logo

第5回「食とアートのコラボレーション」、今回は地方創生大学連携事業の一環として箱根での開催(主催:神奈川工科大学、箱根体験型食育プログラム実行委員会) -- 神奈川工科大学

神奈川工科大学 2015年12月09日 08時05分 [ 神奈川工科大学のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform


第5回「食とアートのコラボレーション」、今回は平成27年度地方創生大学連携事業の一環として1月23日(土)・24日(日)に箱根で開催する。(主催:神奈川工科大学、箱根体験型食育プログラム実行委員会)


◆第5回「食とアートのコラボレーション」
 フード&アート エクセレンス ―五感を使って印象派を読み解く―
【開催日】
・ディナー&ステイコース 2016年1月23日(土)、24日(日)
・ランチコース 2016年1月24日(日)
【会 場】
 ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ(宿泊・食事・音楽)
 ポーラ美術館(アートレクチャー・絵画鑑賞)
【主 催】
 神奈川工科大学
 箱根体験型食育プログラム実行委員会(正式名称:平成27年度 地方創生大学連携事業「箱根温泉のソ−シャルキャピタルを利用した体験型食育プログラムの構築事業」実行委員会)
【協 力】 ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ、ポーラ美術館
【募集人数】 ランチコース 約50名,ディナー&ステイコース 約60名

※お申し込み等、詳しくは下記アドレスにてリーフレットをご参照ください。
 リンク

  「マインドフルイーティング」。心豊かに食事をすることを私たちはこのように呼んでいます。五感(視覚、嗅覚、聴覚、触覚、味覚)をフルに使い、そこに、親しい人との食卓があれば、より深い満足感が得られ、ひいては心身の健康につながるはず。

 そんな体験をお届けしようと、神奈川工科大学では2010年度より、食とアート(絵画と音楽)を融合させた体験イベントとして、「食とアートのコラボレーション」を毎年1回実施してきました。今回は、初の試みである箱根でのイベントとなります。

 テーマは「五感を使って印象派を読み解く」。キュレイターの林綾野さんによる印象派のレクチャーを、この時代の絵画コレクションが充実しているポーラ美術館で行います。美術館では、レクチャーの前後に心ゆくまで作品をご鑑賞いただけます。

 さらに、ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパのラウンジでは、ジャズピアニストのHakuei Kimさんに、印象派からインスピレーションを受けて書き下ろした新作も、披露していただけます。食前あるいは食後のライブ演奏をじっくりお楽しみください。

 お待ちかねの食事は、大学の栄養生命科学科の学生と熟練のシェフのコラボレーションです。同ホテルの金山康弘総料理長は、フランスで10年以上の実績を持つ実力派。栄養生命科学科の学生が印象派を象徴するキーワード「光」「色」「調和」の中から「調和」をテーマとしてレシピを考案。総料理長と彼のチームがそれを受けて、印象派を読み解き、洗練のお皿に仕立てます。

 絵画と音楽と食事――五感すべてで感じる時間。箱根で皆様をお待ちしております。

▼取材に関する問い合わせ先
 神奈川工科大学 担当:西口 磯春
 〒243-0292 神奈川県厚木市下荻野1030
 TEL : 046-291-3151
 E-mail: nishiguc@sd.kanagawa-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。