logo

「セイコー アストロン」WEBムービーに世界中から反響!世界初となる腕時計でDJプレイに挑戦した動画「Watch DJ」が25万回再生(※1)突破!

動画制作の舞台裏に迫るメイキング映像を大公開!

セイコーウオッチ株式会社(代表取締役社長 兼 CEO:服部 真二、本社:東京都港区)は、世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」の革新的かつ上質でスタイリッシュな世界観を映像化したWEBムービー「Watch DJ」を8月25日(火)に公開し、約2週間で合計25万回再生(※1)を突破しました。その映像制作の裏側に迫ったメイキング動画「MAKING of Watch DJ」を、「セイコー アストロン」公式WEBサイトで公開しています。



[画像1: リンク ]

■「セイコー アストロン」WEBムービー メイキング映像について

セイコーの"常に時代の一歩先を行く。"という創業からの精神と、"エモーショナルな時間を作り出す腕時計を。"という想いからつくられた世界初のGPSソーラーウオッチ「セイコー アストロン」。そんな「セイコー アストロン」が世界初、音楽の時間軸を操るDJプレイに挑んだWEBムービー「Watch DJ」は、8月25日(火)の公開以来、約2週間で25万回再生(※1)を突破し、国内外から大きな反響をいただきましたが、この度、メイキング映像「MAKING of Watch DJ」が完成しました。

世界的DJのDJ MITSU THE BEATS(ミツ・ザ・ビーツ)氏が腕時計をターンテーブルに見立てて、本格的なDJプレイに挑戦するという、世界初の映像は一体どのようにして生み出されたのか。メイキングカメラが実際の制作現場に潜入し、繊細かつダイナミックなDJプレイで、音楽の時間軸を思いのままに操るDJ MITSU THE BEATS氏のプレイ風景や、関係者のインタビューなど、WEBムービーが誕生するまでの制作プロセス、舞台裏を大公開します。

腕時計をターンテーブルように変えるためのセンサー作りや、時計の針の動きとターンテーブルを同期させ、音楽を操るスクラッチの誤差を極力少なくするための仕組みなど、世の中に存在しないモノをゼロから作り上げていくことが要求された今回のWEBムービー制作。今までに誰も見たことのない、革新的な映像制作の裏側に迫るメイキング映像にご注目ください。

(※1) 再生回数は「YouTube公式チャンネル」および「Facebook公式サイト」の合計です。

■DJ MITSU THE BEATS氏のコメント

「最初は普段のDJプレイとどれだけ違うのか想像もつかなくて。いつもなら大きくアクションできるところを、小さい時計の盤面を使って繊細にプレイするのがとても難しくて、撮影中はいつも以上に指先に全神経を集中させている感じでした。それにしても、よくぞこういう企画を考えましたよね。時計とDJのコラボなんて、誰も思いつきません(笑)。出演のオファーをいただいた時は、あの有名なアストロン…正直僕でいいのかな、と思いましたが、自分の音楽も、常に新しいものにチャレンジしていくことを心がけていますし、スタッフの皆さんから“大人の上質な世界観”がテーマだと伺って、その辺りは僕自身の音楽観とリンクするところがあるのかなと。今回の撮影でも、リンクという部分を大事にプレイしました。レコードの動きと映像と時計の動作の3つが、いかに気持ちよくリンクしているかに注目してほしいですね」。

■DJ MITSU THE BEATS(ミツ・ザ・ビーツ)氏プロフィール

日本の音楽プロデューサー/DJ。1996年にMC HUNGER、DJ Mu-Rと、ヒップホップ・ユニット“GAGLE”を結成。外部プロデュースなどで手腕を振るいながら、海外アーティストとコラボレーションするなど、世界的なDJとして活躍。翌年にはLAの『URB』誌の“期待するアーティスト100人”に日本人で唯一選出。以降、コンスタントに作品をリリースし、世界標準のアーティストとして常に注目されている。

■「セイコー アストロン」WEBムービー メイキング映像 概要

タイトル : Seiko Astron “MAKING of Watch DJ”
公開開始日時 : 2015年9月7日(月) 12:00
公開先 : 「セイコー アストロン」 WEBサイト(リンク)
動画URL : リンク

■「セイコー アストロン」WEBムービー概要

タイトル : Seiko Astron “Watch DJ”
公開開始日時 : 2015年8月25日(火) 12:00
公開先 : 「セイコー アストロン」 WEBサイト(リンク)
動画URL : リンク

■「セイコー アストロン」 商品概要

2012年9月に発売した、世界初のGPSソーラーウオッチ。命名の由来は、1969年にセイコーが世界に先駆けて発売したクオーツウオッチ<クオーツ アストロン>から。高い時間精度で世界の人々のライフスタイルを一変させた「クオーツ革命」に次ぐ、「第二の革命」を担います。「セイコー アストロン」は全世界40タイムゾーンに対応し、簡単なボタン操作でGPS衛星電波から現在地の正確な位置・時刻情報を取得します。毎日ダイヤルに太陽光が当たると5秒以内に自動で時刻修正を行うスマートセンサーや、空が見える場所であれば、確実にGPS衛星からの信号を受信できる圧倒的な受信感度を誇るリングアンテナにより、発売以来、グローバルに活躍する現代人にふさわしい時計として世界50カ国以上で高い支持を集めています。
[画像2: リンク ]



9月19日(土)に発売する新モデルは、アストロン8Xシリーズに待望のデュアルタイム表示機能を搭載しています。デュアルタイム機能は中央の時・分針と6時位置の12時間制小時計(AM/PM表示)によって、2つの地域の時刻を同時に表示する、タイムゾーンを超えてコミュニケーションを行う方へ最適な機能です。


■「セイコー アストロン」WEBムービー メイキング動画 カットデータ

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



[画像9: リンク ]

[画像10: リンク ]



[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]



[画像13: リンク ]

[画像14: リンク ]


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。