logo

株式会社WAKAZEは、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、四季折々の日本酒を楽しめる「開発プロジェクト」の活動資金の調達を1月15日より開始しました

株式会社WAKAZE 2016年01月15日 16時00分
From PR TIMES

季節ごとに合った造りをすることで、「同じ米・同じ酵母」から作るにも関わらず全く異なる味わいになる日本酒として『四季酒(しきしゅ)』を開発し、お届けします。

WAKAZEはクラウドファンディングサービス「Makuake」にて、四季折々の日本酒を楽しめる「開発プロジェクト」の活動資金の調達を1月15日より開始。季節ごとに合った造りをすることで、「同じ米・同じ酵母」から作るにも関わらず全く異なる味わいになる日本酒として『四季酒(しきしゅ)』を開発。また、春のリターンの1つとして、「あまり日本酒に馴染みのない」といった女性や若い方など向けに、春の花見などに持っていくのに最適なカクテルキットも開発する。



[画像1: リンク ]


株式会社WAKAZE(東京都港区)は、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて、四季折々の日本酒を楽しめる「<四季酒>開発プロジェクト」の活動資金の調達を1月15日より開始しました。

本プロジェクトでは、季節ごとに合った造りをすることで、「同じ米・同じ酵母」から作るにも関わらず全く異なる味わいになる日本酒として『四季酒(しきしゅ)』を開発し、お届けします。
四季酒は、その季節に沿った造り方をすることで、同じ米・酵母から作るにも関わらず四季折々に異なる味わいを楽しむことができ、日本の四季をより深く感じられることをコンセプトとした4つのお酒です。お酒は季節ごとのタイミングで送り届けられるので、一年間通じて旬の日本酒を楽しめます。

また、春のリターンの1つとして、「あまり日本酒に馴染みのない」といった女性や若い方など向けに、春の花見などに持っていくのに最適なカクテルキットを用意しました。日本酒はそのままで楽しむだけでなく、カクテルにしたり器を変えたり温度を変えるなどすることで、全く違う個性を発揮するという可能性を秘めています。今回はまず「日本酒をカクテルとして楽しむ」という体験を提供したく、カクテルキットの開発に挑戦いたしました。こちらは「花見セット」として大堀相馬焼のオリジナルぐい呑みと同封予定です。

[画像2: リンク ]



WAKAZEは今後も、”楽しい体験”を可能にする日本酒を生み出していくことを通じて、飲む人の裾野を日本の若い世代や海外にも広げていき、世界に”和”の風を送り込んでいきます。
「日本の四季」を表現した新しいコンセプトの日本酒、ぜひご支援ください!

クラウドファンディング「Makuake」プロジェクトページはこちら↓
四季折々の日本酒を楽しむ!WAKAZE×凛による<四季酒>の開発プロジェクト
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。