logo

ネットショッピング中のお客様をリアルタイムにサポート、接客のエキスパートによるオンライン接客サービス「LiveCall」を提供開始

スピンシェル株式会社 2015年09月16日 16時57分
From PR TIMES



[画像1: リンク ]



スピンシェル株式会社は、接客のエキスパートが最新技術を駆使してオンライン接客をブラウザでおこなう「LiveCall」を発表しました。同サービスは、接客のエキスパートである「コンバートエージェント」がビデオ・音声・テキストチャットを使ったリアルタイムのオンライン接客を行うことで、お客様が持つ疑問や不安をその場で解決します。特にビデオ接客では、実際の商品を見せながら接客できるので、ウェブサイトを見ただけでは分かりづらい商品の質感や細部を伝えることが可能です。また、ブラウザに対応しているため、ネットショッピング中のお客様はボタンをクリックするだけでビデオ・音声・テキストチャット用のウィジェットを呼び出すことができます。

購入ステップの離脱を防ぐコンバージョンの切り札
これまで、ウェブサイトへのトラフィック流入を増やす施作(オンライン広告やソーシャルメディア)をはじめ、ウェブサイト内の操作性を最適化する施作(ABテストなど)は数多く存在していました。しかしながら、肝心な購入ステップのコンバージョンを改善する施作は皆無に等しい状況が続いています。LiveCallは、購入ステップにいるお客様の不安や疑問をリアルタイムに払拭することで、売上を向上させるまったく新しいタイプのEC向けソリューションです。

接客のプロ、コンバートエージェント
まるでお店で接客を受けているような体験を生み出すことがコンバートエージェントの使命です。実際の商品が見えないウェブサイトでは、高価な商品になるほど不安が募り離脱を誘発します。コンバートエージェントは、お客様が持つ不安・疑問を丁寧に解決し、顔の見える接客でエンゲージメントを高めていくことで、離脱をコンバージョンへと変えていきます。

コンバートエージェントのもう一つの特長はナレッジです。お客様からのお問い合わせ内容を体系的に整理し、コンバージョン率の向上に有効な方法をナレッジ化することで、カスタマーエンゲージメントを日々改善強化していきます。

LiveCallを支える先進テクノロジーWebRTC
LiveCallでは、先進リアルタイム・コミュニケーション技術WebRTCを採用することで、アプリやプラグインのインストールを不要なものとし、対応ブラウザさえあれば提供できる高品質リアルタイム接客を実現しました。導入方法も簡単でECサイト管理者はLiveCallのタグを埋め込むことで最短即日からスタートすることが可能です。ブラウザで動作するため、ECサイトとの親和性も抜群で、ショッピング中のお客様にシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供します。

従来のカスタマーサポートは、ともすれば事後的で受け身な対応を迫られるコストセンターとなりがちでした。LiveCallは、リアルタイムでコンバージョンに貢献していくことで、コストセンターをプロフィットセンターへと変えていきます。


[画像2: リンク ]



LiveCallウェブサイト: リンク

スピンシェル株式会社について
スピンシェルは、日本国内のインターナショナル・コミュニティーの中から誕生しました。日本初となる動画を主体とした外国人向け日本情報ポータル「Spinshell.TV」をはじめ、位置情報系ソーシャルネットワークサービスの「Habitat」など、多様なバックグラウンドを持つメンバーがグローバルな感性を活かしたサービスを作り出しています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。