logo

主要原料原産国・最終加工国情報、アレルギー情報、栄養情報を、よりわかりやすく 主要商品のパッケージをリニューアル

日本マクドナルド株式会社 2015年10月13日 12時08分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、お客様がお知りになりたい商品情報をわかりやすくご提供することで、より安心してお召し上がりいただけるよう、主要商品(※)の主要原料原産国・最終加工国情報等を公開したウェブサイトと、各商品パッケージを刷新いたしました。 ※ドリンク、期間限定商品、スイートコーン、サイドサラダ、コールドデザート、ソース類、ドレッシングを除く

今回の刷新は、商品の情報へ手軽にアクセスしたいというお客様のニーズに対して、ワンストップでご覧いただけるよう刷新するものです。調査から明らかになった、商品情報の到達の問題を向上させ、お客様により安心してお召し上がりいただくことを目的にしています。
日本マクドナルドが2015年7月に実施した消費者調査では、女性50.6%の方から「商品パッケージに記載されたQRコードから主要原産国・加工国が確認できると安心」との回答がありました。
また、同調査ではマクドナルドのメニューについて、「ビーフ(パティ)はビーフ100%、つなぎも添加物も入っていないと知らなかった」(86.9%)、「卵は100%国産であると知らなかった」(96.1%)など、食材情報についての情報がお伝えできていないことから、商品情報を記載したウェブサイトの刷新、「QRコード」を大きく記載したパッケージへの変更を行います。これにより、アクセスしやすさを大幅に向上させることが出来るものと考えます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。