logo

BBSec、NTTソフトウェアの技術提供を受け、 国内初となる、標的型攻撃対策メールホスティングサービスを開始

~URLリンク/添付ファイルの自動チェック機能により、ユーザに届く前に標的型攻撃メールを駆除~

株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗 以下BBSec)は、NTTソフトウェア株式会社(本社:東京都港区港南、代表取締役社長:山田伸一 以下、NTTソフトウェア)の技術提供を受け、国内初となる、URLリンク/添付ファイル高速自動チェック機能付(技術者解析サポート含む)メールホスティングサービス “AAMS マルウェア・プロテクト”(以下、AAMS MP)を11月1日より提供いたします。

<背景>
メール本文のURLや添付ファイルによるマルウェア感染(以下、メールマルウェア感染)対策は、ウイルス対策ソフト、システム側のシグネチャ型(1)検知、そして検知率の高い振る舞い検知型(2)へと進化を続けています。しかし、最新の振る舞い検知型でもエンドユーザにメール自体が届く為、マルウェア感染の防御には、エンドユーザの知識と意識を向上させ、不用意にマルウェアにアクセスしないよう指導していく必要がありました。

<サービス概要>
AAMS MPは、ユーザの手を煩わせることなく、メールマルウェア感染検証とその結果に対する技術者解析(SOCサービス)(3)を提供する標的型攻撃対策メールホスティングサービスです。

高度なメールフィルタリング機能により、感染リスクのあるメール以外はリアルタイムにエンドユーザに配信し、リスクが懸念されるメールのみ検証を行います。またリスクが懸念されるメールは、エンドユーザへの配信を一時停止する為、感染リスクを大幅に軽減することができます。

これらのサービス構成により、AAMS MPは、類似サービスにはない、ビジネスに求められるメール配信のリアルタイム性と標的型攻撃に対する安全性の共存を実現しました。

<技術的優位性>
1. 基盤となるBBSec のセキュアメール・ホスティングサービス“AAMS”の優れたセキュリティ機能と高い耐障害性/拡張性
2. NTTソフトウェアが提供する“CipherCraft/Mail標的型メール対策”の高度フィルタリング機能により、標的型メール攻撃のリスクが懸念されるメールを確実に選別
3. BBSecのモダンマルウェア検知サービス“MARS”の核となる米国Lastline社の最新鋭マルウェアデータベースと検証機能
4. 検証結果に対する専門技術者による解析(SOCサービス)(3)
5. 両社のセキュアメールの長年の実績(4)

<ユーザメリット>
 ビジネススピードを維持しながら、メールマルウェア感染リスクを軽減
 エンドユーザへのマルウェア感染メール到達を劇的に削減
 情報システム部門の負担軽減
 国内でのマルウェア検証
 大規模初期投資の必要がないASPサービス

<価格>
1アカウント 2,000円/月

<今後の展開>
AAMS MPは、2015年11月1日よりBBSecが提供するセキュアメール・ホスティングサービスAAMSの入口対策オプションとしてサービス提供されます。

BBSecについて
株式会社ブロードバンドセキュリティは、ITセキュリティの診断・運用・保守・デジタルフォレンジックを手掛けるトータルセキュリティ・サービスプロバイダーです。「日本のITネットワークを世界一堅牢にする」をコンセプトに、2000年11月の設立以来、高い技術力と豊富な経験、幅広い情報収集力を生かし、大手企業、通信事業者からITベンチャーに至るまで、様々な企業のITサービスをセキュリティ面でサポートしています。
株式会社ブロードバンドセキュリティURL: リンク

NTTソフトウェアについて
NTTソフトウェア株式会社は、高度なネットワークテクノロジーとシステム構築力を基盤にICT経営戦略コンサルティングからシステム構築、保守・運用に至るまでをトータルに提供するソリューションサービスプロバイダです。
NTTソフトウェア株式会社 URL: リンク


【本リリースに関するお問合せ】
株式会社ブロードバンドセキュリティ  管理部 高塚  
TEL:03-5338-7430 E-mail:press@bbsec.co.jp

NTTソフトウェア株式会社  営業推進部 報道・広報グループ 上月(こうづき)/森川
TEL:03-5782-7040


【本サービスに関するお問合せ】
株式会社ブロードバンドセキュリティ  東日本営業部
TEL:03-5338-7425 E-mail:sales@BBSec.co.jp

NTTソフトウェア株式会社 ビジネスソリューション事業部
TEL:03-5782-7347

このプレスリリースの付帯情報

AAMS MP サービス概念図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

(1) 保有する既知の不正なパターン情報と同じパターンを検出した場合に攻撃とみなすマルウェア検知方式
(2) 実行中のプログラムの振る舞いを監視して、不審な処理が行われていないかを調べるマルウェア検知方式
(3) BBSecのセキュリティオペレーションセンター(SOC)の技術者がSandboxによる検証結果を解析し、セキュリティに対する専門技術が少ない担当者でもリスクレベルがわかる検査結果をエンドユーザに情報提供します。
(4) NTTソフトウェア:メール誤送信防止市場で8年連続シェアNo.1
出典:ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2015
【内部漏洩防止型ソリューション編】」
BBSec:10年に渡るセキュアメールサービス、そして累積100万アカウント以上の実績
*文中の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事