logo

<グランドセイコー>誕生55周年記念写真展 「Grand Seiko Through Three Photographers’ Eyes」展を開催

セイコーウオッチ株式会社 2015年10月30日 10時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月30日

セイコーウオッチ株式会社

<グランドセイコー>誕生55周年記念写真展
「Grand Seiko Through Three Photographers’ Eyes」展を開催
~世界的に活躍するフォトグラファー、田原桂一、濱田祐史、野村佐紀子の3人がそれぞれの視点でグランドセイコーを切り取る~

セイコーウオッチ株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都港区)は、 高級ウオッチブランド<グランドセイコー>55周年を記念したアートフォトプロジェクト「Grand Seiko Through Three Photographers’ Eyes」展を10月30日(金)から11月3日(火・祝)まで、東京・代官山の DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYにて開催いたします。

グランドセイコーは、1960年の誕生以来、腕時計の原点である正確さと見やすさ、そして美しさを徹底追求し続け、歴史を紡いできました。根底にあるのは、現状に満足することのない深化と進化 ――「超えていく」というセイコーの強い思いです。ブランド誕生の55周年の節目にあたる今年、新たな取り組みとして、世界の第一線で活躍する日本人フォトグラファー、田原桂一、濱田祐史、野村佐紀子の3人が、グランドセイコーの「精緻なものづくり」、「時の持つ物語性」、「ブランドに関わる人々の想い」をそれぞれ独自の視点とセンスで切り取り、アートフォトとして結実させるというプロジェクトに挑みました。3人のアーティストは、工房や、デザインの現場、ブランドを知る人物を訪ね、繊細な部品の働きや針の動きのダイナミズムを可視化するなど、斬新かつ丁寧なアプローチにより、グランドセイコーの新たな魅力を引き出しました。

本展は、今年3月にスイスで開催された国際的な時計宝飾見本市「バーゼルワールド2015」で初めて公開され、7月には、ドイツ・フランクフルトの国際写真展「RAY」への出展など、各地を巡回し、時計業界のみならず、アートフォト・美術関係者からも高い評価を受けてまいりました。T-SITE GARDEN GALLERYでの展示は、東京では初の凱旋展となります。アートフォトという情感豊かな表現を得て、グランドセイコーならではの日本の美意識を世界へと発信いたします。

                       記

        展覧会名: 写真展「Grand Seiko Through Three Photographers’ Eyes」
        会  期: 2015年10月30日(金)~11月3日(火・祝) 11:00~20:00
           最終日のみ18:00まで(会期中無休)
        場  所: DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY(入場無料)
                         〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
                   アクセス
                   電車 東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
                   バス 東急トランセ「渋谷駅」→「代官山Tサイト」
                   お車 JR山手線「渋谷駅」より5分


お問い合わせ先
セイコーウオッチ株式会社 お客様相談室 0120-061-012


セイコーウオッチ株式会社の公式Webサイトアドレス
リンク
プロジェクト特設Webサイト
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。