logo

200万部超えのベストセラーが読みやすくなって帰ってきた『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』発売 電子書籍100円セール実施&WEB「男脳?女脳?診断テスト」公開

株式会社主婦の友社 2015年12月05日 19時00分
From PR TIMES

2015年12月11日(金)発売



 
[画像1: リンク ]



 株式会社主婦の友社は、12月11日(金)に『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』を発売いたします。本書は、日本では2000年に単行本『話を聞かない男、地図が読めない女』が、2002年には文庫版『話を聞かない男、地図が読めない女』が発売され合計279万部を発行した大ベストセラー書籍の新装版です。オーストラリア在住のアラン・ピーズとバーバラ・ピーズ夫妻が、男女の考え方や行動の違いは、脳が使われていたり反応する場所や、分泌されるホルモンの違いによって引き起こされるということを解説したものですが、この度内容を全面的に見直し、「要点やポイントを日本の読者にわかりやすく伝える」「厚すぎる本はちょっと苦手という人でもすぐに読める」の2点を徹底して再編集し、ベストセラーを楽しく読めるように工夫いたしました。

 「女って何でこんな行動するの?」「男が考えていることって全然わからない!バカじゃないの」と一度でも思ったことがあれば、その原因や解決法がまるわかりの必読の一冊です。楽しく読みながら、男女の人間関係の悩みはこれで解決します。

 今回、「新装版」の紙版書籍の発売に合わせて、電子書籍版も同時発売。まだ本書を読んだことない人も、かつて読んだことはある方にも本書に触れていただく機会を増やすため、期間限定で電子書籍版の100円キャンペーンを実施いたします。

 さらに、書籍内に掲載された脳のパターンが男っぽいか、女っぽいかを調べる「男脳・女脳テスト」を誰でも体験できるよう、簡易バージョンをWEB上でも公開いたします。




男と女が衝突するのは太古からの原因があった


 その昔、男は狩りに出かけて獲物をとらえることが役割だったので、いつ獲物に殺されるかもしれない状況でムダなおしゃべりをする余裕などありません。いっぽう女はその間、女同士で群れをなして男が食料を持ってくるのを待っています。そこでは、周りの女と衝突せず、その場の空気を壊さないために本音を隠してコミュニケーションする、たくさん会話をすることが重要でした。これが男と女の基本的な性質をつくり、すれ違いの根本だと本書では説いています。



脳から分泌されるホルモンが原因だった!


ではいったい、そうした行動を引き起こす原因は何か?答えは脳から分泌される男性ホルモンや女性ホルモンです。これが男女の違いを引き起こしているわけです。



男の方が車の縦列駐車が得意なのはなぜ?


 イギリスの自動車学校の調査によると、ぴったり縦列駐車ができる男性は82%いたのに対し、女性は22%しかいなかったという結果が残っています。これはなぜか? 男性の方が空間を認識する能力が高いためです。これもその昔に狩りに出ていた男に必要な能力だったからだともいわれています。



こんなに違う男と女の脳


[画像2: リンク ]


【男の脳の中心にあるのは・・・】
「SEX」ずばり「セックス」


[画像3: リンク ]


【女の脳の中心にあるのは・・・】
「Need for Commitment hemisphere」つまり、「何にでも口に出したい欲求」



【電子書籍100円キャンペーン 実施】

 2015年12月5日(土)19:00~12月10日(木)1:59までの「楽天スーパーSALE」の期間にあわせ、電子書店「楽天kobo」リンク にて、ご予約をいただくと、通常電子書籍の1,263円(税込)のところ100円(税込)でご購入いただけます(ダウンロードは12月11日から可能)。また、電子書店「honto」 リンク では12月11日(金)~17日(木)の期間、同じく100円(税込)で販売いたします。

★電子書籍100円キャンペーン★
【楽天kobo】 12/5(土)19:00~12/10(木)1:59
リンク

【honto】 12/11(金)~12/17(木)



【あなたの脳は男脳?女脳?診断テスト】

10の質問に答えていくだけで、男脳なのか女脳なのかがわかります。
リンク

[画像4: リンク ]




書誌データ


[画像5: リンク ]



タイトル: 新装版 話を聞かない男、地図が読めない女
著者:アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ
訳者:藤井留美
定価:紙版 本体1300円+税 / 電子版 本体1,170円+税
ISBN 978-4-07-402550-3
四六判 256ページ

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事