logo

がんと診断された時からの緩和ケアの実現を目指して「STOP!がんのつらさ」キャンペーンをスタート~「がんのつらさを周囲に伝える大切さ」を知ってもらうサイトを公開!~

塩野義製薬株式会社 2015年11月27日 13時00分
From PR TIMES

がんのつらさをご家族や医療従事者と共有する「つたえるアプリ」を公開!~患者さま・ご家族・医療従事者のコミュニケーションを活性化させるスマートフォン用アプリ~

塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」)は、がん患者さまやご家族を対象にした「STOP! がんのつらさ」キャンペーン、患者さま・ご家族・医療従事者のコミュニケーションを活性化させるアプリ「つたえるアプリ」を2015年11月25日より実施・公開いたしました。



日本人の2人に1人が、がんになる時代。がん治療は進歩しているものの、長期間にわたる治療を必要とする患者さまも少なくありません。ご家族や医療従事者が、患者さまのつらさを理解することが、治療へのモチベーションの向上やQOL(Quality of Life)維持・向上のためにますます必要です。

「STOP!がんのつらさ」キャンペーンでは、より多くの患者さまやご家族に「がんのつらさを伝える大切さ」を知っていただくために、どんな時にでもがまんしてしまう「がまん侍」をキャラクターにしたサイトを公開いたしました。

サイト内では、「がんのつらさとは」「つらさを伝える」「がんの痛みをとる治療」などのコンテンツや、海外クリエイターによるコンテスト受賞作品をご覧いただけます。

また、スマートフォン用アプリ「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」を、2015年11月25日より公開いたしました。当アプリは、患者さま・ご家族・医療従事者のコミュニケーションを活性化させるためのツールです。

塩野義製薬は、「常に人々の健康を守るために必要なもっともよい薬を提供する」という経営理念のもと、がん患者さまの「痛みからの解放」を目指し活動してまいりました。今後も「がんと診断された時からの緩和ケアの実現」のため、がん患者さまやご家族・医療従事者へ向けた情報収集・提供活動を行ってまいります。

「STOP! がんのつらさ」キャンペーンと「つたえるアプリ」の概要

1.「STOP! がんのつらさ」キャンペーン

より多くの患者さまやご家族に「がんのつらさを周囲に伝える大切さ」を知っていただくために、YouTubeなどで啓発活動を行ってまいります。

▼「STOP! がんのつらさ」キャンペーンサイト:
リンク

                      キャンペーンサイト
[画像1: リンク ]


        「がまん侍」ムービー         海外クリエイターによるコンテスト受賞作品
[画像2: リンク ]

2. 「つたえるアプリ~つらさを和らげるために~」

当アプリは、がん治療中の身体とこころに起こるつらさについて、患者さまが正しい知識を学び、医療従事者に適切につたえることをサポートするためのコミュニケーションツールです。


監  修 : 森田達也先生(聖隷三方原病院 副院長・緩和支持治療科部長)
料  金 : 無料
制  作 : 株式会社ウェルビー
[画像3: リンク ]



【iOS】 リンク
【Android】 リンク
ダウンロード方法: アプリ専用ストアからダウンロード


【記録する】毎日の「痛み」「だるさ」「眠気」などの症状の記録や「気になることのメモ」を登録します。

        トップ           症状の記録入力           登録完了
[画像4: リンク ]



【つたえる】記録した症状とメモは、スマートフォン内でグラフや表で表示、またマイカルテから印刷可能です。印刷したデータを診察時にもっていくことで医師に症状を伝えやすくなります。

      トップ              振り返り             マイカルテ
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。