logo

ニジボックスとアシアルが、 クロスプラットフォーム対応アプリ開発に関する業務提携

~コスト削減と納期短縮を図るべく、Monacaを推奨開発環境として採用~

株式会社リクルートホールディングス100%出資のグループ会社である株式会社ニジボックス(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:麻生要一 以下 ニジボックス)とアシアル株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:田中正裕、以下アシアル)は、デジタルマーケティング分野におけるクロスプラットフォーム対応アプリ開発に関する業務提携に合意したことをお知らせします。

昨今のスマートフォンの普及に伴い、多くの企業で020やオムニチャネルといったデジタルマーケティングへの取り組みが本格化する中、顧客接点としてモバイルアプリの重要性が高まっております。一方で、モバイルアプリ開発はWebサイトの制作と異なりiOS、Android向けのアプリを別々に開発しなくてはならないため、開発コストや開発スピードに各社課題を抱えておりました。

この度、ニジボックスとアシアルは高まるモバイルアプリ開発ニーズに応えるべく、クロスプラットフォーム対応アプリ開発における業務提携を行いました。提携の第一弾としてアシアルのモバイルアプリ開発プラットフォーム「Monaca」の開発パートナーとしてニジボックスが参画し、共同マーケティング、サービス開発などに取り組みます。Monacaを活用することで、開発者はiOS、Android向けのモバイルアプリが同時に開発できるため、大幅なコスト削減や開発期間の短縮が期待できます。

ニジボックスでは、同社が提供を行っているO2Oサービス「レシポ!」の公式アプリの開発にMonacaを採用し、実工数2週間でiOS、Androidのアプリを開発しました。今後は、社内プロジェクトのみならず、同社のクライアント向けのアプリ開発案件にもMonacaを積極的に採用していく方針です。

ニジボックスによるMonacaの活用事例の詳細については下記をご覧ください。
リンク

<Monacaについて>
「Monaca」はアシアル株式会社が提供するiOS、Android、Windows 8 に対応した、CordovaベースのHTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォームです。開発者はHTML5を活用しながらワンソースで複数のOS向けのアプリを開発することができます。これにより、従来のネイティブベースのモバイルアプリ開発手法と比べ、より効率的に開発を行うことができます。

Webサイト:リンク

関連情報
http://nijibox.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。