logo

UnionPay(銀聯)カード所有者に豪で世界初の中国ビザ申請エクスプレスサービス

銀聯国際(UnionPay International) 2015年11月12日 15時19分
From 共同通信PRワイヤー

UnionPay(銀聯)カード所有者に豪で世界初の中国ビザ申請エクスプレスサービス

AsiaNet 62527 (1480)

【上海(中国)2015年11月11日新華社=共同通信JBN】UnionPay(銀聯)は中国ビザ(査証)申請エクスプレスサービスを提供する唯一の国際バンクカード組織である。銀聯国際(UnionPay International)は11月11日、中国ビザ申請サービスセンターと協力し、シドニー、メルボルン、キャンベラ、ブリスベーン、パースのオーストラリア5都市のセンターで、UnionPay(銀聯)カード(62で始まるカードナンバー)の持ち主にビザ発給のVIPエクスプレスサービスを提供すると発表した。このサービスによってビザ申請の処理時間が大幅に短縮され、中国を訪れるオーストラリア人はかなり便利になる。

このサービスをオーストラリアで始めたのは、以下の2点が契機になった。(1)オーストラリアではさまざまなUnionPay(銀聯)カード商品が発行され、地元住民の間で人気が高まっている(2)中国とオーストラリアの人的交流がますます盛んになっている。これからはオーストラリアのUnionPay(銀聯)カード所有者は、AUstralia Post(オーストラリア郵便公社)か中国銀行(Bank of China)オーストラリアが発行したUnionPay(銀聯)カードを提示すれば、中国ビザ申請のエクスプレスサービスを受けられる。センターのパンフレットでUnionPay(銀聯)についての詳しい情報も得られる。

銀聯国際(UnionPay International)のツァイ・ジェンボー最高経営責任者(CEO)は次のように語った。UnionPay(銀聯)カードの発行規模が急速に拡大する中で、当社は海外カード所有者の要望に応えるために、UnionPay(銀聯)カードの権益の仕組みを強化しようと努めている。それが国際決済手段であるUnionPay(銀聯)の重要な特徴である。ビザ申請エクスプレスサービスは、カード所有者の利用体験を最適化し、中国を訪問するより多くの海外の友人を引き付け、中国と外国との交流を支援する。

オーストラリアでは現在、多くの機関がUnionPay(銀聯)カードの発行手続きを短縮している。銀聯国際(UnionPay International)は5月、Australia Postと提携してLoad&Go Chinaカードを発行した。これは中国を頻繁に訪れるオーストラリア人向けの人民元とオーストラリア・ドルで決済可能なチャージできるプリペイド式トラベルカードである。両社は中国旅行必携のカードの利便性を旅行者に伝えるため、オーストラリアサッカー界のスーパースター、ティム・ケーヒル選手をカード普及大使に起用した。

中国本土外ではこれまで40カ国・地域以上で4600万枚のUnionPay(銀聯)カードが発行された。UnionPay(銀聯)カードは世界で2600万店以上の加盟店と190万台のATMで利用できる。UnionPay(銀聯)サービスシステムは便利さも向上し続けている。中国と220を超える国・地域で緊急現金サポートサービス、30カ国・地域以上でリファンドサービスが受けられる。また、多くの国際空港がUnionPay(銀聯)VIPラウンジを設けている。

オーストラリアでUnionPay(銀聯)カードは、ATMの80%、小売店の50%、タクシーの97%で利用できる。さらに、ほぼすべての高等教育機関には、UnionPay(銀聯)の国際オンライン決済制度がある。

詳しい情報はリンク を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事