logo

ミリマンがクアラルンプール・オフィス開設

ミリマン 2016年01月26日 10時27分
From 共同通信PRワイヤー

ミリマンがクアラルンプール・オフィス開設

AsiaNet 63180 (0086)

【シンガポール2016年1月26日PR Newswire=共同通信JBN】
*クアラルンプールにアジア太平洋地域12番目のミリマン・オフィス

世界有数のコンサルティング&アクチュアリー会社、ミリマン(Milliman, Inc)は26日、クアラルンプール・オフィスを2016年3月1日に開設すると発表した。クアラルンプール・オフィスは従業員福利厚生、生命保険、損害保険、健康保険コンサルティング・サービスを提供する。ミリマンは東南アジアにジャカルタ、シンガポールの2オフィスを持っており、クアラルンプールはアジア太平洋地域12番目のオフィスになる。

ミリマンのスティーブ・ホワイト最高経営責任者(CEO)は「クアラルンプールにオフィスを開設することでミリマンの東南アジアにおける拡大が続いている。最新のオフィス開設によって、マレーシア市場でミリマン独自の保険・従業員福利厚生に関する専門知識を提供する能力が強化される」と語った。

ミリマンの東南アジア・インド地域生命保険担当マネジングディレクターであるリチャード・ホロウェー氏は「東南アジア3番目のオフィスは、アジア太平洋地域における他の地域を補完するだろう。クアラルンプール・オフィス開設で当社は、生命保険会社とタカフル(イスラム式)保険会社と協力し、当社の多国籍顧客と地元マレーシアの顧客の双方に一層サービスできる好位置につける」と述べた。

大中国圏と東南アジアでミリマンの健康・損害保険コンサルティング・プラクティスの責任を持つパン・チェ氏は「マレーシアには差し迫った自動車保険料率の自由化や健康保険会社とヘルスケアプロバイダー間の活発な対話など、多くの市場開発および自由化計画がある。われわれは引き続き、マレーシアの顧客がこの国の環境でベストプラクティスを採用できるよう支援し続け、クアラルンプールを当社のアジアにおけるネットワークに加えることでわれわれのコミットメントを再強化する」と述べた。

アジア・中東の従業員福利厚生担当責任者であるダニー・クワント氏はさらに「マレーシアでは従業員福利厚生に関するコンサルティングへの需要が高まっている。その需要に応えられるクアラルンプール・オフィスが開設されるのはうれしい」と述べた。


▽ミリマン(Milliman)について
ミリマンは保険数理および関連製品・サービスの世界有数のプロバイダーである。同社はヘルスケア・損害保険、生命保険、金融サービス、従業員福利厚生についてコンサルティング業務を行っている。ミリマンは3000人以上を擁するグローバル企業で、アフリカ、アジア、オーストラリア、米州、欧州、中東全域のすべての主要な市場に計55のオフィスを構えて事業を展開している。60年以上にわたり専門職の卓越性、相互評価、客観性の厳格な基準に配慮してきたことが、ミリマンを一流の独立系アクチュアリアル・ファームにしている。詳しい情報はwww.milliman.com を参照。

ソース:Milliman

▽問い合わせ先
Richard Holloway, Milliman, Inc.
Tel: + 65 6327 2301,
richard.holloway@milliman.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。