logo

CTC教育サービスメルマガ 8 月号【キャンペーン】Microsoft Azure 認定トレーニングの受講料30%OFF!

CTC教育サービスはCTC教育サービスメルマガ 8 月号【キャンペーン】Microsoft Azure 認定トレーニングの受講料30%OFF!を発行しました。

┏□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□┓
    CTC教育サービス News&Topics         2015年8月号
┗□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□┛
発行元:CTC教育サービス

こんにちはー♪加賀結衣です。
いつもCTC教育サービスのメルマガをご愛読いただきまして、誠にありがとう
ございます。

朝目覚めた時に感じる空気の熱さが減り、少しずつ過ごしやすくなってきました。
CTC教育サービスでは今月、新コースWindows Server Hyper-Vによるサーバー
仮想化コースをリリースいたしました。
Windowsといえば、7月末に最新版OSのWindows10が公開されましたが(個人的には
スタートメニュー復活は嬉しい)、新コースはWindows/Linuxを含め、Hyper-Vで
仮想環境マシンを管理されている方にお勧めのコースです。

※このコースの詳細は
 ⇒ リンク

また、着々とシェアを伸ばしている、Microsoft Azureも注目です。
CTC教育サービスでは受講料金30%オフのキャンペーンも展開しています。

※キャンペーンの詳細は以下をご覧ください。
 ⇒ リンク

今年も残すところ数か月。年内に、何か新しいことを身につけたいですね♪
それでは今月も、どうぞごゆっくりお楽しみくださいませ。


┃新┃着┃情┃報┃
┗━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■【新コース】Windows Server Hyper-V によるサーバー仮想化コースリリース!

この度、Windows Server Hyper-VとSystem Centerによるサーバー仮想化を学習
できるコースをリリースいたします。

このコースは「試験番号 74-409: Windows Server Hyper-V と System Center
によるサーバー仮想化」対応コースです。Hyper-Vを使用した仮想環境の構築や
管理を行うために必要な知識とスキルを、豊富な実機操作を行いつつ効率良く
習得します。
System Center 2012 R2 Virtual Machine Managerを用いたサーバー仮想化基盤
の構築と運用の知識とスキルも身に着けられます。

詳細は⇒ リンク


■【新コース】Microsoft Azure インフラ実装コース 大阪にて開催!

この度、Microsoft Azure インフラストラクチャ実装コースを、大阪にて開催
いたします。
このコースでは、現在オンプレミス環境でインフラ管理を行っている方に、
Microsoft Azureでクラウドのインフラを管理する方法をお伝えいたします。
このコースは東京(駒沢)でも11月に開催予定です。

詳細は⇒ リンク


■【キャンペーン】Microsoft Azure 認定トレーニングの受講料30%OFF!

上記の「Microsoft Azure インフラストラクチャ実装コース」については、
2015年8月20日以降、2015年10月~12月開催のコース(会場:「駒沢」または
「大阪(京橋)」)を、受講料 30%OFFでご提供いたします。

詳細は⇒ リンク


■【お知らせ】ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g 実技試験価格
変更のお知らせ

2015年10月1日より、ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 11g実技試験の
価格が変更となります。
新価格は10月1日以降のお申込分から適用となりますが、弊社での現行価格適用
のお申し込み締め切りは9月24日(木) 17:30までとなります。

詳細は⇒ リンク


┃注┃目┃コ┃ラ┃ム┃
┗━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
◆◇『スーパーエンジニアの独り言 第49回 "シャンティシャンティ"』 ◇◆
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

「シャンティ シャンティ シャンティ」"Shanti Shanti Shanti"

どこか宮沢賢治の詩の中に出てきそうなオノマトペの響きで「アンシブル」とい
う意味不明な名前を知りました。
どうやら「アンシブル」(Ansible)とはソフトウェアの名称らしいのです。そこ
で「アンシブル」について調査してみることにしました。

この続きは⇒ リンク

■クラウドといえばコレ! AWSの認定トレーニング ■■■■■■■■宣伝■■
多層構成Webアプリケーションシステムの構築を行いながら基本機能の学習から、
AWSならではの実践的なシステム構築、AWSのベストプラクティスの学習まで。
AWSコースはこちら★リンク

┃コ┃ラ┃ム┃
┗━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 【クラウド時代のオープンソース実践活用】
第71回 究極にシンプルなストレージに挑戦する「Minio」 (中井悦司)

先日、日本OpenStackユーザ会による「5周年特別企画:OpenStack Summitの歩き
方」に参加して、「クラウド時代のエンジニア魂と企業に必要なカルチャーチェ
ンジ」という少し風変わりなタイトルの講演を行いました。OpenStack、Docker
など新しい技術が次々とオープンソースで登場する中、ITエンジニアは、自分が
得意とする技術分野をどのように広げていけばいいのか、ということを中心にお
話をさせていただきました。
詳細は⇒ リンク


■ 【Hyper-V の部屋】
第19回 ポートミラーリング機能を使ってパケットキャプチャを行う (小塚大介)

今日はHyper-Vの仮想スイッチの機能の中からポートミラーリングについてご紹
介します。Hyper-V上の仮想マシンでシステムを稼働させているときにネットワ
ークのパケットキャプチャが必要になった場合、皆さんはどうするでしょうか?
パケットキャプチャのソフトウェアを本番稼動中のシステムにインストールする
のは難しい場合が多いと思います。
詳細は⇒ リンク


■ 【クラウド時代のネットワーク事情】
第8回 AWSのネットワーク-Elastic IP アドレス(EIP)- (大喜多利哉)

こんにちは、デジタルサポート大喜多です。 前回はAWSのネットワーク-VPC
(Virtual Private Cloud)についてご説明致しました。その中でEIPという用語を
使ったのですが、今回はそのEIPの話をしたいと思います。EIPとVPCはクラウド
の代表格であるAWSの特徴的な機能の1つですので、これを機に理解を深めていた
だければと思います。
詳細は⇒ リンク


■ 【Ruby on Rails 海外事情コラム】
第3回 RubySpecの開発終了とテストツール (野田貴子)

※このコラムはトランスネット社 が提供しているコラムです。
こんにちはー。昨年12月には、Rails・Rubyともに新しいバージョンがリリース
されて賑わいましたね。まずRails 4.2が1月19日に(*1)、そしてRuby 2.2が1月
25日にリリースされました(*2)。Rails 4.2はRuby 2.2に対応しています
(Rails 3.2以上がRuby 1.9.3以上に対応しています)。
詳細は⇒ リンク


■VMware認定トレーニングの受講料割引キャンペーン ■■■■■■■宣伝■■
東京・福岡開催の全7コースが来年3月までの期間、お求めやすい価格になりま
した。
詳細は★リンク

┃編┃集┃後┃記┃
┗━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先月から編集に加わらせていただいております加賀結衣(かがゆい)です。
編集のお仕事は楽しくて、気がつくとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
まだまだ慣れていなくて、どうすると皆様に喜んでいただけるかな、といつも
考えています。
もっとこうなったらいいのに、というご意見があれば、ぜひ教えてくださいね♪
先日、デラウェアをいただきました。ぶどうで秋を実感。季節の中では春が一番
好きですが、秋は食べ物がおいしくて幸せですね。(加賀結衣)


最近、ニュースや調査データで「Azureによる支配開始」という言葉をちらほら
聞くようになりました。実際にAzureno市場シェアの伸び率も良いのですが、新
しい市場がAzureベースで普及していることを考えると今後かなり有力なのは、
間違いなさそうです。是非ご注目ください。(吉政忠志)

■お問合せ・ご意見・ご感想は◆CTC教育サービス◆窓口まで━━━━━━━
シーティーシー・テクノロジー株式会社 エデュケーションサービス部
E-Mail: kyouiku@ctc-g.co.jp / TEL: 03-5712-8700

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●外部委託について
   弊社はメールニュース配信業務をシーティーシー・ビジネスサービス
   株式会社(CTC100%出資子会社)に委託しております。
●本メールマガジン編集・配信責任者
   CTCT エデュケーションサービス部 部長 国谷 秀行
   所在地:東京都世田谷区駒沢1-16-7 ctc_edu_mail@ctc-g.co.jp
●個人情報保護方針
   CTCグループの個人情報保護方針につきましては下記URLをご参照
   ください。
   リンク
●配信中止及びお問合せ対応について
・「CTC教育サービス News&Topics」の配信が不要な場合には、
 下記URLから配信停止のお手続きを行ってください。
   リンク
   ※SSL3.0の脆弱性対応のため、SSL3.0での通信を無効化しております。
    お客様のブラウザ設定がSSL3.0のみを使用する設定になっている場合は
    上記URLをご覧いただけない場合がございます。
・当社では、複数種類のメールマガジンやメールニュースを発行しております。
大変お手数ではございますが、CTC教育サービス以外からのメール配信に
ついての受信拒否および個人情報に関するご要求は、各メールに記載の個々
の連絡先宛にそれぞれご連絡をお願いします。
・受信者ご本人様からの個人情報の開示・訂正・削除に関するご要求は、随時
ctc_edu_mail@ctc-g.co.jpにてお受けいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。