logo

2016年モバイル・ワールド・コングレス フレンチテック・パビリオン出展

スペイン、バルセロナ 2月22日~25日 同時開催:4YFN(Four Years for Now)にも参加

フランス経済の国際化を促進する政府機関であるビジネスフランスは、2016年2月22日~25日、バルセロナで開催されるモバイル・ワールド・コングレスにおいて今年で連続10年目となるフレンチテック・パビリオンを主催します。モバイル・ワールド・コングレス(MWC)は、世界の携帯通信会社、サービス事業者、コンテンツ・プロバイダーが集まる重要な国際見本市です。フレンチテック・パビリオンには130以上の革新的な中小企業およびスタートアップが出展します。

フレンチテック・パビリオンには、ブルターニュ、イル・ド・フランス、ミディ・ピレネー、プロヴァンス=アルプ=コートダジュールなどの様々な地域圏パートナーのほか、イル・ド・フランスのクラスター「システマティック・パリ・レジオン」、プロヴァンスの「ソリュシオン・コミュニカント・セキュリゼ」も出展します。
フレンチテック・パビリオンは、この見本市の参加国のパビリオンとしては最大級の615平方メートルの会場を占めます。ホール5の4ブロック(5B21 / 5B41 / 5B61 / 5B71)、そして「APP PLANET(アプ・プラネット)」の展示会場ホール8.1の2ブロック(8.1D41 / 8.1E49)です。出展企業はテレコム分野の多岐にわたり、携帯アプリケーション、インフラ、モバイル広告及びマーケティング、モバイル・ゲーム及びアクセサリー、エンジニアリング・サービス、金融サービスなどで活躍する企業です。
日本、ドイツ、ブラジル、中国、スペイン、インド、イスラエル、イタリア、英国、ロシア、シンガポール、その他アジア圏のビジネスフランス事務所がフレンチテック・パビリオン開催に協力し、出展フランス企業と外国の主要グループ(ZTE、ファーウェイ、バーティ・エアテル、サムスン、テレフォニカ、スペイン・ボーダフォン)とのBtoBの商談を仲介します。

ビジネスフランスは、モバイル・ワールド・コングレスと並行して、2015年2月22日~25日に今回初めて120m²のフレンチテック・パビリオンを4YFNにも出展します。場所はバルセロナの歴史が感じられるモンジュイック地区。スタートアップ企業が100か国以上から集まるVCやメディアの前でピッチを行います。
モバイル・ワールド・コングレスにはデジタル業界の著名人が来訪し、特にフレンチテック・パビリオンではフランスのイノベーションの優れた点を紹介します。

4YFN(Four Years for Now)について
4YFNは成長するグローバルなテクノロジー関連スタートアップ企業のコミュニティの拠点です。スタートアップ、投資家、及び企業間の長期的な関係を築くビジネス・プラットフォームとなっています。
公式サイト(英語):リンク


この見本市では数々の革新的な技術が紹介されます。その一部をご紹介します。

ジロプティック(GIROPTIC)は、360°の静止画像及び動画を撮影するカメラを提案します。3個の魚眼レンズで8Mpxの静止画及びフルHDの動画を撮影し、特殊なアルゴリズムを使ってデータを統合し、360°の静止画及び動画を作成します。360camは、通常の三脚に対応し、水中撮影(付属品が必要)もでき、さらに電球代わりに取り付けて監視カメラとして利用すること(別の付属品が必要)も可能です。撮影した画像はUSB経由でデータファイルとして保存でき、Wifiを利用してライブストリーミングとして送信することもできます。ジロプティックは、キックスターターで140万ユーロ以上の資金調達に成功した最初のフランス企業です。

レジェ(LEDGER)は、セキュリティ、ICカード、暗号化、オンボード装置分野で優れた実績をもつ共同設立者の知識を結集してできたフランスのスタートアップ企業です。50か国以上で「Ledger Nano(レジェ・ナノ)」を発売し、ビットコインの国際的なエコシステムの代表として認められるようになりました。パリの「シリコン・サンティエ」にオフィスとショールーム、フランスのヴィエルゾンに生産拠点、サンフランシスコに新設の子会社を有するこの若手企業は、今回初めて資本調達に成功し、ブロックチェーン技術を安全で誰でも簡単に利用できるものにすることを目指して、新製品の開発を進めています。

ワサ(WASSA)は、Webとモバイル性を専門とする革新的な企業で、最適化したデジタル・ソリューションの設計と開発を行っています。高度な技術を武器に、コンピュータ・ビジョン分野の研究に基づく革新的な機能を統合することによって強力な差別化を提案します。ワサは、2015年11月16日~12月18日に開催されるビジネスフランスのアクセラレーション・プロジェクト「アクセレラテック・チャイナ」に参加し、審査員を務めます。

レッド・テクノロジー(RED TECHNOLOGIES)は、電気通信分野のエンジニアリング企業です。無線環境の地図データ化による無線周波数スペクトルの画期的な管理ソリューションを開発・販売しています。特許取得のソリューションは、政府機関、テレコム企業、携帯電話事業者向けに提供しています。地理位置を特定したデータベースにより、数百MHzの無線周波数スペクトルを利用可能にし、世界規模で爆発的に増大するモバイル・インターネットの利用に対応します。レッド・テクノロジーのソリューションは、現在策定中のLicensed Shared Access (LSA)の普及、ライセンス不要のダイナミックな未使用領域(ホワイトスペース)の利用、無線環境の地図データ化(無線環境マップ)を促進します。

フレンチテック・パビリオンに出展するフランス企業の一覧は次のWebサイトをご覧ください(英語):
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。