logo

「SUUMO(スーモ)」スマートフォン用サイトに「支払いシミュレーション」機能を追加 UIフレームワーク「Polymer」を日本初の商用利用。洗練されたデザインで快適なシミュレーションが可能に

株式会社リクルート住まいカンパニー 2015年11月18日 13時53分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都中央区 代表取締役社長:野口 孝広)は、運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』のスマートフォン用サイト(リンク)の機能に、新築マンション・新築一戸建ての「支払いシミュレーション」を追加し、本日11/18(水)公開しました。なお本機能では、UIフレームワーク「Polymer」 を日本初で商用利用しています。

■「支払いシミュレーション」について
 スマートフォン用サイトの、新築マンション・新築一戸建ての物件詳細に追加された機能です。支払額に関係する「物件価格」「金利」「頭金」「ボーナス加算額」「返済期間」の主要5項目(マンションでは「管理費」「修繕積立金」を加えた7項目)から、物件ごとの月々の支払額(参考値)をスピーディに算出します。各項目の増減がおよぼす支払額への影響は、項目ごとに置かれたバーを左右に動かすことで額が増減し、これにより月々の支払額がどの程度変動するのか、リアルタイムに確認することが可能です。金利については、実在する金融機関が発表する最新の金利情報を選択でき、よりリアリティのあるシミュレーションが可能となりました。

■Polymerについて
 Polymerは、Google社が提供するWeb Componentsの考えをベースにしたUIフレームワークです。Polymerの商用利用は、本案件が日本初のケース。このフレームワークを活用することで、洗練されたデザインでありながら、高速で動作するWebアプリケーションを、保守性高く提供することできます。

■動作推奨環境
iOS:safari対応 Android:OS4.4.3以降でのChromeを推奨  ※ 一部非対応ブラウザあり

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。