各業務の発生頻度や対応時間、設備運転状況等の「見える化」により、設備や施設運営の傾向を分析し、最適な改善提案を実施。
また、業務体制の「見える化」により、人員の過不足をなくし、効率的な業務体制を構築。

 OFC では、今回の実績をもとに他の大学病院でもトライアル運用を実施しており、顧客と施設管理者との相互コミュニケーションにより、顧客とOFC に相互メリットのある業務の最適化を目指しています。また、今後は設備の老朽化やエネルギーコスト等の問題を改善すべく、国立大学附属病院のほか、地方自治体が運営する病院や民間病院、さらには官公庁施設等の大規模な施設にも当事業の展開を図ってまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事