logo

攻殻CTF専用の可視化エンジン「AMATERAS零」を開発

国立研究開発法人情報通信研究機構 広報部 2015年10月19日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年10月19日

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)

「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」専用可視化エンジン
“AMATERAS零”を開発

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 坂内 正夫) リンクサイバーセキュリティ研究室は、「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」専用可視化エンジンAMATERAS零(アマテラス・ゼロ)を開発しました。本技術は、サイバー模擬攻防戦CTF(Capture The Flag)をリアルタイムに視覚化するものであり、2015年11月7日(土)に開催される女性限定のCTF大会で実稼働いたします。セキュリティ技術の向上やサイバー攻撃の対処能力の強化を目的としたCTFを、攻殻機動隊という世界的に著名なSF作品をモチーフに視覚化することで、サイバーセキュリティへの関心を一層高め、さらに、セキュリティ人材の発掘・育成に貢献することが期待できます。

【背景】
 セキュリティの人材不足が社会的課題となっていますが、セキュリティ技術の向上やサイバー攻撃の対処能力の強化を目的としたサイバー模擬攻防戦CTFを通して、セキュリティ人材の発掘・育成が進められています。NICTはこれまで、日本における最大規模のCTF大会であるSECCON CTF向けに可視化エンジン(NIRVANA改 SECCONカスタム)を開発し、セキュリティ人材の発掘・育成に貢献してきました。

【今回の成果】
 今回SECCONは、SF作品「攻殻機動隊」で描かれているテクノロジや世界観を現実化するために始動した「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と共同で、国内初、女性限定のCTF大会「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT × SECCON CTF for GIRLS」(以下、攻殻CTF)を開催することとなり、NICTは、その攻防戦をリアルタイムに視覚化するために、攻殻CTF専用の可視化エンジン「AMATERAS零」を開発しました。

【今後の展望】
 NICTは、今後もSECCON及び攻殻機動隊 REALIZE PROJECTとの連携を進め、セキュリティ人材育成への貢献に努めるとともに、日本発のサイバーセキュリティ技術を世界に向けて発信していきます。
 なお、「AMATERAS零」は、2015年11月7日(土)に神戸サンボーホールで開催される攻殻CTFに導入され、CTFの攻防戦をリアルタイムに視覚化します。当日は見学も受け付けておりますので、競技に参加されない方もお気軽にご来場ください。
 攻殻CTFの詳細につきましては、下記のSECCONのWebサイトをご参照ください。
 リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事