logo

母校で実践女子“学縁”成人式 -- 実践女子学園高等学校の平成25年度卒業生が参加 -- 実践女子学園・実践桜会共催

大学プレスセンター 2015年12月26日 08時05分
From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。

実践女子学園高等学校(東京都渋谷区/校長:嶋野恵子)は、2016年1月11日(月・祝)に成人を迎える同校の平成25年度卒業生(257名)を母校に招待し、「祝 成人の会」を学園の公式行事として開催する。この催しは2013年の開催以来、今回で4度目の開催。


 2012年以前は、卒業生たちが自主的に成人の集いを学外のホテルなどで開催しており、出席した教員から、実践女子学園で一緒に学んだ仲間や恩師とともに“学縁”での成人式を祝ってあげたいという声が寄せられていた。そして、3年前に実践女子学園と同学園卒業生の同窓会組織である「実践桜会」との共催により、同校の桃夭館に卒業生を招待し、学園の公式行事として「祝 成人の会」を開催、今回で4回目の開催を迎える。

 同校の嶋野恵子校長は「就職や結婚といった人生のターニングポイントに、ぜひ立ち戻りたい学園、生涯の母校(母港)となる学園であり続けたいと考えています。そのひとつの取り組みとして、本学園の同窓会組織である「実践桜会」と、「実践女子学園」との共催により、新成人を6年間思い出が沢山詰まった渋谷の学び舎に招待して“祝 成人の会”の開催を始めました。これまでに参加した卒業生新成人からは大変好評で、今回4回目の“祝 成人の会”を開催いたします」と述べている。

 「祝 成人の会」への招待状は当時の高3所属の先生方にも送付されており、新成人を迎える同学園卒業生たちは、6年間学んだ母校で、仲間たちや恩師と一緒に成人式を祝うこととなる。
 「祝 成人の会」では、高校卒業時の先生方からのお祝いスピーチや、晴れ着姿で集まった参加者全員の記念撮影などを予定しており、新成人にとって素晴らしい式典となるよう準備を進めていく。

◆「祝 成人の会」 概要
【日 時】 2016年1月11日(月・祝)16:00~19:00
【会 場】 実践女子学園桃夭館桜講堂/カフェテリア・ラウンジ(東京都渋谷区東1-1-11)
【式次第】
●第1部
16:00 
・ご挨拶 実践女子学園理事長 井原徹
・ご挨拶 実践桜会理事長 浦上淳子
・ご挨拶 実践女子学園中学校高等学校長 嶋野恵子
・高校卒業時の先生方からお祝いスピーチ
・懐かしのDVD放映
・写真撮影
●第2部
17:00 祝宴(於:カフェテリア・ラウンジ)
・乾杯  実践ときわ会会長 古藤黎子
・出席者からのお礼の言葉
19:00 閉会
 
■実践女子学園概要
 同学園は近代女子教育の先駆者である下田歌子の「女性が社会を変え、世界を変える」との信念の下、1899(明治32)年5月7日に創立された。
 2019(平成31)年に迎える創立120周年に向け、渋谷へのキャンパス移転、日野キャンパスの大規模改修および学科の新規開設など、多岐にわたる教学改革を推進している。また、社会貢献事業として「下田歌子研究所」を学園内に開設し、学祖の事績を再研究、発信するとともに、女子学園として男女共同参画社会の実現に向け積極的に行動、「教育内容のさらなる充実と質の向上」を据え、設置全学校挙げての改革に取り組んでいる。

▼本件の取材に関する問い合わせ先
 実践女子学園 総合企画部広報担当/山口義憲、林 鶴代
 TEL: (042)585-8804
 E-mail: koho-ml@jissen.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事