logo

「システム開発入門教材」をオンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)に公開

オンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で「システム開発入門」教材が今なら割引30%OFFキャンペーン開始!

オンライン学習サイト「動学.tv」運営、eラーニング制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表本多成人、資本金1億1470万円)は、視聴期限なしのオンライン学習プラットフォームUdemy(ユーデミー)で、「システム開発入門」映像教材が今なら30%割引のキャンペーンを11月20日開始します。(この割引キャンペーンは予告なく終了します。)

誰でもわかるシステム開発入門Udemy版(30%割引)
リンク
通常価格税込16,200円(税込)が今なら税込11,300円


・各5セクションの紹介

セクション1「システム開発入門」(約39分)
システムを開発するエンジニアや、エンジニアを目指す人たちのために必須となる、システム開発のおおまかな流れと基本的な事柄について学ぶことができます。具体的な内容としては、システムとはそもそも何なのか、という話から始まり、システム開発の全体的な流れ、その中で作成する文書の役割、成果物や文書のレビュー方法、開発の工程をどのように実行するかという開発モデルの種類、システムの提案の流れ、設計工程について、プログラム開発の工程について、成果物のテストの方法の種類について解説しています。
・【Ⅰ.システム開発とは】1.システムの定義
・【Ⅰ.システム開発とは】2.システム開発の流れ
・【Ⅰ.システム開発とは】3.ドキュメントとレビュー
文書の役割
レビューの種類
・【Ⅰ.システム開発とは】4.開発モデル
・【Ⅱ.システム開発の工程】5.システムの提案
・【Ⅱ.システム開発の工程】6.設計工程
内部設計と外部設計
外部設計
内部設計
・【Ⅱ.システム開発の工程】7.プログラム開発
プログラム設計
プログラミング
・【Ⅱ.システム開発の工程】8.テスト
テストの目的
テストと設計工程との関係
ホワイトボックステストとブラックボックステスト
テストドライバとスタブ
結合テスト
・【Ⅲ.結び】

セクション2「システム仕様書入門」(約40分)
システムを開発するエンジニアや、エンジニアを目指す人たちのために必須となる、システム開発で必要になる様々な仕様書について学ぶことができます。具体的な内容としては、なぜ仕様書が必要なのか、という話から始まり、どのような点に気を付けて書くのか、レビューの方法にはどのようなものがあるのか、どのように管理するのか、そして、各工程の仕様書の役割について解説します。
・【Ⅰ.仕様書の基本】1.仕様書の役割
・【Ⅰ.仕様書の基本】2.各工程の仕様書
・【Ⅰ.仕様書の基本】3.仕様書の書き方
・【Ⅰ.仕様書の基本】4.仕様書のレビュー
・【Ⅰ.仕様書の基本】5.仕様書の管理
・【Ⅱ.各工程の仕様書】6.要求仕様書と要件定義書
・【Ⅱ.各工程の仕様書】7.概要仕様書
・【Ⅱ.各工程の仕様書】8.外部仕様書
・【Ⅱ.各工程の仕様書】9.内部仕様書
・【Ⅱ.各工程の仕様書】10.プログラム仕様書
・【Ⅱ.各工程の仕様書】11.テスト仕様書
・【Ⅲ.結び】12.システム完成後の仕様書の管理

セクション3「システム運用管理入門」(約34分)
システムを開発するエンジニアや、エンジニアを目指す人たちのために、システム運用管理の基礎、考え方、必要な手順などについて学びます。具体的な内容としては、システムの運用管理の役割や、障害が発生した際に迅速に対応し復旧する為の対応方法や手順、そして、障害の発生をできるだけ防止して、発生した場合でも被害を最小限にとどめる安全対策や、数々の脅威に対してどのようなセキュリティ対策が有効か、など。更に、常にシステムを快適に利用できるようにするために必要なパフォーマンス改善や、システムの更新や移行を速やかに行う重要性や、システム構成と障害履歴の重要性、他にも、サポートデスクの必要性と種類についても解説します。
・システム運用管理の役割
・障害への対応
・安全対策
・セキュリティ対策
・パフォーマンスの改善
・システムの拡張/移行
・システム構成と障害履歴の管理
・サポートデスクの運用

セクション4「ネットワーク構築入門」(約60分)
ネットワークを開発するエンジニアや、ネットワーク開発エンジニアを目指す人たちのために、ネットワーク構築の基礎、考え方、必要な手順などについて学びます。具体的な内容としては、ネットワークの種類にはどのようなものがあるか、ネットワークにはどのような機器が使用されているか、どのような手順でネットワークを構築するのか、ネットワーク稼動後にどのような保守があるのかを解説します。
・ネットワークとは
・ネットワークに使用される機器
LANケーブル
無線LAN
ルーター
ハブ
レイヤー2スイッチ
レイヤー3スイッチ
サーバーの障害対策のための機器
・ネットワーク構築の手順
利用目的の明確化
現状の調査
形態の検討
ネットワークの計画の作成
ネットワークの実装
・保守

セクション5「システム監査入門」(約38分)
システムを開発するエンジニアや、エンジニアを目指す人たちのために、システム監査の基礎、考え方、必要な手順などについて学びます。具体的な流れとしては、システム監査の概要として、システム監査の基準、監査方法、基本用語を学んだ後、監査計画、監査実施、監査報告、改善指導(フォローアップ)について学びます。
・システム監査の概要(システム監査とは)
・システム監査の概要(システム監査基準)
・システム監査の概要(システム監査手法)
・システム監査の概要(システム監査の基本用語)
・システム監査の実施(監査計画)
・システム監査の実施(監査実施)
・システム監査の実施(監査報告)
・システム監査の実施(改善指導(フォローアップ))


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 金 秀麗
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 リンク
E-mail info@attainj.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

システム開発入門教材ログイン画面

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事