logo

Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「Mailer」はCS担当者

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「Ruby on Rails のMVC構造を”銀行”に例えて解説!「Mailer」はCS担当者」を公開しました。

###
こんにちは。
アラサー経験ゼロからWebエンジニアになった野呂です。

10コラム目です。今回は、前回取り上げた「Helper」と同様に通常業務のサポートをしてくれるCS担当「Mailer」に
ついて、その仕組みと使い方を解説します。

まず最初に、CS担当「Mailer」とは何かについて解説し、その仕組みと使い方をお伝えします。

Ruby on Rails を活用したWebアプリケーション開発ができるようになりたい初学者の人の”学びの加速”につながりますと幸いです。

■CS担当「Mailer」とは
Ruby on Railsの処理の流れは、基本的に以下の通りです。後述しますが、「Mailer」は「Controller」と似たような
ポジションをとります。しかし、Routerから直接電気信号が流れるわけではありません。

第10回_1

“銀行”であれば、通常業務は、案内役「Router」、窓口担当者の「Controller」、出納役の「Model」、お金を引き出す金庫「DBMS」、伝票担当者「View」が担います。それ以外に前回取り上げた「Helper」が助っ人として業務を担います。

この続きは以下をご覧ください
リンク

関連情報
http://resocia.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。