logo

Payvision、PayPlazaに戦略的投資を発表

JCN 2015年12月16日 17時00分
From JCN Newswire


AMSTERDAM, Dec 16, 2015 - ( JCN Newswire ) - 世界でも特に成長著しいグローバルアクワイアリングネットワークのPayvisionは、金融サービス界でも特に革新的な大手決済ソフトウェア会社のPayPlazaとの戦略的投資と契約締結を完了したことを、本日発表しました。両社のパートナーシップを通じて、中核部分に消費者を取り込んだ加盟店向けのend-to-endパーソナライズ決済エコシステムが生まれます。また、この合同ソリューションの独自アーキテクチャにより、クロスボーダー電子商取引処理の円滑化とオムニチャネルプラットフォームの一元化が可能になります。

PayvisionはPayPlazaの戦略的投資家となることで、グローバル支払処理オファリングに革新的で柔軟なPOS/mPOSソリューションを追加し、加盟店と協力してオムニチャネル機能性のある一元化された処理システムを展開できます。ユーザーエクスペリエンスは一貫したものとなり、加盟店は消費者に統合されパーソナライズされたショッピング機能を提供できます。

「オムニチャネルパッケージにより、加盟店はマルチベンダ戦略から脱却し、支払処理すべてに完全に統合されたend-to-endプラットフォームを実装する機会を得ます。お客様はPayvisionのグローバルカード処理エクスペリエンスや、PayPlazaの革新的なPOS/mPOS技術に加えて、カード、代替およびPOS決済機能を搭載したAcaptureの包括的な集金PSPプラットフォームを活用して、中央インターフェースと統合レポート機能のあるオムニチャネルツールのフルスイートを利用できるようになりました。」と、Payvision COOのGijs op de Weeghは述べました。

加盟店の関心は多くのチャネルとプラットフォームに参加していることにあります。オンライン、オフライン、モバイル、ソーシャルなどすべてがこの間にあります。PayvisionとPayPlazaは、ユーザーエクスペリエンスを合理化し、加盟店の戦略をお客様中心主義に戻し、事業成長を促進できます。

「オムニチャネルオファリングの開発推進にPayvisionが採用されたことに、喜んでいます。PayPlazaと加盟店は、Payvisionグループとグローバルネットワークの一員となることで、規模の経済や、支払処理分野での豊富な知識と長年の経験のメリットを享受します。Payvisionのグローバルアクワイアリングおよび処理に関する専門知識は、PayPlazaの望む国際的発展を後押しし、加盟店が選択できるパートナーをさらに増やします。」と、PayPlaza CEOのEdgar Plasaは述べました。

Payvisionについて

2015 Payments Awardで『最優秀加盟店アクワイアラ/処理業者』賞を獲得したPayvisionは、世界でも特に成長著しいグローバルアクワイアリングネットワークです。グローバル決済市場で10年以上事業を続けているPayvisionには、電子商取引市場におけるグローバルアクワイアリングおよび支払処理に関する膨大な知識があります。Payvisionは、非常に効果的でセキュアな取引処理プラットフォームを通じて、クロスボーダー電子商取引の複雑さを軽減します。Payvisionはグローバルアクワイアリングプラットフォーム、年中無休24時間のサポート、150種以上の取引通貨、ハイエンドなレポート作成インターフェース、堅固なリスク管理ソリューションを銀行、PSP、ISO、加盟店に提供し、お客様の地理的プレゼンスの拡大の支援に努力しています。Payvisionは世界のさまざまな地域でのプレゼンスを通じて、承継銀行のグローバルネットワークを擁するまでになり、全世界で300社以上の信頼できるビジネスパートナーと5,000以上の加盟店を結びつけ、年間1億件以上を処理しています。

Acaptureは最新のグローバルオムニチャネルPSPで、現代のオンライン加盟店が決済処理や国際的な成長にあたって直面する障害を解消する決済ソリューションを設計しています。Acaptureのシステムには、複数の関係者が関わる取引を簡素化する分割決済機能や、データ分析を向上する柔軟なレポート機能、ひとつのRESTful APIを使って一日で完了する統合機能、合理化された調整プロセス、20種の電子商取引プラットフォームプラグインが搭載され、人気の代替決済法50種以上と取引通貨150種以上を取り扱い可能です。このようにシンプルかつ柔軟で信頼性の高いAcaptureは、特に世界の新興市場トップ25か国などで、国際販売のコンバージョンを最大化する際にもっとも効果を発揮する決済プラットフォームを提供しています。

Payvisionの本社はアムステルダムにあり、過去10年間に米国ニューヨーク州、ユタ州、サンフランシスコ、マドリード、ロンドン、トロント、シンガポール、東京、香港、マカオ、オークランドなど40か国以上に地理的プレゼンスを拡大しました。

PayPlazaについて

PayPlazaはヨーロッパの大手決済ソフトウェア会社です。PayPlazaはベネルックス地域で3番目の規模のPOS決済ソフトウェア企業で、専任の支払専門家40人により管理・運用されています。2010年以来PayPlazaは、POS (Point-of-Sale)カード承認用の独自ソリューションを擁し、真のオムニチャネルエクスペリエンスを実現する革命的な支払プラットフォームを開発してきました。PayPlazaソリューションは2012年からヨーロッパで展開を開始し、すべての言語と通貨、および数種のローカルデビットのスキーム、各国独自の要件などをサポートしてきました。

そのプラットフォームはPCIレベル1の認定を受けており、point2point暗号化技術をすべて包含し、もっとも厳しい国際セキュリティ規制に適合しています。PayPlazaの本拠はアムステルダムにあり、アイントホーフェンとマドリードに事務所があります。現在はパートナーと合わせてヨーロッパ11か国で活動中です。同社は2013年アクセンチュアアワードで「金融サービスでもっとも革新的な企業」賞を獲得し、3桁の成長率を記録し、米国、ラテンアメリカ、アジアでさらなる拡大を続けています。

次をフォロー: Twitter @payvision、LinkedIn、Facebook、YouTube、Corporate blog

Twitter: リンク
LinkedIn: リンク
Facebook: リンク
YouTube: リンク
Corporate blog: リンク

お問い合わせ情報
詳しくは、下記にお問い合わせください。
Floriana Cristea
コーポレートPR &ソーシャルマーケティングマネージャー
メール: press@payvision.com
Web: www.payvision.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事