logo

ペドーシスト監修による女性用インソール『WALKING BALANCE(R)』

株式会社コロンブス 2015年12月15日 10時30分
From 共同通信PRワイヤー

2015年12月15日

株式会社コロンブス

~脱ぎたい靴が、履きたい靴になる!~
ペドーシスト監修による女性用インソール
“靴の内底と足裏の形状の不一致”を調整し、
パンプスを履く時の足の痛みを軽減・解消
『WALKING BALANCE(R)』

 靴クリームと靴用品メーカーの株式会社 コロンブス(本社:東京都台東区、社長:服部達人)は、パンプスを履く時の痛みを軽減・解消するインソール『WALKING  BALANCE(R)』を発売しています。
 足の痛みに悩む人のために「矯正中敷」を提供するペドーシストである福岡宜子(ふくおかよしこ)氏の監修により開発されたこのインソールは、痛みの原因である“靴の内底と足裏の形状の不一致”にアプローチします。歩行時の体重の負荷に合わせて形状が変化することで、不一致によるズレを防ぎ、吸いつくような履き心地を実現します。
  
■合う靴が見つからない! 靴に悩みのある女性のためのパンプス用インソール
 どんな服にも合わせやすく女性らしい印象となる靴といえば、パンプスです。履きやすいため年代を問わず人気の靴ですが、サイズを合わせて靴を選んでいるにもかかわらず、履いているうちに疲れや痛みを感じる場合があります。家に帰って早く脱ぎたい!足を休めたい!と思ったことのある女性は多いのではないでしょうか。
そのような合わない状態が続くと、外反母趾などの骨の変形や、膝・腰の痛み、魚の目など皮膚疾患を引き起こす場合もあるので、無理に履くことは避けたいものです。

■ペドーシストの監修によるインソールを開発
 そのような悩みのある方に、使用の習慣をつけていただきたいのがパンプス用の中敷き『WALKING  BALANCE(R)』です。
開発にあたっては、米国でペドーシストの資格を取得し、これまで約20年間にわたり足のトラブルを持つ6万人以上の人を診断している福岡宜子(ふくおかよしこ)氏に監修をお願いし、パンプス着用時の痛みを軽減・解消インソールを開発いたしました。

■トラブルの原因である足裏の立体形状に着目し、前ズレを解消
 福岡氏によると、足が痛くなる原因は“靴の内底と足裏の形状の不一致”にあるそうです。どんなにサイズ(長さや幅)が合っていても、かかとの大きさやアーチの深さなどの足裏の立体形状が理想的な形から離れていると、足と靴のフィット感が悪く、緩んだ部分ができ、歩く度に“前ズレ”を起こします。その繰り返しが足に負担をかけ、痛みや疲れを引き起こします。 
 そのため、福岡氏のフットケアサロンでは、相談者一人ひとりの足裏の形状に合わせ、歩行時にズレを起こしにくくする「矯正中敷」を提供することで、痛みの軽減・解消をはかっています。
 その理論に基づいて開発された本商品は「足靴一体」をコンセプトに設計し、素材に用いたスチレン系エラストラマーが、歩行時の体重の負荷に合わせて形が変化し足を支えます。痛みの原因であった形状の不一致を解消し、吸いつくような履き心地を実現しています。

■特許に基づき、微細に調整した37パーツにより構成
 インソールの表面はフラットに見えますが、実は37の特長により構成された複雑な構造になっており、理想的な足の立体形状を導くように微細な傾斜や凹凸がつけられています。この上に足を乗せて馴染ませると、一人ひとりの足裏の形状にフィットし、前ズレを効果的に防ぎます。この構造については福岡氏が特許を取得しており、日本のインソールでは初の特許を採用した製品となります。(弊社調べ)

■モニターとともに開発し最適な素材を採用
 この製品は、ペドーシストの理論に基づき設計されましたが、完成までには、多くの方にモニターに参加いただき、その声を参考にしながら製品化を進めました。
 モニター参加者は、福岡氏のサロンで相談を受けている、足のトラブルを抱える女性たちです。素材の選定にあたっては、原料の配合率や加工を微細に変えたさまざまなサンプルを試作。試し履きをしてもらい、率直な感想をいただき、その歩く姿を福岡氏がチェックすることで、もっとも適した素材を選定することができました。
 完成品を試したモニターからは、「足に靴がぴったりついてくる」といった前ズレを防止する効果に対する評価の声をいただいています。また、前ズレを防止することで重心が正しくかかと側で保たれ「かかとに体重が乗りやすく力を抜いて歩ける」「立ちっぱなしでも足が楽でいられる」といった快適性に対する評価もいただいています。

 一人ひとり違う足裏の形状と内底の間に使うことで、フィット感を高め、歩行のバランスを整えるこのインソール。しまったままにしている靴や、これから新調する靴に取り入れて、痛みから解放された歩行をお楽しみください。
『WALKING  BALANCE(R)』の概要は、次の通りです。

『『WALKING  BALANCE(R)』の概要
● 価 格: 2,500円(税抜き価格)
● 販 路: 全国のデパート・小売店・量販店
● 内容量: 1足分(2枚入り)
  サイズ: 女性用Mサイズ(22.5 cm~23.5cm) 、女性用Lサイズ(24.0 cm~25.0cm)
● 色: クリア、ブラック
● 素材と特長:
 歩行時の足の痛みを軽減・解消する女性のパンプス用インソールです。
 ペドーシストの資格を持つ、福岡宜子(ふくおかよしこ)氏の監修によるインソールです。
 靴のサイズが合っていても痛みが起きる原因は、“靴の内底と足裏形状の不一致”にあります。本品は歩行時の体重の負荷に合わせて変化し足を支えることで、不一致をアジャスト(調整)し、足と靴を一体化します。
 足に吸い付くような装着感をもたらし、快適な歩行をサポートします。

福岡宜子(ふくおかよしこ)氏 プロフィール
 ニューヨークのペドーシスト養成学校「EPI」に留学し、ペドーシストの資格を取得。1992年に同校とのジョイントにより日本初のペドーシストによるサロン「フットケアコンフォートセンター」を開設。6万人を超える人の足をチェックし6,300人以上に矯正中敷を提案している。


●使用法
 本品の効果を最大限に引き出すためには、正しい装着が不可欠です。
 裏面接着部の剥離フィルムをはがさず、本品の裏に刻印してある右<R>左<L>を確認し、次の手順で装着してください。
1.カカトが自分に向くようにパンプスを持ち、剥離フィルムの<→>マークが右側に来るようにつま先側から挿入します。その後、本品のかかと部分をパンプスのカカトと隙間ができないように配置してください。
2.本品のつま先部分がパンプスの内底の中央にくるように配置します。両サイドの余白が同じ幅になるようにすると中央に配置できます。
3.正しい位置に配置できたら本品の中央部分をしっかり押さえ、かかと側の剥離フィルムを<→>方向に引き抜きます。引き抜いたら、本品のかかと側を強く押さえパンプスの内底としっかり密着させてください。
4.つま先側剥離フィルムをかかと側と同様に、中央部分を押さえながら引き抜き、つま先側を強く抑え密着させます。もう片足も同じ手順で装着します。
● 使用上の注意:
 本品は靴の中の正しい位置で長期にわたってご使用いただくため、裏面シールの接着剤が大変強い仕様となっています。そのため他の靴への付け替えはできません。また使用中止時に取り外す際、パンプスの中敷き表面がはがれたりする恐れがありますのでご了承ください。
 土ふまず部分が盛り上がっているなど、パンプス本体の中敷きが立体形状のものには使用できません。
 足に痛みを感じたらすぐに使用を中止してください。
 本品は治療用ではありません。血行障害・糖尿病の方、足裏に傷・湿疹・はれものなどのある方は医師に相談の上ご使用ください。
 未使用時は直射日光を避け、なるべく湿度の少ない乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
 使用中に表面が汚れた際は、布でやさしく拭いてください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。