logo

インフォシスが第3四半期決算を発表、収益は米ドル換算で0.6%増

インフォシス 2016年01月15日 17時25分
From 共同通信PRワイヤー

インフォシスが第3四半期決算を発表、収益は米ドル換算で0.6%増

AsiaNet 63100 (0062)

【バンガロール(インド)2016年1月14日PR Newswire=共同通信JBN】
インフォシス(NYSE:INFY)は14日、2015年12月31日までの第3四半期(Q3)決算を発表した。

*Q3の逐次収益の伸びは米ドル換算で0.6%増、恒常為替レートで1.1%増
*Q3の前年比(YoY)収益の伸びは米ドル換算で8.5%増、恒常為替レートで12.5%増
*2016会計年度のガイダンスは2015年12月31日の為替レートでは、恒常為替レートで12.8%-13.2%、米ドル換算で8.9%-9.3%増加
*取引の伸びは四半期比3.1%増
*人員は単独ベースで13.4%減
*grassroots innovation(草の根イノベーション)運動の採用継続とAikido提供

▽財務ハイライト
2015年12月31日までの四半期の国際財務報告基準(IFRS)に基づく連結決算

2015年12月31日までの四半期
*売上高は当四半期に24億700万ドル
*そのQoQ(前四半期比)の伸びは報告ベースで0.6%増、恒常為替レートで1.1%増
*そのYoYの伸びは報告ベースで8.5%増、恒常為替レートで12.5%増
*営業利益は当四半期に5億9900万ドル
*そのQoQの伸びは1.8%減
*そのYoYの伸びは1.2%増
*純益は当四半期に5億2400万ドル
*そのQoQの伸びは0.9%増
*そのYoYの伸びは0.4%増
*現金および現金相当物、売却可能な金融資産、政府債券を含む流動資産は、当四半期末で47億6500万ドル、2015年9月30日時点は48億9400万ドル

Logo: リンク

インフォシスのビシャル・シッカ最高経営責任者(CEO)兼マネジングディレクターは「われわれはインフォシスの社内に創造的な確信が開花しつつあることを知っている。それは、イノベーションは1部署に限られたものではなく、われわれすべての中にある能力であり、完全な創造的潜在能力が解き放たれるのを待っているというデビッド・ケリーの素晴らしいアイデアである。われわれは、インフォシスがイノベーターとなり、個々のプロジェクトにイノベーションとクライアントの価値をもたらすことを知っている。この確信は、学び力を付けるという社風からのみ生まれるものであり、これこそわれわれが創り出そうと努力している企業である。草の根イノベーションとともに、われわれはAikidoサービスを一層採用しようとしており、社員のスキルとイマジネーションを拡大するため、インテリジェントシステム、オートメーション、ソフトウエアの能力をもたらそうとしている。この組み合わせはこの四半期に伝統的な季節性とさらなる逆風があるにもかかわらず、心強い結果を生みだす支援となり、一貫して利益を生む成長に向けた当社戦略の遂行を強化する」と語った。

U・B・プラビン・ラオ社長兼最高執行責任者(COO)は「この四半期の取引の堅実な成長は勇気づけられる。労働日を減らし、追加の研修生への投資は、四半期の柔軟な価格決定と活用につながった。従業員の関与を重視する姿勢は、人員削減の中で利益を生んでいる。われわれは引き続き政策を簡素化し、社内に大きな機敏性を実現し、生産性の推進を目標にする」と語った。

M・D・ランガナト最高財務責任者(CFO)は「われわれは当初予想を上回って当四半期を乗り切ることができた。われわれは引き続きこれからの四半期に多くの方策を通じ、業務効率を強化することに注力していく」と述べた。

▽展望(注)
IFRSに基づく2016年3月31日までの会計年度の同社展望(連結)は以下の通り。

*売上高ガイダンスは恒常為替レートで12.8%-13.2%増
*売上高ガイダンスは2015年12月31日時点の為替レートに基づいて、米ドル換算で8.9%-9.3%増

(注)為替レート:AUD/USD - 0.73、Euro/USD - 1.09、GBP/USD - 1.48

▽投資と買収
*石油・天然ガスの最新情報管理コンサルティング・サービスの有力プロバイダーであるNoah Consulting, LLCの買収を完了
*エリート・スポーツチームに成果最適化システムを提供する初期段階企業WHOOPへの投資およびクラウド・マイグレーションとクラウドベースの障害復旧(DR)ソフトウエアを提供する新興企業CloudEndureへの投資

▽ビジネスハイライト
インフォシスは引き続きサービスの概念を再考する大きな機会があるとみており、ソフトウエアおよびプラットフォームとともに、最高の人的能力を持ち込み、われわれを取り巻く世界のデジタル化移行を推進する。

▽人工知能(AI)への投資
インフォシスは12月、人工知能(AI)を開発、前進させ、われわれすべての利益のために世界の最高のAI人材を寄せ集める非営利組織OpenAIに参加することを発表した。このイニシアチブは、同社が実行中のAIへの努力に重要な新次元を付加する。

▽クライアント関係の深さの強化
インフォシスはQ3において既存の大規模契約の更新、新たなアカウントの開設、4つの大きな取引契約を含め、主要クライアントとの関係を強化した。

鉄道輸送のグローバルリーダーであるALSTOMは、アプリケーション・エンジニアリング、開発、メンテナンスの次世代サービスに加え、ITコストの削減、ユーザー体験の改善、製品設計プロセスの効率向上に向けた製品ライフサイクル管理のためにインフォシスを指名した。

三菱航空機(MITAC)の主力機MRJ90は、処女テスト飛行を完了した。インフォシスは胴体構造の幾何的設計でMITACを支援し、オートメーションを通じて継続的な改良を行い、コストとサイクルタイムを削減した。

インドにあるメルセデス・ベンツの研究・開発センターはインフォシスと提携し、APAC地域の15カ国でデータセンター、ネットワークオペレーションの完璧な支援を行い、機敏性とオートメーションを強化し、業務コストを削減した。

▽Zero Distanceを通じたGrassroots Innovation(草の根イノベーション)を提供
すべてのプロジェクトでイノベーションを進め、すべての従業員がイノベーターになる力を付けるインフォシスのプログラムZero Distanceは、Q3でも成長を続けた。Q3末までにインフォシスのデリバリー組織の90%は、既存プロジェクトで何らかのイノベーションを達成し、作業指示書の目標を超えた。多くのクライアント調査で認められたように、同組織のイノベーションの割合は向上し、Zero Distanceは同社の最もインパクトのある魅力的な運動として従業員に対する意識調査で認められた。

TNTのService Delivery部門長のマシュー・ペギー氏は「われわれがインフォシスと提携してから12カ月、同社は一貫して対応し、期待を超えた。当社の複雑なアプリケーションに721以上のアプリをシームレスに移行する作業は、8カ国にわたり5500回のSMEセッションを通じインフォシスの手で行われ、提携関係の堅固な基盤の確立への支援となった。その後、Zero Distanceイニシアチブの一環として、インフォシスはTNTに付加価値を提供するため数え切れない機会を積極的に見つけてくれた。例えば、メッセージング・アプリに基づく当社のメーンフレームをモニターするために作成した非侵襲的オートメーションは、インシデントの早期探知と自動解明を可能にし、より高度なビジネスの安定性を与えた。双方向の視覚ダッシュボードの作成に基づき数多くの追加的な開発も進んでおり、それによってさらなるサービス向上と業務効率を進めることができる。われわれはインフォシスとの提携関係が当社事業にさらなる価値を提供するよう支援してくれると確信している」と語った。

▽Aikidoサービスを通じてイノベーションを推進
当社はあらゆる業界で当社のAikidoサービスを引き続き採用する。なぜなら、クライアントは自らのIT領域の秩序を乱さず(Ki)、新しいプラットフォームと技術を活用して新しい機会を開き(Ai)、Design Thinkingの能力を使って大きな問題解決の方法を見いだす(Do)ために当社の支援を望んでいるからである。

ノルウェーのDNB Bankは、アプリケーションの領域を変革するために当社を選択した。当社はAiKiDoを適用し、ノレッジベースの秩序を乱さないリニューアルを活用してDNB Bankのすべてのデータクラスター、データウエアハウジング・サービス、法令順守リポート、ERP機能を進化させる。当社はIT運用およびデータ処理の効率を向上させ、同銀行のデータクラスターにおいてDesign Thinkingを開発イニシアチブに提供する。

コメルツ銀行は複数年にわたるアプリケーション管理プログラムのために当社を選択し、銀行のポストトレード・ユーティリティーを開発し、Design Thinkingの原則とAiKiDoの枠組みを活用し、アプリケーション・アーキテクチャーを簡略化し、プロセスを標準化し向上させ、コスト効率を増進した。

▽Infosys Information Platform(IIP)は現時点で200件の契約を上回り、30件で製造中
ATPのマリー・シュワルツベルク上級副社長(IT・デジタルメディア担当)は「インフォシスがわれわれの提携にもたらした技術リーダーシップをうれしく思う。インフォシスが同社のオープンデータ分析プラットフォーム、すなわちInfosys Information Platform(IIP)を使ってBarclays World Tourファイナルで示したことは、テニスがファンやスポーツにとってはるかにエキサイティングであることを実証した。適時にゲーム展望の提供支援をする適切な考察を見つけるために大量のデータを分析することはATPにとって初めての経験だった。われわれはこのようなエキサイティングなイニシアチブをインフォシスとともに数多く開発し、すべての人がテニスの経験を考え直すことに寄与したい」と語った。

▽Infosys Automation Platform(IAP)は121件の契約を上回り、47件が製造中
ProximusのOperation Team Manager(販売・発注担当)であるエリック・ケイメス氏は「IAPは当社がドメイン発注において複数の複雑なプラットフォーム上、例えばOracle、Unix、さまざまなGUIで、大量のデータ処理を自動化することに役立つ。これは作業を大幅に軽減することに役立つとともに、従来のスクリプト作成に比べ短時間でプロダクション問題があった場合に膨大な訂正を行うことにも役立っている。Proximusにとって、追加費用なしで100万ユーロの節約ができたことを実感した。また、顧客に対しより優れたサービスを提供する上でも寄与しており、当社のKPIおよび政策決定タイムラインを向上させた。インフォシス・チームがこのアイデアを思いつき、Proximusと協力して、それを実装してくれたことを高く評価している」と語った。

▽Panaya、Skava、Edgeソフトウエア製品は引き続き大幅に採用される
北米の大手貨物鉄道BNSF RailwayはインフォシスのPanayaが持つ深いインパクト分析能力を活用して、同社のミッションクリティカルなSAPプラットフォームの週ごとの発表において、リスクベースのテスト、自動化されたテスト結果撮影、テストの加速化を導入した。

Skavaは世界中のクライアントから強い引き合いがあり、このプラットフォームを通じたブラックフライデー・ホリデーの週末トラフィックとモバイルコマース販売は前年比50%増を記録した。

EdgeVerve事業は勢いを保っており、FinacleおよびEdgeソリューションがさまざまな市場で24件の契約を獲得し、25件が稼働している。

現時点で151件以上のDesign Thinking契約がクライアントと成約し、6万9000人以上の雇員がDesign Thinkingでトレーニングを受けた。

AimiaのInternational Coalitionsのジャンピエール・リップス社長は「インフォシスはDesign Thinkingを使用した市場戦略およびロードマップでAimiaを支援してくれた。Design Thinkingは強力な効率的メソッドで、ほんの3日間でさまざまな部門で働くチームに集中的思考をもたらした。このアプローチによってAimiaは市場および顧客のコアニーズを判断できるようになるとともに、当社チームはその心を開き、あらかじめ決められたアイデアを押し付けるのではなく、創造的なソリューションを考えるようになった。われわれはその他のイニシアチブでもこのメソドロジーを活用していきたい」と語った。

▽賞および評価
Corporate Citizen of the Year Award' at the Economic Times (ET) Awards 2015を受賞

ガートナーの2015年11月のMQ for Application Testing Services Worldwideでリーダーに指名された(注)

HfS Research IoT Services Blueprint Report 2015で「Winner's Circle」の仲間入りをした

Everest Group調査でデジタル戦略の最も今日性があるブランドの1つに選ばれた

Worldwide PLM Strategic Consulting 2015でIDCによってリーダーに選ばれた

Finacle Mobile Bankingソリューションが「The Forrester Wave(TM):Mobile Banking Solutions, Q4 2015」リポートの中でForrester Reseach, Inc.によってリーダーに指名された

(注)ガートナーはその調査出版物に記載されたいかなるベンダー、製品、サービスも支持することはなく、最高の評価またはその他の指定を受けたベンダーのみを選択するよう技術ユーザーに助言することもない。ガートナーの調査出版物はガートナーの調査組織の意見で構成されており、事実の記述として解釈されるべきではない。ガートナーは商品性または特定目的のための適合性の保証を含め、明示的であれ暗示的であれ、この調査に関するすべての保証を拒否する。

▽取締役の異動
取締役会は1月14日、プニタ・クマール・シンハ(Punita Kumar Sinha)博士をIndependent Directorに即時発効で任命した。

キャロル・M・ブラウナー(Carol M. Browner)氏は2015年11月23日付で取締役を辞任した。取締役会は同氏が取締役として提供したサービスに対し深い感謝の意を記録した。

取締役会はジェフリー・S・レーマン(Jeffrey S. Lehman)教授を同社のIndependent Directorに4月14日付で任命することを提言した。任期は2年間で、2018年4月13日まで同役職を務め、ローテーションで辞任する義務はない。レーマン教授のIndependent Directorとしての現在の任期は2016年4月13日に満了する。この任命は株主の承認を必要とする。

▽事業を超えて
今四半期、インフォシスは企業の社会的責任(CSR)のために27億ルピーを計上し、この大半は同社慈善事業部門のInfosys Foundation(インフォシス財団)を通じて出資される。

第3四半期に、Infosys Foundation USAは幾つかの新規資金提供を行い、米国のすべての公立学校においてComputer Science Educationおよびプログラミングへのアクセスを拡大、これによって学生、とりわけ女性と過小評価されているマイノリティーの人々が将来の労働力に必要とされるデジタル技術を取得するために平等な利用機会を得ることができる。Computer Science Education Week 2015を祝って、財団は米国の非営利団体に5つの新規資金提供を行い、10以上のコンピューターサイエンス・ブートキャンプを開催した。

Infosys Science Foundation(ISF)は2015年11月13日、エンジニアリング・コンピューターサイエンス、ヒューマニティー、生命科学、数理科学、物理学、社会学のInfosys Prize 2015の6部門における優勝者を発表した。

▽インフォシス社(Infosys Ltd.)について
インフォシスはコンサルティング、テクノロジー、アウトソーシング、次世代サービスにおけるグローバルリーダーである。同社は、50カ国余りのクライアントが新興ビジネス動向で1歩先んじ、競争に打ち勝つことを可能にする。同社は戦略的識見と優れた実行力を結合する共同開発の画期的ソリューションによって、クライアントが変化する世界で変革し成功するよう支援する。

年間売上高92億米ドル、19万3000人余りを雇用しているインフォシス(NYSE:INFY)がいかにして企業の変革を支援するとともに、価値を生み出す新たな手段を創出しているかはウェブサイトリンク を参照。

▽問い合わせ先
Investor Relations
Sandeep Mahindroo
+91 80 3980 1018
Sandeep_Mahindroo@infosys.com

Media Relations
Sarah Vanita Gideon, India
+91 80 4156 3373
Sarah_Gideon@infosys.com

Pilar Elvira Wolfsteller
+1 510 944 4596
Pilar.Wolfsteller@infosys.com


Infosys Limited and subsidiaries  

Unaudited Condensed Consolidated Interim Balance Sheets as of

                                 (Dollars in millions except equity share data)


                                         December 31, 2015        March 31, 2015

ASSETS
Current assets
Cash and cash equivalents                      4,455                   4,859
Available-for-sale financial assets               68                     140
Trade receivables                              1,641                   1,554
Unbilled revenue                                 450                     455
Prepayments and other current assets             747                     527
Derivative financial instruments                   8                      16
Total current assets                            7,369                  7,551
Non-current assets
Property, plant and equipment                   1,517                  1,460
Goodwill                                          560                    495
Intangible assets                                 157                    102
Investment in Associates                           16                     15
Available-for-sale financial assets               255                    215
Deferred income tax assets                         78                     85
Income tax assets                                 718                    654
Other non-current assets                          101                     38
Total non-current assets                        3,402                  3,064
Total assets                                   10,771                 10,615
LIABILITIES AND EQUITY
Current liabilities
Trade payables                                     20                    22
Derivative Financial Instruments                    1                    -
Current income tax liabilities                    448                   451
Client deposits                                     5                     4
Unearned revenue                                  211                   168
Employee benefit obligations                      192                   171
Provisions                                         73                    77
Other current liabilities                         980                   927
Total current liabilities                       1,930                 1,820
Non-current liabilities
Deferred income tax liabilities                    40                    25
Other non-current liabilities                      24                     8
Total liabilities                               1,994                 1,853
Equity
Share capital- `5 ($0.16) par value 2,400,000,000
(1,200,000,000) equity shares authorized, issued
and outstanding 2,285,619,380 (1,142,805,132), net
of 11,325,284 (5,667,200) treasury shares as of
December 31, 2015 (March 31, 2015), respectively   199                   109
Share premium                                      570                   659
Retained earnings                               10,550                10,090
Other reserves                                      -                     -
Other components of equity                      (2,542)               (2,096)
Total equity attributable to equity holders of the
company                                           8,777                8,762
Non-controlling interests                            -                   -
Total equity                                      8,777                8,762
Total liabilities and equity                     10,771               10,615


Infosys Limited and subsidiaries  

Unaudited Condensed Consolidated Interim Statements of
Comprehensive Income   
                    (Dollars in millions except share and per equity share data)


                             Three months Three months  Nine months  Nine months
                                   ended        ended        ended        ended
                             December 31, December 31, December 31, December 31,
                                   2015         2014         2015         2014

Revenues                           2,407        2,218        7,055        6,552
Cost of sales                      1,512        1,360        4,435        4,057
Gross profit                         895          858        2,620        2,495
Operating expenses:
Selling and marketing expenses       130          124          388          362
Administrative expenses              166          142          482          430
Total operating expenses             296          266          870          792
Operating profit                     599          592        1,750        1,703
Other income, net                    121          136          362          419
Share in associate's profit / (loss    -            -            -            -
Profit before income taxes          720          728        2,112        2,122
Income tax expense                  196          206          593          607
Net profit                          524          522        1,519        1,515
Other comprehensive income
Items that will not be
reclassified to profit or loss:
Re-measurement of the net defined
benefit liability/(asset)            1          (2)          (1)          (6)

Items that may be reclassified
subsequently to profit or loss:
Fair value changes on
available-for-sale financial asse     1            8           3           16
Exchange differences on
translation of foreign operations    (69)        (169)       (448)        (428)
Total other comprehensive income,
net of tax                           (67)        (163)       (446)        (418)
Total comprehensive income           457          359        1,073        1,097

Profit attributable to:
Owners of the company                  524        522        1,519        1,515
Non-controlling interests             -            -            -            -
                                       524        522        1,519        1,515
Total comprehensive income
attributable to:
Owners of the company                  457        359        1,073        1,097
Non-controlling interests              -            -          -            -
                                       457        359        1,073        1,097
Earnings per equity share
Basic ($)                             0.23         0.23       0.66         0.66
Diluted ($)                           0.23         0.23       0.66         0.66
Weighted average equity shares
used in computing earnings per
equity share

Basic                     2,285,619,380 2,285,610,264 2,285,614,573 2,285,610,264


Diluted                   2,285,732,052 2,285,654,792 2,285,715,960 2,285,630,846

脚注
1.2015年12月31日まで3カ月、および9カ月の監査されていない中間要約連結貸借対照表と中間要約連結包括利益計算書は、2016年1月14日に行われた取締役会で記録された。

2.当社の業務メトリックスに関する概況報告書はwww.infosys.com からダウンロードすることができる。

3.2016年1月15日の特別配当株発行により、前期の株式勘定と1株当たり利益(EPS)は修正されている。

IFRS-INR Press Release:
リンク

ファクトシート: リンク

ソース:Infosys

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。