logo

『ダイキンフロン点検ツールDfct(ディファクト)』を配信開始

ダイキン工業株式会社 2015年09月29日 14時01分
From 共同通信PRワイヤー

2015年9月29日

ダイキン工業株式会社

フロン排出抑制法対象の業務用エアコンの点検を容易にし、
ユーザーや管理者の負担を軽減
『ダイキンフロン点検ツール Dfct(ディファクト)』 を配信開始

ダイキン工業株式会社は、2015年4月1日に施行された「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」(略称「フロン排出抑制法」)に対応し、業務用空調機器のユーザーや管理者に義務付けられる点検作業などをサポートするスマートフォンWEBアプリ『ダイキン フロン点検ツールDfct (D:ダイキン、f:フロン点検、c:チェック、t:ツール)』を2015年10月15日から無償で配信します。

新たに施行された「フロン排出抑制法」は、これまでフロン類の回収や破壊を対象としていた「フロン回収・破壊法」の内容に加えて、製造から使用、廃棄までの「ライフサイクル全体にわたる包括的な対策」が求められることとなりました。具体的には、フロン類が充填された業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)の管理者には、空調機の異常な運転音や、熱交換機の錆の有無等の項目を確認する「3ヶ月ごとの簡易定期点検」や、「点検・修理履歴の保管」、フロン漏えい量が多かった場合の「所管大臣への報告」などが義務付けられており、対象機器のユーザや管理者の負担軽減が求められています。

本アプリにユーザー登録することで、ユーザや管理者は、当社が管理する2万機種以上のデータベースから、使用している空調機の情報を把握し、定められた時期に漏れなく点検することができます。本WEBアプリの配信によって「フロン排出抑制法」への対応に伴うユーザや管理者の作業をサポートし、法令遵守を促すことで、フロンガスから空調機までを製造・販売するメーカーとしてフロンの排出抑制に貢献してまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。