logo

無料POSレジアプリ『Airレジ』、中国最大級の決済アプリ『Alipay』と提携

急増する中国からの訪日旅行者向けに、モバイルペイメントサービスを年内にも提供 ビックカメラ、パルコ等での試験導入からスタート

株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 淺野 健、以下リクルートライフスタイル) が運営する無料のPOSレジアプリ『Airレジ』は、決済事業を手がけるベリトランス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:沖田貴史、以下:ベリトランス)と、4億人以上の会員を持つ中国最大級の決済アプリ『Alipay(アリペイ)』と提携いたしましたのでお知らせいたします。この提携により、モバイルペイメントサービスの提供を年内を目処に開始することを目指し、サービス開始時はビックカメラ、パルコ等の店舗で試験的にご利用いただけるようになる予定です。

▼『Airレジ』について
リンク




【『Airレジ』と『Alipay』提携の概要】
『Alipay』は4億人以上の会員を持つ中国最大級の決済アプリです。この提携により、『Airレジ』利用店舗でモバイルペイメントサービスにお申し込みをいただいた店舗(以下、加盟店)において、中国最大級の決済アプリ『Alipay』を用いた決済ができるサービスを年内を目処に提供を開始する予定です。
なお、サービスの詳細は現在検討中ですが、ユーザーは『Alipay』のQRコードを『Airレジ』にかざすことで決済を行うことができ、そのシステムをリクルートライフスタイルが提供し、ベリトランスが決済代行業務を行う仕組みを予定しています。

中国からの訪日旅行者は、2013年の約130万人から2014年には約240万人と急増しております。(日本政府観光局調べ) また、国内外を問わず『Alipay』のようなコンタクトレス決済も増加の一途にあります。このような状況のなか、今後もユーザーの利用状況を考慮して対応する決済サービスを増やすなど、より便利にお使いいただけるサービスを目指してまいります。

[画像1: リンク ]

▲『Alipay』のQRコードを『Airレジ』にかざすことで
決済ができるモバイルペイメントサービスの提供を予定しています
[画像2: リンク ]



『Alipay(アリペイ)』について
リンク

Alipayは、2004年に誕生した、Ant Financial Services Group傘下の決済サービスであり、世界最大のオンライン決済プラットフォームとして、スマホをベースとする生活密着サービスや、金融サービスも展開しております。Alipayは、中国モバイル決済市場の80%以上のマーケットシェアを持っており、一日の平均取扱件数は1.2億件を超えております。その取扱の半分以上はスマホによって決済されております。


【サービス開始時の試験導入店舗】
サービス開始時には、下記の家電量販店、飲食店、商業施設等の一部店舗で試験的にご利用いただけるようになる予定です。
※導入店舗の詳細やご利用方法などは現時点では未定です。
※導入予定店舗は、2015年9月29日現在の予定であり、変更になる可能性があります。予めご了承ください。
[画像3: リンク ]



▼リクルートライフスタイルについて
リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
リンク

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



[画像6: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。