logo

働く女性の半数以上が、飲み過ぎた日は化粧をしたまま就寝、翌日は朝食を抜いていることが判明!

株式会社decencia 2015年12月08日 13時22分
From PR TIMES

~お酒を飲む機会が増える忘年会シーズン、アルコールで乾燥肌が進行!?~



12月に入り、忘年会シーズンを迎えました。これからの時季は忘年会のみならず、クリスマス、年越し、そして新年会など、楽しいイベントが多い反面、遅くまでお酒を飲んだり食べたりする機会が増えることによって、 睡眠不足や不規則な食事が体に大きな負担をかけてしまいます。また、冬本番の到来による過酷な外部環境は、体のみならず肌にとっても大きな負担となります。

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「decencia[ディセンシア]」を展開する株式会社decencia(本社:東京都品川区、代表取締役社長 小林 琢磨)は、20~40代の働く女性223名に対し、忘年会シーズンの飲酒に関する意識調査を行いました。
その結果、約7割の女性が忘年会シーズンにアルコールを飲む回数や量が増えると回答し、そのうち週に3日以上飲むという人が45%と半数近くに上りました(データ1.) 。さらに、お酒を飲んだ後の行動について聞いてみると、化粧をしたまま就寝してしまう方が56%、翌日の朝食を抜いてしまう方が54%と、どちらも半数を超える結果となりました。 (データ2.)

アルコールの飲み過ぎは、不規則な生活を招いてしまうと同時に、肝臓に蓄積されるビタミンAが減少するため、皮膚の抵抗力を強化する働きが弱まり、乾燥による肌トラブルも起こしやすくなります。つまり、乾燥肌を進行させてしまう危険性があるのです。
また、飲み過ぎてしまうと、家に帰るのがやっとで化粧をしたまま寝てしまう…というのも起こりうるシチュエーションですが、皮脂の汚れやメークと混じり合い、空気にさらされ酸化して“肌サビ”(=過酸化脂質)状態を起こします。“肌サビ”は、通常の油を放置し酸化して褐色してしまった油と一緒の状態で、放置してしまうと肌荒れの原因にも繋がります。
さらに、お酒を飲んだ翌日はできるだけ寝ていたかったり、あまりお腹が空かないという理由で朝食を抜いてしまう人も多いようですが、ポーラ調べによると、朝食を抜くと角層のはがれ具合が悪くなることがわかっており、肌の潤いを保持する力や保護する力が弱まって角層状態の悪化を招いてしまうことが明らかとなっています。(データ3.)。

また、この時季は外部環境にも大きな変化があります。最低が10℃台だった11月から、12月は平均気温が10℃以下まで下がりますが、それと同時に湿度も下がり、平均湿度はなんと50%以下になります。肌の理想の湿度は70~80%と言われ、一日の大半を過ごすオフィスなどの室内は暖房で乾燥していて、戸外より20%も下がります。さらには、ポーラ調べによると、角層のはがれ具合が悪い人の割合が大きくなるのは、12月ということが判明しており、忘年会シーズンはまさに肌表面の潤いをつくる角層状態が悪化している時季といえるのです。(データ3.)

つまり、忘年会シーズンの肌は、アルコールや不規則な生活習慣によってダメージが及ぼされているのに加えて、厳しい乾燥環境にさらされながら、自ら潤いを作る力も弱くなっている状態。肌へのダメージが大きくなり、負のスパイラルを起こしがちな時季です。乾燥注意の季節だからこそ、飲み過ぎた時にしっかりケアをして、肌の乾燥速度を抑えましょう。ディセンシアでは、飲み過ぎてしまったときのアフターケアをご提案いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【データ1.】忘年会シーズンはアルコールを飲む機会が増加!

[画像1: リンク ]

---------------------------------------------------------------------------------
【データ2.】飲み過ぎてしまった後でついついやってしまう生活習慣とは!?[画像2: リンク ]



※ディセンシア調べ
【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:20~40代有職者女性223名
調査期間:2015年11月24日~2015年11月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【データ3.】生活習慣と季節による角層状態の変化
[画像3: リンク ]

※ポーラ調べ(アンケートと角層採取試験)
【調査概要】
調査期間:2000年と2001年の8~11月
調査対象:20~69歳女性
調査対象:261名
※グラフの割合を占める値についてはポーラ厳秘のため非公開。
[画像4: リンク ]

※ポーラ調べ(APEX肌データ)
【調査概要】
調査期間:2005年~2007年
調査対象:初回分析者のみを抽出
調査対象:20~40代女性1,345,683人
※グラフの割合を占める値についてはポーラ厳秘のため非公開。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
飲み過ぎた後は、保湿と抵抗力をあげるアフターケアがおすすめ!
肌はしっかり保湿&体の毒素を除去して抵抗力を強化★

<飲み過ぎ後は、まず保湿!いつものお手入れにひと手間加えて保湿成分をしっかり肌の奥に届けましょう★>
両手でつつんで温める
お手入れの際には頬を両手でつつみこむように。体温で温まり、浸透性がアップするのと同時に肌状態もしっかり確認できます!
[画像5: リンク ]

※保湿力抜群!ディセンシアのオススメ商品
アヤナス AS クリーム
URL:リンク
ホットタオルでしっかり浸透・くすみ知らず
スキンケアの仕上げにホットタオルでしっかり浸透。ホットタオルは濡らして固く絞ったタオルをサランラップで包み、電子レンジで20秒チン♪即席スペシャルケアで顔色イキイキ!更に、血行促進のために首の側面にある太い血管をホットタオルで温めれば、顔色がパッと明るく♪
※素肌につける化粧水もいつもの1.5倍ほどの量で丁寧に重ねづけを。肌が手に吸いついてモチモチとしてくるまで保湿をしましょう。

<アルコール分解を促進し、体の抵抗力を高める食べ物がおすすめ!肌の抵抗力を上げるためには『朝食』から★>
朝食は『ビタミンA』豊富の食材で♪
ビタミンA は、バター、チーズ、卵黄などの動物性食品に含まれています。ビタミンAは皮膚や粘膜の抵抗力を強化する働きがあり、不足すると皮膚や粘膜の乾燥・視力の低下などを引き起こす恐れがあります 。また他には、体内でビタミンAに変換されるものは植物性食品が多く、緑黄色野菜に含まれています。
今が旬の『柿』はお酒のお共に★
柿には、ポリフェノールの一種であるタンニンが多く配合されており、その量なんと赤ワインの50倍もあります。タンニンは二日酔いの元凶であるアセトアルデヒドの分解を促進する働きがあります。他にも、アルコール分解酵素、肝臓の機能を高めるアミノ酸など、肝臓の負担を減らしてくれます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
decencia(リンク
ディセンシアお客さまセンタ―窓口一覧
■ご注文専用窓口 0120-714-885
ご注文、お届け日・お申込み商品の変更について
■お問い合わせ専用窓口 0120-714-115
商品・お肌についてのご相談、商品の返品・交換、
定期お届けサービスの解約、お支払関連、その他お問い合わせについて
※月~金10:00~20:00/土10:00~17:00 (日・祝はお休み)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。