logo

飲食店向けテーブルトップオーダー端末の決定版! 「MAXNAVI neo」バージョンアップリリースのお知らせ

 ホテル・医療機関向け自動精算機・システムおよび飲食店運営のトータルソリューション製品の最先端メーカーである株式会社アルメックス(東京都港区:代表取締役社長 馬淵将平、株式会社USENグループ)より、バージョンアップした飲食店向けテーブルトップオーダー端末『MAXNAVI neo』のリリースをご案内いたします。



[画像1: リンク ]


【特徴】
1.業務の効率化・リソースの適正配置につながるソリューション
例えば、居酒屋ホールスタッフの業務のうち、35%を占めるオーダーテイク。『MAXNAVI neo』が“専門スタッフ”として従事することにより、既存スタッフのリソースを接客・店舗運営へ振り分け、より質の高いサービスを提供することも可能に。

2.お客様満足度の向上へ「お待たせしない」
“テーブル専属コンシェルジュ”『MAXNAVI neo』が「呼んでも店員がこない」「頼みたい時に頼めない」といった飲食業に多いお客様の不満を解消。オーダーのとりこぼし低減はもちろん、リアルタイムセールスやおすすめPOP-UP等の効果的なセールスサポート機能により、「もう一品」の追加オーダーが増加。

3.業務用だからこそのタフさを追求
日本の飲食店の標準的なテーブルに対応する75cmの高さから自然落下した際の衝撃にも耐えうる堅牢な構造。画面は保護フィルムにより、防塵・防滴・防油も実現。
バッテリー最大稼働時間は10時間。メニュー立て一体型のコンパクトなクレードルや複数同時充電できるクレードル(オプション)との併用で、充電切れのリスクをさらに軽減。

4.飲食店でもインバウンド対策の時代「マルチリンガル対応」
増加する訪日外国人観光客。今や英語だけでなく、中国語への対応も必須。『MAXNAVI neo』はマルチリンガル機能を搭載し、海外のお客様も安心してご案内できる“頼もしいサポーター”に。

5.管理サーバー『フロア・マネージャー』と連携
1台で店舗内のフロア状況を把握できる、効率オペレーションのための必須アイテム『フロア・マネージャー』との連携により、空席状況、グルーピング状態、卓移動、入店後の着席時間や飲み放題の残り時間などの情報が一目瞭然で、店舗運営を一元管理化。
既に店舗様に導入されているPOS・OESとの連携可。詳しくは担当者まで。
[画像2: リンク ]



6.自在なカスタマイズで“進化する機能”
NFCを標準搭載。さらに店舗様のご要望に応じた様々なサービスを実現する各種アプリケーションを多彩にご用意。

7.多店舗管理に対応したクラウドサービス『MTO-NET』
飲食店の売上管理に必要な機能を集約。
複数店舗の売上管理やデータ分析はもちろん、リアルタイムな店舗状況の把握が可能。
店舗の課題を“見える化”する、充実の帳票類も魅力。

8.その他、飲食店の頼もしい味方になる機能をご提供
その他、店舗様の頼もしい味方になる豊富な機能も満載。詳しい機能紹介は当社ホームページをご覧下さい。


■『MAXNAVI neo』リリース予定日:平成27年9月11日(金)

■「MAXNAVI neo」ホームページ
リンク

■飲食店向け製品トップ
リンク

今後も、市場ニーズを先取りした次世代ソリューションを提案・提供し、ホスピタリティ向上と店舗収益最大化に貢献して参ります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。