logo

フリースケール、業界初の10Gbps Wi-Fi対応ホーム・ゲートウェイ・ソリューションを発表



[画像: リンク ]



QorIQ LS1043Aレジデンシャル・ゲートウェイ・リファレンス・デザインにより、Quantennaの新しい
10G Wave 3 Wi-Fi製品ファミリをベースとするリアルワールド・アプリケーションをはじめて実現

2015年9月8日米国Freescale Semiconductor, Inc.発表本文の抄訳です。

フリースケール・セミコンダクタは、10Gbpsインターネットおよび10Gbps Wi-Fiに対応する業界初のホーム・ゲートウェイ・ソリューションにより、次世代のマルチギガビット・ブロードバンドの幅広い普及を推進しています。

フリースケールは、Quantenna Communicationsとの協業により、新しいQorIQ(コア・アイキュー)LS1043Aベースのレジデンシャル・ゲートウェイを開発しました。このプラットフォームとオープンなLinuxベースのセキュリティ、ビデオ・ストリーミング、およびネットワークのアプリケーションを組み合わせて、帯域幅、スループット、およびサービス品質を劇的に向上できます。

新しいソリューションには、64ビットのARM(R)v8テクノロジをベースとするクアッドコアのQorIQ LS1043Aプロセッサとともに、QuantennaのQSR10G 10G Wave 3 802.11ac Wi-Fi製品ファミリが活かされています。Quantennaのこの最新製品ファミリは最大12ストリームを処理することが可能で、同社のTrue 8x8™ アダプティブ・マルチユーザMIMO(MU-MIMO)テクノロジをベースとすることで需要が拡大するホーム・アクセス・ポイントの要件を満たす柔軟性とスケーラビリティを装備し、急増するWi-Fiデバイスの管理およびサポートを可能にしています。フリースケールのリファレンス・ソリューションは、QorIQ LS1043Aプロセッサの10G Ethernetポートを利用した銅ケーブルまたは光ファイバー・ケーブルによる10GbpsのWAN接続も可能です。

Quantennaのマーケティングおよびビジネス開発担当上席副社長であるLionel Bonnot氏は、次のように述べています。「私たちは革新的な10G Wave 3 Wi-Fi製品ファミリの可能性に大きな期待を寄せており、またネットワークに関して長期にわたって実績および技術を積み重ねたフリースケールは、OEM各社やサービス・プロバイダが10G Wave 3 Wi-Fiによる製品化を迅速かつ簡単に行うためのアプリケーション開発の理想的なパートナーであることを確信しています。フリースケールのLS1043Aプロセッサの最適なセキュリティおよび10Gの性能は、次世代のユーザ・アプリケーションおよび家庭でのワイヤレス・エクスペリエンスの品質強化の新たなチャンスを生み出すはずです。」

QuantennaのWi-Fiイノベーションを活用した両者の共同作業により、ストリーミングや時間重視の優先度が必要なワイヤレスやインターネットのトラフィックを特定および区分することが可能となります。その結果、厳しい利用環境においてもゲーム、ビデオ・ストリーミング、およびインターネット音声品質が最適化されます。

フリースケールのデジタル・ネットワーキング・グループのプロダクト・マネージメント担当ディレクターであるニコライ・グエノフは、次のように述べています。「Quantennaの10G Wave 3 Wi-Fi製品ファミリの能力を引き出すには、相応のパケット処理性能が要求されます。かつてはハイエンドのエンタープライズ・ネットワーク機器が独占的にその役割を担っていましたが、現在ではフリースケールがその専門性に基づいて家庭での電力効率に優れたマルチギガビットの利用を可能にしています。フリースケールは、このリファレンス・デザインによりWi-Fiの性能、信頼性、可用性をさらに上の段階に進化させて、お客様や通信事業者に高い品質のエクスペリエンスを提供することができます。」

QorIQ LS1043Aについて
10Gインタフェースに対応する初のARMv8ゲートウェイSoCであるQorIQ LS1043Aクアッドコア・プロセッサは、演算能力、統合性、セキュリティ、およびネットワーク性能の高度な融合により新たな「インテリジェント・エッジ」を実現します。1.6GHzの処理性能と、わずか5Wの標準消費電力を特長とするLS1043Aプロセッサは、光ファイバーおよびxDSLによるレジデンシャル・ゲートウェイ、ブランチ・ルータ、セキュリティ・アプライアンス、およびSDN/NFVエッジ・プラットフォームなどの次世代のエッジ・ネットワーク機器をはじめとするブロードバンド・ゲートウェイ・アプリケーションに最適です。さらに、先進の仮想化ハードウェアを内蔵し、フリースケールのトラスト・アーキテクチャによる柔軟かつセキュアな無線によるソフトウェア・アップデートをサポートし、実績のあるクラシフィケーションおよびトラフィック管理ハードウェアによりレイテンシ条件の厳しいアプリケーションをオフロードすることでローカル性能を最適化します。

開発ツール
フリースケールは、低レベルのルーティングおよびセキュリティのアクセラレーション機能およびCodeWarriorのツールチェーンを実装した、Linux OpenWRTベースのフル機能のレジデンシャル・ゲートウェイ向けアプリケーション・ソリューション・キット(ASK)を用意しています。ASKを利用すれば、お客様は目的とするアプリケーション開発に注力して、市場供給をより迅速化することが可能です。

供給
QorIQ LS1043Aプロセッサは現在、サンプル出荷中です。新しいLS1043Aリファレンス・デザインは2015年第4四半期の提供開始を予定しています。詳細については、フリースケール代理店にお問い合わせになるかwww.freescale.com/LS1043AのWebサイトをご覧ください。
Quantennaは、現在早期アクセス・パートナー向けにQSR10G Wave 3製品ファミリのサンプル出荷を行っています。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、セキュアな組込みプロセッシング・ソリューションによって”Internet of Tomorrow”(モノのインターネットの先にある、よりセキュアなIoTソリューション)を実現します。フリースケールのソリューションは、より革新的で、世界を繋ぎ、私たちの生活をシンプルで安全なものにします。また、世界的な企業の役割として、次世代のイノベータを育むために、科学・技術・工学・数学(STEM)教育に貢献することを約束します。詳細は、リンクのWebサイトをご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc.,Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
(C)2015フリースケール・セミコンダクタ・インク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。