logo

カンプロ、常総市立図書館に豪雨浸水被害復興費などを寄付

カンプロ株式会社 2016年01月25日 15時02分
From Digital PR Platform


茨城県域において安全で快適な“ガスライフ”を提供するLPガス会社の老舗、カンプロ株式会社(本社:茨城県水戸市・代表:秋葉良孝)は、昨年9月の関東・東北豪雨で被災した常総市立図書館(現在臨時休館中、3月1日仮設図書館開設予定)の復興を願い、1月20日、常総市役所を訪問し、復興費用50万円の目録、および育児書籍を寄贈しました。

当社は、J2水戸ホーリーホック連携のサッカー教室や、夏休み料理教室の開催など、県下の主に児童育成のための活動に力を入れています。同図書館が、床上浸水のため書籍など約3万点が泥水を被り、なかでも「子供たちも多く利用し、品揃えの良さが評判の絵本やCDなども浸水した」との情報を、各種報道などで見聞きしたことから、今回復興費用を寄付することを決定しました。

また、復興費のほかに、書籍『育ち合い -育児で本当に大切にしたいこと-』も寄贈しました。この書籍は、当社の広報誌Smile Life(スマイルライフ)に掲載された育児コラムをまとめたものです。著者は、水戸市すみれ保育園前園長の佐久間朝緒先生で、“乳幼児期の子育てバイブル”として評価が高かったことから書籍化を決定し、ホームページなどを通して、冊数限定で配布も行っています。

当日、常総市長の高杉徹様、ならびに常総市立図書館館長の高山京子様への寄贈(=写真)に際して、当社代表取締役の秋葉良孝は、次のようにコメントしました。「当社は、行動指針に“私たちは地域のコミュニティに積極的に参加して、笑顔を増やします”を掲げて、県下の児童の健全育成に向けた貢献活動に力を入れており、私もこれまでにサッカー教室や、子供が参加している地域のイベントのお手伝いなどで、たくさんの子供たちの笑顔を見させてもらってきました。今回の寄贈によって、図書館の復興のお役に立ち、また常総市の子供たちの笑顔に繋がれば、大変うれしく思います。」

■カンプロ株式会社 会社概要
本社所在:
茨城県水戸市吉沢町567

設立:
1995年4月11日 ※関東プロパン瓦斯株式会社は1955年6月24日

地域貢献活動や『育ち合い』について:
リンク

事業内容:
LPガスの供給(直売)、LPガスの製造(充填)、卸、ガス機器の販売など

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事