logo

RubySpecの開発終了とテストツール

CTC教育サービスはコラム「RubySpecの開発終了とテストツール 」を公開しました。

###
こんにちはー。昨年12月には、Rails・Rubyともに新しいバージョンがリリースされて賑わいましたね。まずRails 4.2が1月19日に(*1)、そしてRuby 2.2が1月25日にリリースされました(*2)。Rails 4.2はRuby 2.2に対応しています(Rails 3.2以上がRuby 1.9.3以上に対応しています)。また、次期バージョンのRails 5.0からは、Ruby 2.2以上をサポートする予定と発表されています(*3)。Rails 5.0では、Ruby 2.2で実装された新しいシンボルガーベッジコレクションの機能を使うようです。

 ところで、Ruby 2.2のリリースの直後、ruby言語の仕様をテストするRubySpecという外部ライブラリの開発が突然終了されることが話題になりました(*4)。 ruby言語は国際規格ISO/IEC 30170になっているものの(*5)、厳密な仕様があるわけではありません。ruby言語の実装はMRI(=CRuby、rubyの作者のチームが開発)、JRuby、Rubiniusなど複数ありますが、MRIの実装をもって仕様としているのが現状です。そのため、ruby言語のテストライブラリを メンテナンスしようとすると、MRIの仕様に通じる必要があります。しかし、MRI側とRubySpec側の調整がうまく行かず、お互いWin-Winの 関係になれなかったため、RubySpecは開発の継続を終了してしまったようです(*6)。

 このことが多くのRubyistの間で議論になったことからも、Spec(仕様)の重要性がよく見えますね。それではRailsでは何のテストツールが使われているのでしょうか。ざっと上げてみると以下のようなものがあります。

•minitest(Test::Unit)(*7)
Ruby標準のテストツール。Ruby本体やRailsフレームワークのテストに使われている。
•RSpec(*8)
一番人気のBDD(振舞駆動開発)フレームワーク。
•Shoulda(*9)
Test::UnitをRspecのように書けるようにするもの。
•Cucumber(*10)
自然言語(英語・日本語あり)で結合テストが書けるもの。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。