logo

前回優勝者の2人が戻ってくる-第39回エンパイアステートビルディング・ランナップ

Empire State Realty Trust, Inc. 2016年01月20日 15時20分
From 共同通信PRワイヤー

前回優勝者の2人が戻ってくる-第39回エンパイアステートビルディング・ランナップ

AsiaNet 63156 (0078)

【ニューヨーク2016年1月20日PR Newswire=共同通信JBN】
*世界的タワーを駆け上がる頂上イベント、2016年2月3日水曜日に開催

Empire State Realty Trust, Inc. (NYSE: ESRT) は20日、2016年2月3日水曜日にMarmot(マーモット)の主催によるエンパイアステートビルディング・ランナップのため、前回優勝者のスージー・ウォルシャム氏とクリスチャン・リードル氏がニューヨークに戻ってくると発表した。

毎年恒例の第39回ランナップで競うことで、シンガポールのウォルシャム氏(42)とドイツのリードル氏(35)は、2015年に獲得したそれぞれのチャンピオンカップを守ろうとしている。全ての分野に高い能力を有する競争者が参加するイベントには、男子および女子のエリート部門で争う専門的なタワーランニング・スポーツのリーダーたちも含まれている。

▽選手の経歴および主な成績
*スージー・ウォルシャム氏(42)、シンガポール、2014年と2015年のレースで連続優勝、今年のエリート部門で注目を集める。昨年、12分30秒のタイムで6度目の優勝を飾り、女性による最多優勝の記録保持を続けている。
*クリスチャン・リードル氏(35)、ドイツ、昨年のMarmot主催のエンパイアステートビルディング・ランナップ男子部門で10分16秒のタイムで初優勝した。
*シンディー・ハリス氏(47)、米インディアナ州インディアナポリス、昨年のレースは14分22秒のタイムで4位となった。彼女は同イベントで4回優勝している。
*ダレン・ウィルソン氏(41)、オーストラリア、昨年は男子の招待レースで10分53秒のタイムで3位に入った。2014年は2位だった。

▽前回優勝者の話
*スージー・ウォルシャム氏
「困難な登り、有名なビル、厳しい国際競技の場という組み合わせにより、エンパイアステートビルディング・ランナップは世界の主要な階段レースの1つになっている。私は6度の優勝を達成するために長年、努力してきた。私は優勝回数を増やすことを試みるため、ニューヨークに戻ることに興奮している」

*クリスチャン・リードル氏
「エンパイアステートビルディング・ランナップは世界で最も有名なタワー競争なので、私にとって常に特別なレースだ。一方では、昨年はこのレースに優勝するという私の夢を実現できたので、今年は少しリラックスしている。他方では、期待が高まっているし、私はタイトルを守ることは一度優勝するよりも難しいということも分かっている」

▽エンパイアステートビルディング(Empire State Building)について
マンハッタン中心街にそびえ立つ高さ1454フィート(地上からアンテナまで)のエンパイアステートビルディングは、Empire State Realty Trust, Inc.が所有し「世界で最も有名なビル」である。「エネルギー効率、インフラ、公共区域、アメニティーへの新たな投資によって、エンパイアステートビルディングは世界中のさまざまな業界の一流テナントを引き寄せている。この摩天楼の堅固な放送技術はニューヨーク都市圏市場の全ての主要なテレビ局、FMラジオ局をサポートしている。エンパイアステートビルディングは、米国建築家協会が行った調査で米国の好ましいビルに選ばれ、エンパイアステートビルディング展望台は地域のナンバーワンの観光地として世界で最も愛されるアトラクションの1つである。エンパイアステートビルディングに関する詳しい情報は以下を参照。
www.empirestatebuilding.com
www.facebook.com/empirestatebuilding
@EmpireStateBldg
www.instagram.com/empirestatebldg
www.youtube.com/esbnyc
www.pinterest.com/empirestatebldg/.

▽Empire State Realty Trustについて
有力な不動産投資信託(REIT)のEmpire State Realty Trust, Inc.(NYSE: ESRT)は、世界で最も有名なビルであるエンパイアステートビルディングを含め、マンハッタンとニューヨーク大都市圏のオフィス、リテール資産を所有、経営、運用、買収、再配置している。ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く同社のオフィス、リテールポートフォリオは2015年9月30日現在で賃貸用面積が1010万平方フィートに上り、このうち940万平方フィートは14のオフィス資産(マンハッタンに9、コネティカット州フェアフィールド郡に3、ニューヨーク州ウエストチェスター郡に2)で、約72万4000平方フィートがリテールポートフォリオである。

▽Marmot Mountain, LLCについて
Marmot(マーモット)は、高性能なテクニカルウエア、アパレル、装備品を卸している受賞歴のある世界的ブランドである。Marmot製品は1974年以降、世界中の登山家、スキーヤー、山岳家、冒険家に着用されている。Marmotは、専門の山岳ガイド、世界クラスのスポーツ選手や遠征隊と協力し、製品の革新および技術の限界を押し広げ、地球上で最も厳しい環境の中で可能なものを開発している。Marmotについての詳しい情報はwww.marmot.comを参照。

▽Jarden Corporationについて
Jarden Corporationは、120以上の信頼性のある真正なブランドのポートフォリオを有する多角的、世界的な消費者製品の会社である。Jardenの強力な財務実績と本業成長の記録は、価値を高める買収や株主に集中的な資本配分とともに集中的な事業文化によって支えられている。Jardenは多くの有名なブランドを通じ、3つの主要な事業部門で運営されている。これらのブランドには、ブランデッド・コンシューマブルではBall(R)、Bee(R)、Bernardin(R)、Bicycle(R)、Billy Boy(R)、Crawford(R)、Diamond(R)、Envirocooler(R)、Fiona(R)、First Alert(R)、First Essentials(R)、Hoyle(R)、Kerr(R)、Lehigh(R)、Lifoam(R)、Lillo(R)、Loew-Cornell(R)、Mapa(R)、Millefiori(R)、NUK(R)、Pine Mountain(R)、Quickie(R)、Spontex(R)、Tigex(R)、Waddington(R)、Yankee Candle(R)およびYOU(R)、アウトドア・ソリューションではAbu Garcia(R)、AeroBed(R)、Berkley(R)、Campingaz(R)and Coleman(R)、Dalbello(R)、ExOfficio(R)、Fenwick(R)、Greys(R)、Gulp!(R)、Hardy(R)、Invicta(R)、K2(R)、Marker(R)、Marmot(R)、Mitchell(R)、PENN(R)、Rawlings(R)、Shakespeare(R)、Squadra(R)、Stearns(R)、Stren(R)、Trilene(R)、Volkl(R)およびZoot(R)、コンシューマー・ソリューションではBionaire(R)、Breville(R)、Cadence(R)、Crock-Pot(R)、FoodSaver(R)、Health o meter(R)、Holmes(R)、Mr. Coffee(R)、Oster(R)、Patton(R)、Rainbow(R)、Rival(R)、Seal-a-Meal(R)、Sunbeam(R)、VillaWare(R)およびWhite Mountain(R)が含まれる。フロリダ州に拠点を置くJardenは、Fortune 500で第348位を占め、世界中で3万5000人以上を雇用している。Jardenについての詳しい情報はwww.jarden.comを参照。

▽NYCRUNSについて
ニューヨーク都市圏における最大のランニングイベント運営会社であり、ブルックリン・アンド・セントラルパーク・マラソン(Brooklyn & Central Park Marathons)を含む30以上の独自イベントをプロデュースし、その他の多数のイベントのために技術的なバックボーンを提供している。NYCRUNSの顧客には、Empire State Realty Trust、Google、シティバンク、The New York Jets、ニューヨーク大学、コロンビア大学、ワイルコーネル大学、陸軍士官学校、The Brooklyn Cyclones、その他多くの世界クラスの組織・団体が含まれる。

▽問い合わせ先
UEG for Empire State Building
Rebecca Timms
Rebecca.Timms@uegworldwide.com

ソース:Empire State Realty Trust, Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。