logo

物流のOIAとグリーンデザインのDittoが持続可能な衣類ハンガープログラムで合意

OIA Global 2015年08月31日 13時23分
From 共同通信PRワイヤー

物流のOIAとグリーンデザインのDittoが持続可能な衣類ハンガープログラムで合意

AsiaNet 61627 (1093)

【ポートランド(米オレゴン州)2015年8月31日PRN=共同通信JBN】世界的な物流、梱包、材料調達サービス・プロバイダーのOIA Global(リンク )とグリーン製品設計企業のDitto Sustainable Brand Solutions(リンク )はこのほど、「Garments on Ditto(Dittoで運ぶ衣類)」という名の革新的な輸送・小売システムを作り出す共同マーケティング契約を発表した。このブレークスルーは、衣服をハンガーにかけたまま輸送する一般に「Garments on Hanger(GOH)」と呼ばれる手段をはるかに効率良くするよう考案されたもので、これを利用すれば小売業者が現在、ゴミとして埋め立て廃棄している何十億もの使い捨ての新品プラスチック製ハンガーの代わりになる。OIA執行副社長で事業開発担当のスティーブ・エイカー氏は「Garments on Dittoプログラムを使えば、小売業者は輸送や倉庫保管のコストを最高20%削減でき、持続性の面でも大きな進歩を達成できる」と述べた。

Logo - リンク

このプログラムの核になるのは100%再生紙繊維板で作られた「Ditto」ハンガーである。このハンガーは非常に耐久性があり、プラスチック製ハンガーでは得られないマーケティングおよび小売り上の利点がある。Ditto創立者で最高経営責任者(CEO)のゲーリー・バーカー氏は「世の中の人は店のプラスチック製ハンガーが繰り返し使われていると思っているかもしれないが、実際には服が売れたらもう二度と使われない」と述べた。調査によれば、小売店のプラスチック製ハンガーの85%は捨てられており、毎年、340億個という驚くべき数のハンガーがゴミとして埋められている。バーカーCEOは「使い捨てのプラスチック製ハンガーを輸送、販売、廃棄するために衣服1着当たり10セント近くもかかっており、小売業者は何トンものプラスチックゴミを埋め立てるために割増料金を払っていることになる」と述べた。

DittoとOIAの「Garments on Ditto」プログラムは9月1日開始される。

▽OIA Globalについて
1988年の創業以来、OIAは顧客に世界的な物流、材料調達、および梱包のソリューションを独自に組み合わせて提供する年商10億ドルのサプライチェーンのリーダーに育った。OIAは60強の自社事務所に1000人を超えるプロフェッショナルを擁し、さらに世界25カ国以上にプレゼンスを持ち、世界中のサプライチェーンを極大化する革新的なソリューションを考案している。OIAは100年以上も潜在力の高い中堅企業に資金提供し、運営してきた経験を持ち、米インディアナ州インディアナポリスに本拠を持つ家族企業LDI, Ltd.の1部門である。詳しい情報はウェブサイト(www.oiaglobal.com、www.ldiltd.com)を参照。問い合わせはJerry Levy, Director of Marketing & Communications, OIA Global+1.503.736.5900へ。

▽Dittoについて
米カリフォルニア州オークランドのDitto Brand Solutionsはデザイン性が高く、持続可能な小売ディスプレーを考案、設計、製造している。同社の「Ditto Ecological Display」は効率性、強度、美的感覚、マーケティング力で世界的に知られている。詳しい情報はウェブサイト(www.dittobrandsolutions.com)を参照。問い合わせはGary Barker, CEO, Ditto Sustainable Brand Solutions, +1.510.261.7343へ。

ソース:OIA Global

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。