logo

MapR、新製品の「MapR Streams」を発表、業界初かつ唯一のコンバージド・データ・プラットフォーム を提供

高スループットのストリーミングで「流れるデータ」と「保存されたデータ」の両方の処理を対象に

Apache Hadoop ディストリビューションのトップランクに位置付けられているMapR Technologiesは、本日、業界初、かつ唯一のコンバージド・データ・プラットフォームと新製品「MapR Streams(マップアール ストリームス)」を発表いたします。MapR Streamsは、高い信頼性を有し、データの提供側と利用側を情報の共有により結びつけるグローバルなイベントストリーミングシステムです。MapRコンバージド・データ・プラットフォームは、ファイルやデータベース、ストリーミング処理、分析を統合し、データ駆動型アプリケーションの実現を加速して、台頭するIoT(モノのインターネット)のニーズに応えます。


MapR Streamsがコンバージド・プラットフォームに統合されることにより、あらゆる業種や業界、企業、組織はストリーミングデータを継続的に収集、分析し、データに基づく行動をリアルタイムに実行することが可能になります。多くの企業では、ビッグデータの継続的な分析により重要なイベントや決定的なイベントに対応できる能力が求められています。例えば、広告配信事業者にとっては消費者に対するリアルタイムで最適な割引やサービスの提示、ヘルスケア事業者にとっては一人ひとりに適したパーソナライズされた治療、流通小売事業者にとっては在庫管理の最適化、通信事業者にとっては携帯電話のサービスエリアの動的な調整が重要な課題です。

MapR Streamsは、大量のデータフロー処理と長期間のデータ保存に対応するために容易に拡張することが可能です。同時に、高い可用性と災害対策、セキュリティ、データ保護といったエンタープライズで求められる機能も提供されています。
従来の他の分析用システムのアプローチでは、複数のシステムで運用することよりデータがサイロ化され、またグローバル・レプリケーション等エンタープライズで必須の機能も欠けていました。MapRはそれとは異なり、「data-in-motion 」(流れるデータ)と 「data-at-rest」(保存されたデータ)をひとつのコンバージド・データ・プラットフォームに統合する唯一のシステムとして提供されます。これにより、データの重複や移動を削減するとともに、複数プラットフォームのインテグレーションや運用管理コストを抑え、革新的な最新型のアプリケーションを開発することが容易になります。

MapR TechnologiesのProduct ManagementのSVP, Anil Gadreは次のように述べています。
「ワールドクラスのApache HadoopとApache SparkをトップランクのNoSQLデータベースと統合し、今、さらに高い信頼性を持つ世界規模の継続的なストリーミング基盤が加わりました。これにより企業はビッグデータを利用した次世代アプリケーションを開発できるようになります。これは大きな前進でしょう。MapRは、ビッグデータを扱うための主要な要素をすべて統合し、企業がビッグデータの利用により競争優位な立場を得られるように支援するというビジョンを今後も加速していきます。」

ガートナー社は、IoTが台頭する時代に関して以下のように述べています。
「ITの進展により従来の業務も最適化され進歩してきましたが、特に台頭するIoTのデータフローにおいてはまったく新しい要求が現れてきています。その要求というのは、ハードウェアやネットワーキング、また特に種々の新しいタイプのデータを処理し、安全に保管し、配信できるインフォメーション・マネージメント・テクノロジーに関するものです。これらは従来利用していたデータ容量や速度がまったく小さく見えるほどのけた違いに大きなものなのです」1

comScore社CTOのマイケル・ブラウン氏は、今回のMapR Streamsの発表に関して以下のように述べています。
「MapRはデータ中心のビジネスのためのソリューションを提供する企業として最前線にいます。同社は、現代のビッグデータに関する課題に適切に対処するための核となるアーキテクチャーを備える、最良のビッグデータ・プラットフォームを提供しています。当社のシステムは1日に650億以上の新しいイベントを分析しています。MapR Streamsはこれらのイベントをリアルタイムで取り込み、かつ処理できるよう設計されています。この製品を利用することでお客様により高い次元の製品を提供する機会が開かれたことになります」

MapR Streamsの導入により、開発者は統合されたグローバルデータプラットフォームの能力を活用し、次のことが可能になります。

・スケーラブルで高スループットの継続稼働するストリームを、数千もの場所をまたいで容易に構築できるようになります。MapR Streamsは、何百万ものトピックスや何十億ものメッセージを処理します。
・ 分析、トランザクション、ストリーム処理を1つに統合し、レイテンシーやデータの重複を削減して、クラスターの散在を解消します。同時に、Spark Streamingや Apache Storm、Apache Flink、Apache Apexといった既存のオープンソースプロジェクトの利用も可能です。
・ 自動フェイルオーバーおよび順序一貫性の確保により、安定したメッセージ配信が可能です。
・ サイトを跨ぐレプリケーションによりグローバル規模のリアルタイムアプリケーションの構築を可能にします。
・ ストリーム内のすべてのメッセージを容量無制限に保存可能です。

出荷予定時期とその他の情報

MapR Streamsは2016年初旬に販売開始の予定です。・ MapR Streamsの詳細は以下でご確認ください。
リンク

・あらゆる業界でイベントストリームの重要性が高まっている現状を詳しく知りたい方はBloor Groupによるホワイトペーパーをご確認ください。
リンク

・コンバージド・データ・プラットフォームを詳しく説明したビデオはこちらをご覧ください。
リンク

・弊社パートナーのMapR Streamsに関する声はこちらをご確認ください。
リンク

・データの活用方法をお知りになりたい方は、Webセミナーにご参加ください。
リンク

1. Gartner, “Predicts 2015: Information Infrastructure Technology Rewrites, Refreshes Rules, Merv Adrian et al., 19 December 2014

■マップアール・テクノロジーズについて
MapRは、トップランクのHadoopおよびSparkをグローバルイベントストリーム、リアルタイムデータベース、エンタープライズストレージに統合した業界唯一のコンバージド・データ・プラットフォームを提供し、顧客がデータの持つ巨大なパワーを活用できるように支援しています。ミリ秒単位の応答が求められる不正検知、安全で高可用性が求められるヘルスケアにおけるデータ主導の洞察、侵入検知のためのペタバイト規模の分析、カスタマーエクスペリエンス向上のための業務処理と分析処理の統合など、厳しい要件を伴う製品ニーズを持つ企業がMapRを利用しています。ほとんどの顧客は12ヶ月以内に投資の回収を達成し、5倍以上のROIを実現しています。MapRは、ワールドクラスのプロフェッショナルサービスと、4万5千人の開発者、データアナリスト、システム管理者がビッグデータスキルの習得に利用した無料オンデマンドトレーニングを通して、顧客の成功を確実なものにします。また、アマゾン、シスコ、グーグル、HP、マイクロソフト、SAP、テラデータは、MapRの強力なエコシステムパートナーです。投資家には、Google Capital, Lightspeed Venture Partners, Mayfield Fund, NEA, Qualcomm Ventures, Redpoint Venturesが名を連ねています。MapRは米国カリフォルニア州に本社を置き、東京都千代田区に日本法人を構えています。
ホームページ: リンク
Facebo   : リンク
Twitter  :リンク
Hadoop総合情報サイト:リンク

■お問い合せ先
マップアール・テクノロジーズ株式会社 営業部
Tel: 03-6386-0920  Email: sales-jp@mapr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。