logo

カラーコンタクトレンズに関する調査結果を発表、つけ心地や安全性を重視するユーザーが増加         

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー 2016年01月20日 13時30分
From Digital PR Platform


 「目の健康」を大切にする使い捨てコンタクトレンズ「アキュビュー(R)」を提供する、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社  ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役プレジデント:デイビッド・R・スミス)は、1月21日の「瞳の黄金比率(R)の日」(日本記念日協会認定)を前に、カラーコンタクトレンズ※に関する調査を発表します。
※調査は色つきコンタクトレンズ(サークルレンズ/カラーコンタクトレンズ)として実施。
 
◆カラーコンタクトレンズの使用を中止する10代が増加。安全性への意識が向上。
 カラーコンタクトレンズの使用を中止した理由を聞いたところ、「目に悪そう、安全性に不安を感じたから」が28.9%で3番目に入りました。10代(15~19歳)に限っては49.2%に上りました。
 昨今、カラーコンタクトレンズについては、眼科医の処方を 伴わない、大型ディスカウントショップやインターネット通販での購入や、不適切な使用による眼障害が問題視されてきましたが、様々な啓発活動が行われてきた結果、ユーザーの安全性に関する意識が高まってきたことがうかがえます。
※回答者:カラーコンタクトレンズを過去使用しており現在使用していない人(2015年10月J&J調べ) 


◆自然な範囲での瞳の変化を希望する人が増加。
メイクトレンドにあわせて使用製品を変えた人も。
 サークルレンズをつけることで、どのくらいの瞳の変化を希望するか聞いたところ、「周りの人には分かりにくいくらいの自然な 変化」が74.6%で、2014年と比べて9.5%増えました。
 また、1年以内に使用製品を変えた216名にその理由を 聞いたところ、60名(27.8%)が「メイクの好みが変わったから/メイクのトレンドが変わったから」と答えました。
 「抜け感」や「エフォートレス」など、ナチュラルなメイクやファッションがトレンドとなった2015年。カラーコンタクトレンズも、自然に瞳を大きく見せてくれ、瞳の色ともなじみやすいものが好まれる傾向にシフトしたことがうかがえます。
※回答者=カラーコンタクトレンズ使用経験者・使用意向者(2015年10月J&J調べ)


◆2016年、カラーコンタクトレンズ選びのポイントは、つけ心地と自然なデザイン! 
 今後使ってみたいと思うカラーコンタクトレンズの特徴を3つ選んでもらったところ、「一日中快適なつけ心地がつづく(40.6%)」、「うるおいが持続する(26.2%)」、「信頼できるメーカーの製品である(18.6%)」が上位にあがりました。
 つけ心地や安全性が重視されており、ここでも目の健康に関する意識が高まっていることがうかがえます。
※回答者=カラーコンタクトレンズについて使用意向が強い人 n=1144 1位から3位をつけた人の合計(2015年10月J&J調べ)


デザインに関しては、「黒目を自然な範囲で大きく見せてくれる(77.2%)」、「もとからの黒目のように見える(74.6%)」、「至近距離で見ても自然でつけていることが分かりにくい(74.2%)」が上位でした。
 また、2014年と比べて特にポイントがアップしたのは、「グラデーション状のデザインで瞳となじみやすい(9.0%UP)」、「自分の黒目の色とぴったりあった色(7.9%UP)」、「透明感のある着色で瞳となじみやすい(6.3%UP)」の3つでした。
※回答者=カラーコンタクトレンズ使用経験者・使用意向者 n=1147 5点満点で5点もしくは4点をつけた人の合計(2015年10月J&J調べ)

 2016年は、「グラデーション」や「透け感」のあるデザインで、自然な大きさの瞳になれるカラーコンタクトレンズがトレンドとなりそうです。また、つけ心地や安全性もカラーコンタクトレンズを選ぶ際のポイントとなりそうです。

瞳の黄金比率(R) とは…
黒目は大きければ大きいほど美しい、というわけではありません。
「1:2:1」の絶妙なバランスこそが、日本人の瞳をもっとも美しく見せるといわれています。

日本人の平均的な白目と黒目の比率は「1:1.5:1」※といわれており、その黒目が、約10%大きく見えると、瞳の黄金比率(R)「1 :2:1」に近づきます。 ※J&J調べ
レンズのふちのくっきりラインで黒目を大きく見せる1日使い捨てコンタクトレンズ「ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト(R)」は、輝きのデザインで、瞳の黄金比率(R)に近づけます。
※瞳の黄金比率(R)「1:2:1」にちなみ、毎年1月21日を「瞳の黄金比率(R)の日」 に制定しました。

<製品情報>
ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト<ナチュラル シャイン(R)> <ヴィヴィッド スタイル> <アクセント スタイル>

輝きのディファインは保湿※ へ 
レンズのふちのくっきりラインで黒目を大きく見せる1日使い捨てコンタクトレンズ、ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R)は、2014年7月、保湿タイプの ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト(R)に生まれ変わりました。

☆輝きのデザイン
日本人の瞳をもっとも美しく見せるといわれている瞳の黄金比率(R)(白目:黒目:白目の比率が1:2:1)に近づけます。また、着色部は、人の虹彩模様をもとにしたデザインなので、装用時、瞳によくなじみます。大きく見せながらも自然な 印象を保ち、虹彩とのコントラストにより立体感と輝きのあるデザインです。

<なりたいイメージやシーンに合わせて選べる3つのデザイン>

<ナチュラル シャイン(R)>
ナチュラルなきらめきと透明感 : クリスタルグレー×シャンパンゴールド

クリスタルグレーにシャンパンゴールドのハイライトをオン!
瞳本来のきらめきと透明感を損なわず、まるでもとからの瞳のように自然な印象のデザインです。着色部外径 12.7mm

<ナチュラル シャイン(R)>
ナチュラルなきらめきと透明感 : クリスタルグレー×シャンパンゴールド

クリスタルグレーにシャンパンゴールドのハイライトをオン!
瞳本来のきらめきと透明感を損なわず、まるでもとからの瞳のように自然な印象のデザインです。着色部外径 12.7mm

<アクセント スタイル>
凛とした、知的な輝き : ルーセントブラック

透明感のあるルーセントブラックが、さりげなく輪郭を際立たせる。凛として知的な印象のデザインです。着色部外径 12.5mm

※装用感には個人差があります。
※保湿:レンズに持続的に閉じ込められた保湿成分が、涙などの水分を保持(保水)します。

☆保湿 朝から夜までうるおって快適なつけ心地
コンタクトレンズをつけていて気になることの多い、目の乾き。ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト(R)は、「保湿成分」が涙を引き寄せて保湿する独自技術※1で、朝から夜までレンズのうるおいが長続き。だから、快適なつけ心地が1日中続きます。

☆レンズの着色部がズレにくい※2 
レンズの着色部が装用中にズレてしまったら、せっかくの目の印象にも影響が。ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト(R)は、この点に着目。レンズの着色部が瞳の中央からズレにくくなりました。

☆安全性への配慮
美しさは、健康から。これは、瞳においても同じです。ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト(R)は、瞳の安全性にもきちんと配慮しています。

・色素が直接瞳に触れないサンドイッチ構造
・着色部分も酸素が通る※3
・紫外線カット(紫外線B波を約97%、A波を約81%カット※4)

※装用感には個人差があります。※保湿:レンズに持続的に閉じ込められた保湿成分が、涙などの水分を保持(保水)します。
※1 ラクリオン(R) テクノロジー:当社独自のテクノロジー名。レンズ素材であるetafilcon Aに、涙の成分に似た保湿成分を取り込みました。
その保湿成分は持続的にレンズ内に閉じ込められ、装用時間中ずっと流出しません。
※2 レンズの着色部が瞳の中央からずれにくい。
※3 酸素透過率(Dk/L値) :33.3×10-9(cm・mLO2/sec・mL・mmHg) 測定条件35℃ (-3.00Dの場合)
※4 Johnson & Johnson VISION CARE, INC. データより。UV吸収剤を配合したコンタクトレンズは、UV吸収サングラスなどの代わりにはなりません。本製品の使用と、紫外線に起因する眼障害リスク低減の関係については、臨床試験において確認されておりません。


<製品概要>
ワンデー アキュビュー(R) ディファイン(R) モイスト<ナチュラル シャイン(R)> <ヴィヴィッド スタイル> <アクセント スタイル>
内容:1箱30枚入り
価格:オープン価格
承認番号:22300BZX00126000
販売名:ワンデー アキュビュー ディファイン モイスト  
効能・効果:視力補正、虹彩又は瞳孔の外観(色、模様、形)を変えること。

◎コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
◎特に異常を感じなくても定期検査は必ず受けるようお願いいたします。
◎ご使用前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。






本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事